失敗から学ぶフランチャイズ加盟のポイント 【2/10】

公開日:2015年12月27日
F81fc9080357a66a

【セミナー内容】

「フランチャイズ&起業・独立フェア」で大好評だった、講師陣のセミナー内容をまとめてお伝えする企画です。

第二弾は「株式会社Biz Rise 代表取締役 小林肇氏」のセミナー内容を【全10回】に分けてお届けさせていただきます。

新規事業の選択肢の一つとして検討するフランチャイズ加盟。しかし、数あるフランチャイズの中から自分に最適なビジネスを選ぶこと、信頼のおける本部を選択することは至難の業です。このセミナーでは経験者の失敗例を活かす方法、フランチャイズ選びの際に重視するポイントを紹介します!

【バックナンバー】

▶ 1. 成功に方程式はない。先人の失敗に学ぶことで、少しづつ成功に近づく

2. フランチャイズ選びの前に確認するべき、5つの質問

今日の本題である「フランチャイズ選びのポイント」ですがその前に、私のところに相談に来る方、新規事業を色々と検討しているんですけどという方と同じように、みなさんにこう言った問いを投げかけていただきます。

①「なぜ、そもそも新規事業に取り組む必要があるのかということを、きちんと分析していますか?」
これは特に法人の方に多いです。

②「なぜこの事業に・この業種に取り組むのかを自問自答して下さい」

それから、新しい事業をやる方法としては、自ら事業を起こしてやる方法であったり、フランチャイズに加盟する方法などたくさんあるのですが、

③「なぜ、フランチャイズを検討してるのか自問自答をしてみてください」

また、私のところに「このフランチャイズ本部さんに加盟して大丈夫ですか?」と言った内容の問い合わせが結構あるんですが、先ずお話させていただくこととして、

④「なぜ、そのフランチャイズ本部を選んだのか自問自答してみて下さい」

それから最後に非常に大事なことなのですが

⑤「何をもって成功とするのか?」

2-1.成功の捉え方は人それぞれ

先ほど私、成功という言葉があまり好きではないという話をしたんですが、成功っていったいなんなんでしょう?

ある方に聞きましたら「このフランチャイズに加盟して、2年後に5店舗にする事が成功です」と言う話だったんですね。

なるほど、2年後に5店舗にするためにはどうしたらいいのか考えていきましょう。先ずは1号店目の成功が必要ですね。ただ2年後に5店舗になっていても、例えば会社全体の業績が悪かったらそれでもいいんですか? それまで一緒に立ち上げてきた社員や役員が離れていってもいいんですか?

やはり一言に成功と言っても、それぞれ人の捉え方って違うと思うんです。それぞれの環境も違うので。

こういった場でなかなか成功と言うものが語れないと言うのは、私たちに相談にくるクライアントの方一人一人、もしくは会社会社の状況がそれぞれ全部違うからですね。

2-2.具体的な成功イメージを持つ

そのため、その人なりの、その会社のなりの成功イメージというものを一緒に、我々がコンサルティングとして作っていっています。

やはりこれが大事です。仮にフランチャイズだとすると、このフランチャイズに加盟したときの成功イメージと言うものを他人に語れるような、具体的な成功イメージを持つ。これが非常に大事ですね。

成功したいんです。でも、成功ってなんですか?
ではちょっと心許ないですよね。

ここをクリアできるかどうかが最初のポイントです。

次は具体的に、フランチャイズを選んで加盟検討をしようと言うところのポイントになります。最初に「3つのポイント」という話をさせていただきます。

▶ 続きを読む