ファストフード業界をリードする ロッテリアのフランチャイズ

公開日:2015年05月24日
3cd6d1ff29da8797

ロッテ系列 日本の地域性・味・食生活を反映したスタイルで運営

ファストフードのフランチャイズとして全国各地にあるロッテリアを知らない人はいないでしょう。その名の通り、チョコレートやアイスクリームでおなじみのロッテ系列のお店です。ロッテリアが他のファストフード店と違うのは、そのブランド力はもちろん、アメリカのチェーンスタイルではなく日本の地域性・味・食生活を反映したスタイルで運営していることです。

昭和47年、東京・日本橋に1号店をオープン以来、ロッテリアは常にファストフードのリーディングカンパニーとして業界をリードしています。

「通常のFC契約」と「委託契約FC」の2システムから選択

ロッテリアのハンバーガーの売りは、糖分を控えてヘルシーなことと、天然酵母を使ったふんわりもちもちの食感です。新メニューの開発に積極的に取り組んでおり、斬新なハンバーガーが広い年代の舌を楽しませています。フランチャイズでは、このこだわりメニューを提供できることで安定した収入が見込めます。

加盟に当たっては、通常のフランチャイズ契約のほか、委託契約フランチャイズという方式があります。委託契約FCというのは直営店を譲渡されるもので、本部と相談して選ぶことができます。

店舗の広さは最低30坪必要 基本ロイヤルティは3%

もちろん、加盟するには条件があります。ロッテリアのビジネスに強い関心を持っていることが第一で、店長候補など2人以上の開業前研修を約3ヶ月間受けられることも条件になっています。一般的には店舗経営者が対象ですが、個人での起業ももちろん可能です。

通常のフランチャイズ契約の場合は、加盟を検討している側から開店予定の店舗の提案をすることになります。その場合、ロッテリアの店内レイアウトの関係で、店舗の広さが最低30坪必要です。基本ロイヤルティは3%となっています。