結婚仲介ビジネス「日本仲人協会」でフランチャイズ経営

公開日:2015年08月22日
A0e3c34d4e0314b4

「日本仲人協会」フランチャイズで婚活ビジネスに参入する

ライフスタイルの変化によって適齢期男女世代には晩婚化や未婚化が目立つようになりました。出会いの機会が失われている、マッチングのパートナーを探すことができない。そんな声が聞かれています。

結婚情報サービスと並んで期待されているのが昔ながらの「仲人」システムです。結婚式や披露宴で新郎新婦の両隣に着席する形式的なものではなく、初めての出会いから成婚に至るまでをフォローする本来の役割を担う「仲人」。 「日本仲人協会」フランチャイズ本部では新規開業FCオーナーを募集中です。

時代は婚活ビジネス「日本仲人協会」フランチャイズの着眼点とは

「日本仲人協会」に登録されている仲人=マリッジアドバイザーは現在1,148名。結婚を希望する男女を引き合わせ、適切な助言をしながら成婚にまで導いているのです。マリッジアドバイザーになるためには、まずマリッジアドバイザー養成講座を受講します。

受講後に仲人として登録手続きをすれば最短2週間で仲人として活動。また説明会終了後1週間以内に加盟申し込みをすると45万円の加盟金が無料となる特典があります。

「日本仲人協会」フランチャイズ本部バックアップが導く安定経営

NPO法人全国結婚相談業教育センター認定の「仲人士」を取得することによって有利な条件で「日本仲人協会」に加盟できます。所定の講座を受講した後、試験に合格すると「仲人士」とという資格を取得できます。資格を持つ人は「日本仲人協会」に加盟する際の加盟金と登録費用が無料となる特典が与えられるのです。

受講内容によって仲人活動を行っていく上で有益な情報や技能を身に付けることができます。「日本仲人協会」に登録するために、事務所などを新たに構える必要はありません。自宅開業も可能です。そのため初期必要資金は低額に抑えることができます。副業として最適なビジネスであると言えます。