少ない自己資金で居酒屋を経営できるワタミのフランチャイズ

公開日:2015年06月29日
7be0820e4999d28a

ワタミなら社員独立制度で働いていたお店のオーナーになり年収アップ

居酒屋を新規で立ち上げるには、膨大な初期投資が必要になります。その金額は2000万円を下りません。さらに、開店しても、お客が入らず赤字になってしまうリスクも大きいです。

これに対して、ワタミなら従業員として直営店に勤務をして経験を積んでから、オーナーとして独立することができる、社員独立制度があります。その際に必要となる自己資金は僅か300万円です。既に経営が軌道に乗っているお店であるため、赤字のリスクは大幅に軽減できて、無理なく年収アップを目指すことができます。

景気回復期の今こそフランチャイズ開業で年収アップのチャンス

ワタミなどの居酒屋は景気が悪いときにはあまり客入りが良くありませんが、景気が回復して来ると利用客が増えて来ます。つまり、景気の動向に敏感というわけです。

現在の日本経済は円安や株価の上昇などの影響を受け、景気が回復しつつあります。フランチャイズで居酒屋を開業するなら今が絶好のチャンスです。ブランド力が強いため、比較的い早い段階で経営が安定し、売上も伸びやすいです。

ワタミなら自社供給の原材料でコストダウンを図り高い利益率で高年収

食の安全が叫ばれる今、ワタミでは自社供給の原材料を使用しています。農薬を極力使わずに作った原材料であるため、安心して利用客に提供することができます。

さらに、自社供給ということでコストダウンにも寄与しており、高い利益率を実現しています。そのため経営は安定しやすく、フランチャイズ開業すれば高年収が期待できます。