キログラムで衣類買取「キングファミリー」のフランチャイズ経営

公開日:2015年08月15日
Ec293c8b7fd72e64

「キングファミリー」信じられないFC経営の旨味とは

「キングファミリー」は1994年中古アパレルの買取・販売事業を開始、2000年よりフランチャイズシステムを採用して事業拡大を図りました。今日、加盟店は全国80店舗を数えるほどに成長しています。「キングファミリー」は業界初となる「持ち込まれた全ての衣料をkg単価で買取る」(一部例外あり)買取ルールを採用したユニークなアパレル・リサイクルショップです。

モノを大事にする日本文化の良さを再認識できる業態として注目されています。「キングファミリー」FC本部は新規開業オーナーを募集しています。

オーナー開業に寄与する「キングファミリー」成功方程式

「キングファミリー」では他のリサイクルショップの買取査定よりも基準が甘く、他店で買取不可とされた衣類でも買取に至るケースが少なくありません。同社の買取率95.3%がその証です。

これは買い取ったアパレルを再製品化して店舗販売するだけではなく輸出や工業用途で活用する処理ルートを確保しているからこその高い買取率。商品価値のある衣類は選別して販売するので、粗利率80%以上と驚きの数字を示しましています。

フランチャイズ・パッケージが導く「キングファミリー」安定経営

「キングファミリー」FC本部が提案するフランチャイズ・パッケージでは開業店舗用地として100坪必要としています。売り場と商品保管スペースが必要となり店舗規模は大きなものが必要です。初期設備投資は店舗内外装の工事費用を始めとして、加盟金などで多額の資金が必要です。

また買い取り用途の資金として運転資金も必要となります。一旦開業に漕ぎ着けると粗利益80%超の商売です。既存店では平均3.5~4年で初期投資金の回収が完了しています。高収益ビジネスであることから各オーナーは平均で2.2店舗、最多12店舗保有しています。