親会社が漁業権を持つ海鮮居酒屋はなの舞FC開業に参画

公開日:2015年07月18日
0061cd7bd2125488

努力が報われる「はなの舞」FCオーナーの安定開業とは

創立30周年を迎えたチムニー株式会社は鮮魚の直接調達、軍鶏の計画生産、契約農園における野菜の栽培など飲食店チェーンのスケールメリットを最大限に生かした企業活動を推進しています。

顧客に新鮮で安全、確かな食材を使った料理を提供するというコンセプト。フランチャイズ店舗での顧客の支持は明らかでリピーターを確実に獲得しています。結果としての直営店フランチャイズ店合計700店舗という数字がその証です。この輪の中に飛び込んで新規開業することに躊躇いは不要といっても良いでしょう。

FCオーナーの安定開業実現「はなの舞」から目が離せない

チムニー株式会社が運営する数あるフランチャイズブランドの中でグループをリードするのが海鮮居酒屋「はなの舞」。「はなの舞」のコンセプトは海鮮を食材とした日本料理の真髄を手軽に気軽に意匠を凝らした空間の雰囲気と共に顧客に提供することです。

FC本部が手配した全国の漁港直送の新鮮な魚介が毎日店舗へ配送されます。和をベースとした店内はジャパネスク様式、どこか懐かしく非日常の不思議なスペース。人数や用途に応じたルームが用意されています。開業した新店舗にも鮮度が高い食材の配送なぢ同じような支援が提供されるのです。

本部バックアップが嬉しい安定のフランチャイズ開業とは

「はなの舞」FC本部が提案するフランチャイズ・パッケージは次のようなものです。出店予定地のマーケティング調査などを経て経験豊かな担当者とオーナー予定者とが協議の上で店舗物件の選定が行われます。

その後開業日までに完了すべき業務も担当者がリードして消化。開業後は安定経営に向けたアドバイスや指導を行いフランチャイズ店舗を支援していきます。