副業としてのフランチャイズビジネス。事業計画が成功の肝

公開日:2015年03月26日
20150331121747

副業からでも始められる!

”開業する”と聞くと、「今の仕事を辞める」であったり「成功すれば天国だが、失敗すれば全て失ってしまう」といったような、ハイリスクなイメージを抱きがちです。しかし、最近では「副業」として、本業の片手間にできるようなフランチャイズ形態も存在しています。

時間も資金も十分に注ぎ込まななければならないような事業ですと、副業として始めるの難しいですが、規模が小さかったり、在宅でできるような事業の場合は、本業を辞めなくても、手の空いた時間で仕事をすることが可能です。

副業としてのフランチャイズの特徴

副業としてのフランチャイズ事業には、大きく分けて2つのスタイルがあります。

1つは、小規模な仕事を本業の片手間空いた時間に自分自身でやるスタイル。在宅など場所を選ばないものであったり、ノルマや在庫がなく、自分のペースでできるのが特徴。仕事が小規模なため高収入は見込めない、ローリスクローリターンなスタイルです。

もう一方は自分が店舗経営のみに注力するスタイル。実際に店頭に立ったり、お客様に商品やサービスを提供するのは雇った別の人にやってもらい、自分自身は経営のみを行うのが特徴です。事業規模が大きくなりますが、人件費や設備費用が必要になってくるため、個人規模で行うよりもハイリスクハイリターンになります。

副業でもビジョンを持って始める

「副業だからお小遣い稼ぎ程度に…」という考え方で始めるのは少々危険かもしれません。いくらフランチャイズ契約で、事業主の商品・サービス、ノウハウをそのまま使えるとしても、事業経営というのはそんなに甘いものではありません。

始める前には、どの事業を、どの程度の規模で、リスクは、本業との兼ね合いは、将来性は、といったようなビジョンを持って始めることが大切です。副業だからと軽い気持ちで始めたが、利益が全然出ない、赤字が増えていく、本業にまで影響が出る、なんてことにならないよう、まずはしっかりとした事業計画を立てることから始めましょう!