介護フライチャンズ「みんなの家」は「第2の住まい」を目指します

公開日:2015年05月26日

Dd9634984ed7ec05

福祉の街作りを目指す介護サービス会社「ウイズネット」

「みんなの家」は株式会社ウイズネットが提供する介護サービスの1つです。今や介護ビジネスも民間企業が続々参入し、利用者側の選択肢が拡がってきています。

そんな中ウィズネットでは在宅介護から入居施設サービスまで様々なサービスをサポートし、更に地域のネットワーク化を図ることにより、「街の中に福祉の街作り」を目標に掲げています。

認知症の方が安心した介護サービスを受けられることを目指して

今後介護サービスのニーズは更に高まることは間違いありません。しかし現状は施設介護である特別養護老人ホームなどの施設設備は不足しているのが現状です。ウィズネットではそんな状況を鑑み、訪問看護・グループホームの必要性を更に高めることを目指しています。

特に今後は認知症高齢者が社会問題になることは必至です。ウィズネットでは「認知症と向かい合う暮らし」を目指し利用者本位の介護サービスを提供していきます。

介護に当たるご家族様の負担の軽減を目指す「みんなの家」

ウィズネットが提供するショートステイサービスが「みんなの家」です。介護はご本人だけでなく、ご家族様の身体的・精神的な負担は計り知れないものがあります。そんなご家族様の負担を軽減したり、一時的に介護できない場合に代わって介護を提供するショートステイサービスです。

2泊3日以上のステイの中で、介護はもちろん検診や血液検査、マッサージ・セラピーを提供し、もちろん日常生活全般の介護、機能訓練を提供することで被介護の方、介護される方のためのサービスを提供します。

ウィズネットは今後も様々なサービスを提供していきます。介護サービスを希望する方にはウィズネットで是非社会のお役に立って頂きたいと思います。