顧客サービスを先取りクリーニング店「喜久屋」FC経営に参画

公開日:2015年06月27日

25791310403ca32b

クリーニング店「喜久屋」FCオーナーの革新的年収とは

首都圏に100店舗以上のクリーニング店を展開しているクリーニング店「喜久屋」は現代人のライフスタイルに合わせたサービスを提供しています。

従来のクリーニングサービスだけでなく、衣類の保管サービスやリフォームサービスを開発し「衣類生活支援総合サービス」としてフランチャイズ店舗の支援を図りつつ業務拡大を実行しています。

本来のクリーニングサービスから派生するサービスを付加することでFC店舗オーナーの本業を圧迫することなく経営に貢献、売上、顧客の囲い込みに成功しています。

オーナーが目指す安定年収クリーニング店「喜久屋」FC

クリーニング店「喜久屋」は収納スペース不足に悩む顧客の問題を解決するため従来のクリーニングサービスに、「保管」という機能を付け加えました。

クリーニング店として、これまで通り「クリーニングサービス」を行うことでベース収益を確保しながら無料保管(クローゼット機能)サービスを追加することで、顧客の利便性向上による消費マインド拡大と固定客化が実現し売上に貢献します。これがFC店舗オーナーの経営をサポートしています。

安定年収も夢じゃないよ!!クリーニング店「喜久屋」

クリーニング店「喜久屋」のFCシステムでは売上の5~10%がオーナー手数料と設定されています。店舗が営業を継続する限り、オーナー手数料も支払われます。

店舗の運営は、喜久屋本部で代行するプランの選択も可能で店舗オーナーは初期に投資すれば、その後の経営に関わらなくても毎月の手数料収入を得ることができます。以上のように安定した収益が見込める投資案件としてフランチャイズを活用することも可能です。