「北前そば 高田屋」フランチャイズ開業の面白さを探る

公開日:2015年07月13日

23cd685e24eb95ee

「北前そば 高田屋」FC開業から目指す経営の醍醐味

「北前そば 高田屋」は北海道発の居酒屋FCチェーンです。創業20年、全国に店舗展開しています。

類似店舗がひしめく業界のなかで着実に成長してきたのは、江戸時代にイキとされた「蕎麦屋で一杯」をコンセプトとして貫いた経営戦略にあると言われています。挽きたて、打ちたて、茹でたての蕎麦をメインメニューとして開業以来、旨い蕎麦にこだわっています。

安定開業まで一直線「北前そば 高田屋」の着眼点とは

「北前そば 高田屋」は蕎麦粉からこだわり「更科粉」を使用、さらに黒ゴマを練り込んだ麺を顧客に提供しています。

メタボ時代にあっては、酒の席でも健康に気遣う人は少なくありません。蕎麦やゴマは健康食品、ダイエット食品、アンチエイジング食品としても認知されています。「北前そば 高田屋」で飲んで「ごまそば」で〆る、そんなリピータの獲得がフランチャイズ開業を安定化に導きます。

きめ細かな本部バックアップ「北前そば 高田屋」導く安定開業

開業前には「北前そば 高田屋」FC本部において蕎麦屋の経営と実務を一から学べる充実した研修が開催されます。

開業後も「北前そば 高田屋」FC本部では顧客ニーズを先取りした新メニューの開発を行い各フランチャイズパートナーのサポートを実施しています。また食材の選択、仕入れ、配布を行うシステムを確立。FC店舗オーナーの経営を力強く支援しています。