学習塾ビジネス「早稲田育英ゼミナール」のFC経営の魅力

公開日:2015年06月14日

「早稲田育英ゼミナール」FCオーナーの安定年収とは

「早稲田育英ゼミナール」は創業30年、教師1に対して生徒2の個別指導方式で保護者・生徒の信頼を得ると共に顧客が望む学力の向上に実績を残してきました。

学習塾ビジネスは景気動向の影響を受けず一定の需要を持っています。また少子化になれば両親が一人当たりの子供にかける教育費が増える傾向にあります。

「早稲田育英ゼミナール」は様々な状況に対応することで30年間のフランチャイズビジネスを展開してきました。学習塾ビジネスはFCオーナーにとって安定した収入の源となりえます。

学習塾ビジネス「早稲田育英ゼミナール」によって得られる安定年収の根拠とは

「早稲田育英ゼミナール」は教育ビジネスや事業経験がなくても開業できるフランチャイズシステムを構築しています。

オーナーの仕事は主に塾の全般的な管理です。本部は管理業務のサポートをすると共に、講師候補者の選定や研修などもサポートします。オーナーは経営者としての役割に専念できるのです。

また各教室における事例を本部に集積し検討することで効果的な改善策をフィードバックする体制を整えています。

学習塾ビジネスフランチャイズ安定年収を支える本部サポートとは

開業時に「早稲田育英ゼミナール」本部に支払うのは加盟金120万円と初期経費495万円(広告代・看板代・設備費など)です。

モデル収益例は生徒30名で月間オーナー収益36~44万円。生徒30名で収益60~75万円、生徒30名で収益80~105万円。

教室の敷地も30㎡の広さから運営が可能です。本部では融資対策から開業前後の繁忙期サポート、通常運営月での生徒・保護者対応へのサポートまで隙間なくバックアップしています。