「神戸ラーメン第一旭」老舗ラーメン專門店FC経営の旨味とは

公開日:2015年06月27日
301472b13e0ed121

「神戸ラーメン第一旭」どこまで上がるFCオーナー年収

「神戸ラーメン第一旭」は京都で昭和30年代後半に創業して以来約50年にわたり食通を満足させている老舗のラーメン専門店です。「中華そば」と呼ばれていた時代からラーメン好きの舌を捉えて離さない味で支店を増やしてきました。

その盛況ぶりは連日1000食を売り切るほどで、第一旭は不動のブランドとなりました。新工場が完成してからますます売上を伸ばし、その勢いは留まりません。昭和59年にスタートしたフランチャイズ展開でラーメン店経営の魅力をFC店舗に伝えています。

嬉しい安定年収の源泉「神戸ラーメン第一旭」の企業力

神戸ラーメン第一旭のラーメンの美味しさの特徴は、ラーメンを構成している麺とスープチャーシューそれぞれに一切の手抜きがなく絶品の味であることです。

こだわりの小麦粉を使ったこしが強く喉越しが良いオリジナル麺、多種の食材を長時間丁寧に煮だしたスープと特製醤油のコンビネーションで優しく柔らかな味わいに強いコクを潜ませたスープ。

肉本来のうまみを感じさせるチャーシュー。これらが三位一体となり至極のラーメンに仕上げられています。この味がフランチャイズ店舗でも再現され各店舗の経営を支え売上に貢献しています。

安定年収を押し上げる「神戸ラーメン第一旭」本部バックアップ

「神戸ラーメン第一旭」のメニュー構成はラーメン、チャーハン、餃子を中心としたシンプルな構成です。

ラーメンは醤油味、味噌、塩、トマト味の4種類と冷麺。「飯」チャーハンと神戸っ子丼の2種類のみ、餃子も1種類。メニューを絞り込むことで簡素なオペレーションで調理されています。
またフランチャイズ経営の円滑な展開を可能として人件費の圧縮、売上にも好影響を与えています。