住宅フランチャイズNO.1の実績 アイフルホーム

公開日:2015年04月14日
7deb10333ed651a3

企画、販売戦略、宣伝戦略 どれをとってもピカイチ

テレビCMでおなじみのアイフルホームは、日本初の木造住宅フランチャイズチェーンです。「応援します安心の家づくり」をコンセプトに事業を拡大し、加盟店は170を超え、2014年10月には累計契約棟数が15万件を突破して住宅フランチャイズNO.1の実績を積み上げています。

アイフルホームの強みは知名度の高さからくる信頼感に加え、2008年から4年連続でキッズデザイン賞を受賞するなど優れた商品企画力、販売戦略、宣伝戦略、そして家づくりのノウハウです。

加盟は1エリアに1法人だけの完全テリトリー制 

アイフルホームのフランチャイズ加盟店にと思っても、加盟できる保証はありません。完全テリトリー制で、全国を約380のエリアで1エリアに1法人だけしか加盟できないのです。 アイフルホームの知名度を利用しながら地域に密着した住宅事業を展開できる法人に絞っているからです。

これをクリアして加盟店になれば、Web化したシステムで営業サポートが受けられます。社員研修でも、新入社員から営業担当者、幹部社員まで幅広いメニューがあります。オーナーに対しては、経営効率を上げ、利益を増やすためのサポートが用意されています。

リフォームや不動産事業からの参入 住宅建築の経験なくてもOK

リフォーム事業や不動産事業をしていて住宅建設の仕事をしたことのない法人でも、アイフルホームの加盟店になることはできます。建設業許可を取っている必要はありますが、注文住宅の受注や設計、施工などのマニュアルに基づき、専門スタッフからアドバイスを受けられます。

フランチャイズ加盟にはどんな経費が掛かるかが気なります。加盟金のほか、モデルハウスや事務所の建設費、コンピュータ関連費用などが必要です。毎月一定額のロイヤリティーも必要ですが、経営計画に基づき損益シミュレーションをして準備をサポートしてくれます。