書店フランチャイズ「日本良書チェーン」ブランドで開業

公開日:2015年08月22日
3d6f87c0d98878ac

「日本良書チェーン」フランチャイズオーナー開業チェック

書店開発株式会社が1975年に始めた「日本良書チェーン」は書店業界として初めてのフランチャイズチェーン事業でした。以後順調に事業を拡大し全国120店舗まで加盟店数を伸ばしています。書店経営は、定価販売、不良在庫なし、セルフ販売というオーナー側にメリットが多い業態です。

「日本良書チェーン」はオーナーの要望に細部まで対応した店舗作りを実現しています。創業以来30年インショップから郊外型の大型店まで多彩なバリエーションの書店立ち上げの実績を持っています。長年に亘って培われた書店経営に必要なハウツーを新規開業ショップに提供しているのです。

どこまで目指せるオーナー開業「日本良書チェーン」

書籍は同一価格の定価販売をしているので、他の業界に見られる安売り合戦のような価格競争が起こることはありません。安定した一定の利益率をキープするので経営は安定しています。個人・法人ともに定期購読者層を囲い込む事で安定した収益につなげることができるのです。

ニッパチと呼ばれる他業種のような売上不振月、季節的な変動もありません。書籍のほとんどが返品可能ですから不良在庫を抱えるリスクは殆んど無し。他の業態の商品と異なり値付けの必要がないことも省力化につながり経営上のメリットの一つです。

夢の安定開業確保!!「日本良書チェーン」ならではの本部サポート

「日本良書チェーン」フランチャイズ本部が提案するフランチャイズ・パッケージでは開業予定地のマーケティング調査・分析を行い問題がなければ加盟契約を行います。この日を起点に45日後のオープンを目指してプロジェクトが動き出すのです。

以後店舗プランニングを始めとしてレイアウト、商品構成、PRプラン等を打合せ。備品設置、商品陳列、PR等現地指導経営指導、各種情報提供、研修会他のバックアップを実施します。