医療保険適用が魅力 お年寄りの在宅ケアサービスのフランチャイズ

公開日:2015年04月10日

20150426210051

要介護2以下の軽度の人を対象に機能訓練

今の時代、社会で最も求められているのは、お年寄りの在宅ケアサービスです。高齢社会が進む中、お年寄りが寝たきりや歩行困難にならないための「機能訓練特化型デイサービス」を全国展開し注目されているのが、訪問医療マッサージのフランチャイズ治療院「レイス治療院」です。神戸市に本社がある株式会社LEIS(レイス)が運営しています。

介護認定者の中でも約70%を占めるのが要介護2以下の軽度の人です。こうした人たちを対象に、機能訓練や運動機能向上に特化したサービスで、医療保険が適用されることがポイントです。

サービス内容のノウハウ、不正請求防止のためのシステムを提供

このサービスは、麻痺などの症状のために自力で通院することが難しい人が対象です。主治医の同意を得たうえで、機能訓練の要素を含めたマッサージを、国家資格を持っている人が行います。マッサージは医療保険の対象にならないことが多いのですが、主治医の同意を得ているので医療保険が適用されます。

このサービスには、マッサージ師に活躍の場をつくることで視覚障害者の雇用を促進する狙いもあります。レイス治療院では、サービス内容などのノウハウをまとめ、不正請求をししないように自社開発したシステムもフランチャイズで起業する人に提供しています。

医療保険適用され事業安定 お年寄りの笑顔も 

「私はマッサージ師の国家資格を持っていないから関係ない」とあきらめるのはまだ早いです。自分はオーナーとして経営に携わり、国家資格を持つ人を雇用すればいいのです。

これからの時代、高齢者問題は避けて通れません。お年寄りを対象にしたビジネスが廃れることはありません。おまけに、医療保険という国をバックにした保険制度を使える魅力は事業としては最大のメリットです。事業としての安定性と社会の必要性、さらに、サービスを受けたお年寄りの笑顔に出会える喜びは何ものにも代えられません。