高齢者向けの宅配サービスは需要が大きい!ニコニコキッチンで参入を

公開日:2015年04月21日
20150425021018

高齢者に向けた宅配サービスのニーズは大きい

お弁当の宅配業務をコンビニと宅配業者が連携して行うなど、やはり高齢者に向けたサービスというのは、今後需要がどんどん伸びていく可能性を秘めた事業になると予想されます。こうした方々の中には「買い物難民」といった感じで、日々の食事を自分で用意するのが困難、スーパーなどに買いに行くのが難しいという事情を抱えている人たちもいます。だから、そういした人への支援となるとともに、十分に需要が見込めそうなのが食事を提供する宅配サービスなのです。

ニコニコキッチンのフランチャイズ業務という選択肢

やはりすでに知名度のある会社の名前を利用すると、需要に沿ったサービスの提供ができ、利益も伸びる可能性は十分あるでしょう。ニコニコキッチンのモットーは、お弁当の宅配を通じて、高齢化社会の発展に寄与する。ということであり、利益を目指しながらも、より多くの高齢者に美味しいお弁当を届けたい、食べてほしい。というお願いが込められています。

高齢者向けの宅配サービスへの参入は早い方が良い?

ニッセイ基礎研究所の調査によると、高齢者向けの宅配サービスの市場規模はどんどん拡大する傾向にあり、毎年1兆円規模でどんどん拡大していく見込みです。それだけ日本の高齢化のスピードが早いということもありますし、その需要にサービスの供給側が追いついていないという現状がありますから、ニコニコキッチンのフランチャイズを利用して、上手く事業を運べると非常に利益拡大が狙えるチャンスといえるかもしれません。