英会話スクール「シェーン英会話」FC加盟で描く未来予想図とは

公開日:2015年08月15日
32e31e3aa4646809

興味をひく「シェーン英会話」FCオーナーの安定経営とは

“ENGLISH FOR LIFE”を校訓として高く掲げ「シェーン英会話」は1977年に創業して以来、その指導力の高さが評価され今日関東、東海、近畿、九州に180校を展開する英会話スクールとして規模拡大を果たしました。

小学校での英語授業の開始、外国人観光客の増加は目を見張るばかり、そして東京オリンピックの開催。英会話教育のニーズは益々高まっています。歴史ある英会話学校「シェーン英会話」がフランチャイズ・オーナーを募集中です。

FCオーナーが満足できる開業実現「シェーン英会話」の秘密とは

英会話教育熱が高まる中、既存の英会話スクールに満足できない声も聞かれます。自宅や職場に近くにスクールがない、日本人講師から教わっても現地では役に立たなかった、個人レッスンの費用が高過ぎるなどです。

「シェーン英会話」では、英会話を学びたいというモチベーションを受け止めニーズに合うレッスンメニューを取り揃えています。経験豊富な英語を母国語とするネイティブ・インストラクターによる「使える英会話」「生きたコミュニケーション力」が身に付く教育を実施しているのです。

羨ましすぎる経営「シェーン英会話」スタート時諸費用とは

「シェーン英会話」フランチャイズ本部が提案するフランチャイズ・パッケージでは、オーナー候補が加盟申し込みを表明した後に、開校希望地の綿密なマーケティングを実施し、商圏の有望性などを過去の開校経験などに照らして評価。

ゴーサインが出れば物件の選定、下見の後に加盟の本申し込み・契約とへと進みます。ネイティブ講師の募集や教育は本部が行い、オープン日までに日常業務に必要な知識や技能が身につく検収が実施されます。