将来性有望なフランチャイズ シニア向け『日本訪問美容サービス』

公開日:2015年04月16日
20150424184812

シニアの生活を充実させ喜んでもらえる画期的ビジネス

超高齢化社会に突入した日本。シニア向けのビジネスは今後も需要の拡大が約束されますが、高齢者の生活の質を向上させる業界としては訪問美容も注目されます。シニアは身だしなみに気を使わなくなるといわれますが、髪を整えたりメイクをすることで、普段より笑顔を見せたり会話が活発になるといわれます。外見を整えることで人は元気になるのです。そうした点から、外出が苦手なシニア向けの訪問美容は、社会的な貢献度も高い画期的なビジネスモデルとなりそうです。

まだ大手の参入もなく需要に比べて供給が未整備な分野

『日本訪問美容サービス』が目指すのは、少ないリスクで未経験者でも参入できる体制といいます。訪問美容はまだ業界全体が小さく、大手の参入がありません。潜在的な市場に比べてフランチャイズ組織の整備が遅れがちです。また、従来の美容師(理容師)が独自に始めた場合、これまでの経験によりかえって失敗することも少なくないようです。将来有望な市場ですが、現在、参入者が少ないこの業態は、きちんとしたシステムのなかで早期に始めるのが得策のようです。

初期費用を最少に抑えて無資格者でも加盟できるシステム

『日本訪問美容サービス』のシステムの特徴は、初期費用を抑えて、無店舗でも始められるリスクの小ささにあります。「多くの資金を投入して、高価な設備を揃えたからといって成功するわけじゃない」というのが、その理由。重要なノウハウはもっと別にあるのです。理美容の資格者はもちろん、資格をもっていない人も『日本訪問美容サービス』ではフランチャイズ加盟ができるといいます。丁寧な研修体制を整える『日本訪問美容サービス』。「少しでも気になれば連絡してほしい」といいます。