ふぐ料理専門店のニューウェーブ「玄品ふぐ」でFC経営

公開日:2015年06月27日
9d0a37084116f723

ふぐ料理専門店「玄品ふぐ」FCオーナー年収を推定してみる

大阪にはふぐ料理の店舗が多く、大阪の名物料理として定着しています。

「玄品ふぐ」は大阪を創業の地として全国にフランチャイズ店を展開し急成長してきました。

「玄品ふぐ」を運営する株式会社関門海はふぐの調理に関して研究開発を行い凍結技術や熟成技術を開発、リーズナブルな価格で旨いふぐを提供することを可能にしています。

専門店は素材に拘るのは当たり前、さらに一歩も二歩も踏み込んでふぐの美味しさを追求し、技術開発までやってのけたところがニューウェーブと呼ばれる由縁です。上手くてお値
打ち価格のふぐを経営の柱にしたFC店舗オーナーの売上・経営を支えています。

オーナー年収に貢献ふぐ料理専門店「玄品ふぐ」経営メリット

開発された熟成技術とは食材の旨み成分を増加させ、長期保存を可能にする画期的な方法です。多くの特許を日本・中国・韓国で取得しています。

とらふぐの価格はその時々の相場によって大きく動きますが、養殖ふぐを安い時に大量仕入れし「熟成技術」により保存しているので安心。計画的にFC店舗へ配給するシステムの確立により平均コストを安定化させています。

これが食い倒れの街大阪人が認めた安くて旨いふぐの店「玄品ふぐ」なのです。そしてFC店舗オーナーの経営を力強くサポートしています。

安定年収を支える頼りになる本部体制ふぐ料理専門店「玄品ふぐ」

「玄品ふぐ」を運営する株式会社関門海は玄品ふぐが未だ出店していない白地エリアにFCを展開して、更なる全国展開を図ると明言しています。

ふぐ料理は高級料理です。リーズナブル価格で楽しめる「玄品ふぐ」の美味しいものには目がない消費者に対する訴求力はは大きなものがあり、今後の発展が大いに望めるフランチャイズです。

新たな基幹店舗を関東、関西に出店することも目標としています。セントラルキッチンシステムによりオリジナル「ポン酢」「皮湯引き」「焼きヒレ」などを加工し各店舗に配達されFC店舗の経営・売上をバックアップしFCオーナーの信頼を勝ち得ています。