フランチャイズで成功するには「ビジョン」と「分析力」が必須

公開日:2015年03月26日
20150331131709

成功にはビジョンが必要

失敗した場合の対処方法を考えておくことも重要ですが、成功するためのビジョンを持っておくことも非常に重要です。

フランチャイズ開業をゴールにするのではなく、そこから1年後、5年後、10年後といったように未来の自分の姿を明確にイメージしておくようにしましょう。失敗の繰り返しで目的が見えなくなってしまっても、本来あるべき姿が明確であれば、軌道修正が可能ですし、未来像から逆算をすれば、自分が今すべきことをはっきりさせることができます。

成功に必要なのは分析する力

「成功」と一言でいっても、その裏には、成功した理由、失敗を回避できた理由、失敗しても立て直すことができた理由、など様々な要因のうえに成り立っています。

フランチャイズで既存のビジネスモデルを用いていたとしても、経営する人によってまったく別の結果になることがしばしばあります。「なぜ成功できたのか」、「どうして失敗したのか」その裏に隠された要因をしっかり分析できなければ、一度の成功も単なるラッキーで終わってしまいますし、同じ失敗をただ繰り返すだけになってしまいます。成功を積み重ねていくために「分析する力」を養っていきましょう。

成功のその先

「黒字を出せるようになった」「収支が安定した」「年収が1000万円を超えた」など、人によって成功の定義はそれぞれです。成功は一つのゴールではありますが、同時に新しいスタートでもあります。一度成功したからといって終わりではないので、成功の経験を活かして次のステップに進むことを考えましょう。

それがフランチャイズビジネスであるならば、収支の安定化に務めるのか、事業を拡大していくのか、はたまた独立を目指すのか…。選択は多種多様ありますので、ビジョンを明確に持っておくようにしましょう!