本格派!手焼き煎餅のフランチャイズ経営店『雷神堂』

公開日:2015年07月01日
A7ec454c584ef2b2

高くてもよいものをつくり自ら製造販売して高収入雷神堂

煎餅は江戸時代初期、非常食として誕生しました。
当時、売られていたのは安価で質や味の悪い煎餅でした。
雷神堂は、その現状に強く疑問を感じて、自ら製造販売を始めました。

煎餅の味は、米と醤油で決まります。
雷神堂は、材料を何度も何度も見直し、高くても美味しい煎餅を作ったのです。
フランチャイズ店でもこういった精神を守りながら経営すれば、きっと売上は向上するでしょう。

最高級の米と醤油を使い 手焼きで焼いた煎餅を売り安定収入雷神堂

『雷神堂』の煎餅はこめ作りに適した山形で生産された米、正田醤油(群馬県)の再仕込み醤油「甘露醤油」、を使って作られます。
そしてもちろん、手でひとつひとつ焼いています。
こうして手間暇を惜しまずかけて、香ばしい香りと深い味わいのある煎餅ができるのです。
こういった煎餅を売るフランチャイズ店では、オーナーさんは最高級の経営ができることでしょう。

職人技を使い店頭で焼いて高収入を獲得したフランチャイズ店

「手焼き」は職人技ですが、『雷神堂』は、あえて手焼きにこだわりフランチャイズ経営しています。
確かに職人技ですが、指導方法を磨き、誰でも比較的簡単に技術を習得できるように進化させたのです。
経営のコストも低いです。5〜10坪のスペースだけで始められるので、人件費を少なく抑えることができるのです。
最高の原料と職人技の手焼きによって香り高い煎餅がつくられます。
高齢者や女性も開業しています。ぜひフランチャイズ経営を検討されてはいかがでしょうか。