持ち帰り弁当のリーディングカンパニー 『本家かまどや』のフランチャイズ

De830eee5e9745fa

あたたかくて美味しい持ち帰り弁当は今後も成長産業

いつも「あたたかくて美味しい」をキーワードにしている持ち帰り弁当の『本家かまどや』、1980年の創業です。

この時代は、まだまだ外食産業は上り坂でしたが、1998年をピークに下降線をたどっているといいます。一方、持ち帰り弁当や惣菜などの、いわゆる「中食産業」は年々成長して明暗を分けます。

長い不景気のなかでも、単身世代の増加、女性の社会進出の伸長、高齢化が加速するなかで、持ち帰って食べるスタイルは「家庭の食事の延長」として、しっかりと浸透してきたのです。

独自のフランチャイズの方式で加盟店出店を加速中

『本家かまどや』は、そうした成長産業のなかで、常にリーディングカンパニーとして存在を堅持してきました。

「できたてのあたたかさ」を重視しながら、季節のメニューを取り入れたり、キャンペーンを展開したり、バラエティ豊富なメニューは、「いつもの」でありながら「新鮮な印象」を生み出し、利用者を飽きさせません。

ランチはもちろん、夕食用にと需要が増すなか、『本家かまどや』はフランチャイズでの出店を加速させています。まったくの未経験者でもスタートできる『本家かまどや』のフランチャイズシステムがあるようです。

低資金からスタートしシフトチャンジも可能な仕組み

飲食業界や調理技術をもっていない方でも、約3カ月の研修期間で、あらゆるノウハウが無理なく身につけられるといます。運営管理でもわかりやすいマニュアルとスーパーバイザーの指導が強い味方。

また、初期費用を抑えたいオーナーには経営委託システムという方式で、負担の軽減が図れます。そこで資金を貯めて、独立オーナーへとシフトチャンジすることも可能でしょう。

本部へ支払うロイヤリティが月64000円と固定されているのも画期的。経験、年齢、性別を問わず、「地域ナンバー1」に挑戦できます。