独自性が眩い「靴専科」フランチャイズ開業のチャンスを見逃すな

公開日:2015年08月11日
805c69d58899ce97

「靴専科」眼からウロコのサービスでフランチャイズ経営をスタート

「靴専科」のメイン・メニューはこれまでになかった靴の洗浄です。だれも気づかず存在しなかったサービスの潜在需要は1500億円規模の市場に膨らむと予想されています。

特殊技術を要するため類似業者も少なく、「靴専科」は業界全体の1割を超えるシェアの獲得を目指してフランチャイズ展開をスタート。本部は、この未開のマーケットを開拓するパートナーを募集中です。他にも靴やかばん、その他の修繕や細かい補修などのサービスを提供します。

どんと来い安定経営「靴専科」が提案するビジネスモデルとは

フランチャイズ応募にあたり、靴修理の経験の有無は問われません。職人レベルの技能や経営手法については、1ヵ月半に及ぶ長期の研修が用意され必要な知識や技能を身に付けることができます。

開業後においても、技能を向上させるための定期的なレクチャーが開催され受講することができます。また、フランチャイズ店舗で取り扱えないような場合は本部が代行して作業を行いますので顧客を失うことがありません。原価率が全店平均約5パーセント。売上が上がれば上がるほど高収益を獲得できるビジネスモデルなのです。

安定した収益をバックアップ「靴専科」FC本部の企画力

フランチャイズ開業に必要な資金のうち物件取得費(初期費用)を本部が負担するプランも用意されており、手元の資金が少なくても起業することが可能です。

開業後においてもスーパーバイザー(SV)による店舗への定期訪問などのフォロー体制が整っていますので、堅実な経営を目指すことができます。また、「靴専科」オーナーの7割が家族(夫婦経営)で営業しているのも特徴です。