強烈な経営哲学で商売繁盛!「もしもしモンキー」のフランチャイズ

公開日:2015年06月24日
06b7ef56ff50ed7f

一貫したもしもしモンキーの哲学「繋がり」

もしもしモンキーは関東を中心に展開し、今急速に店舗数を増やしつつある携帯電話ショップです。そんなもしもしモンキーが重要だと考えるキーワードの一つに「繋がり」があります。人と人とが繋がることで、人は幸せを感じ、その幸せを原動力に社会は発展していくという思想のもと、その繋がりを創造するためのツールとして携帯電話を販売しているのです。この独特の経営理念とそれに通貫した経営スタイルで顧客の心をガッチリ掴むことに成功しています。

企業名から経営哲学をあらわすユニークさ

もしもしモンキーのCEOである栗原志功氏は、非常にユニークな経営思想の持ち主として業界でも有名な方です。ある時、氏は従業員達により経営理念を浸透させるべく、社名変更を行いました。その名も「株式会社あなたの幸せが私の幸せ世の為人の為人類幸福繋がり創造即ち我らの使命なり今まさに変革の時ここに熱き魂と愛と情鉄の勇気と利他の精神を持つ者が結集せり日々感謝喜び笑顔繋がりを確かな一歩とし地球の永続を約束する公益の志溢れる我らの足跡に歴史の花が咲くいざゆかん浪漫輝く航海へ」。内容もさることながら、それを実行してしまう行動力。もしもしモンキーは、素晴らしい経営哲学と夢を実現する力を持つ会社です。

フランチャイズならではのメリットで商売繁盛!年収アップ!

数多くひしめく携帯ショップブランドの中で、ひときわ強烈な存在感を持っているもしもしモンキーは、ブランド力と知名度も抜群です。さらに、マスコットの「もしもん君」をはじめとし、顧客に「癒し」と「笑い」を提供する施策・イベントを次々に行うことができます。「面白い」を創造できることが、もしもしモンキーが近年規模を拡大できた理由でもあるのです。もちろん、フランチャイズ形式ならではのスケールメリットによる仕入れコスト低減や、システム化されたマネジメントシステムによる経営効率化の恩恵も受けることも強力な武器となっています。