障害児童のケアで喜ばれ年収を得られるフライチャンズ放課後等デイサービス

公開日:2015年06月24日

Ddf9c15c48782c90

実は巨大なマーケットがある障害児童福祉施設。放課後等デイサービスで市場を独占して高年収を

超高齢化社会や働く女性の増加で、介護施設・保育施設の充実が叫ばれている昨今、その中で取り残されているのが障害児童のケアです。現在介護の徳用待機者52万人、保育園の潜在待機児童数が80万人と言われていますが、実は障害児童施設の利用対象者は120万人いると言われています。

逆に言うと障害児童施設は巨大マーケットで有りながら競合相手が少なく、マーケットを独占できる状態です。放課後等デイサービスではそんな障害に悩む親子と社会の架け橋となり、ひいては安定した需要で年収を得られる、理想的なフランチャイズです。

「預かり所」ではなく「療育型」フランチャイズ。児童の喜びを得て年収を増やす

現在の発達障害児童向けデイサービスの問題点は「単なる預かり所」となっていることです。ほとんどのデイサービスは重度障害を持った児童を中心にしており、現在増え続けている軽中度の障害児童には対処できていないのが現状です。

放課後等デイサービスは「療育型」のフランチャイズとして障害児童にコミュニケーション力を育成してもらうのを主眼としています。

児童の成長を助け、保護者の方に喜んでいただき、年収を確保する。これからあるべき姿のフランチャイズです。

放課後等デイサービスでマーケットを独占し、年収を得るには今がチャンスです

今後発達障害に対する理解と認識が深まると、このような形態の施設が増え、場合によっては国の総量規制がかかる可能性があります。しかしまだまだ現在は施設自体が不足している状態です。

今がチャンスです。いち早く放課後等デイサービスに参加し、皆に喜ばれ、独占的なマーケットを獲得し、年収を得る。まさに検討すべきフランチャイズだと思います。