FC「8番らーめん」でラーメン専門店オーナーになる

公開日:2015年08月15日
Fe411c93fa422a96

「8番らーめん」先輩オーナーの開業を追いかけろ

「8番らーめん」は1967(昭和42)年に石川県加賀市で起業したラーメン店を原点として発展し、店舗網は北陸3県をメインに、西は岡山県にまで広がっています。中国やタイにもチェーン網を保有、海外出店も果たしました。

同店が取り扱うラーメンの特徴は、ナルトの代わりに数字の「8」を模様に付した蒲鉾がトッピングされることです。麺は縮れの太麺が採用されています。スープの味は味噌・塩・醤油・とんこつの4種類。「8番らーめん」FC本部は新規開業オーナーを募集中です。

眩しいオーナー開業「8番らーめん」FC開業が魅せた

「8番らーめん」のメインメニューは”野菜らーめん”と豊富なサイドメニュー。充実した品ぞろえでファンを増やしてきました。フランチャイズ展開に踏み切ったのは1967年に開業した一号店が繁盛店となった後のことです。

今や石川、福井、富山北陸3県下に110店舗超となる北陸最大の外食サービスチェーンにまでチェーン店網を拡大しました。さらにフランチャイズ店舗が白地の中京、関西、中国、信越の各地域への出店が継続中です。

顧客のニーズを先取りする本部企画「8番らーめん」で開業

「8番らーめん」FC本部が用意している「フランチャイズ・パッケージ」は加盟店との緊密なヒューマン・コミニュケーションを重要視して運営されています。FC本部は新規開業に際してはラーメン店運営に必要な、知識や技能を見に付けることができる研修を開催しています。

調理技術、接客サービス、新鮮な食材の供給、マネジメントなど的確に指導、助言します。またPOSシステムを活用した販売管理と情報管理と同時にデータ分析を基にした広宣活動や販促活動を実施しています。