徹底した効率のダイニングレストラン、「とりあえず吾平」のフランチャイズ

公開日:2015年05月25日
89280def76b51b9d

平成11年に小松市からスタートしたダイニングレストラン

「とりあえず吾平」は、平成11年に石川県小松市でスタートし、現在までに約130店舗展開するダイニングレストラン。「くつろぎダイニング」と位置づけており、お客様にゆっくりくつろいで楽しさを届けられたら、と考えられています。

それは、「イキイキハキハキニコニコあふれる笑顔!元気な店!」というスローガンに思いが込められています。とにかく気軽につかってもらいたい、という考え方です。

とりあえず吾平のターゲット層とメニュー構成

とりあえず吾平は20代~30代をメインターゲットとし、郊外を中心に展開する郊外型のダイニングレストラン。宴会だけでなく家族需要や少人数の利用にも適しています。

メニューは120品前後のバラエティ豊かなフードや、150種類以上のドリンクを揃え、非常に充実したメニュー構成となっています。ドリンクはアルコールだけではなく、ノンアルコールメニューも豊富で、50種類程度はノンアルコールとなっています。

徹底的に効率を追求したキッチンオペレーション

とりあえず吾平では、徹底して効率を重視しており、1店舗当たり社員1名でも運営可能となっています。少人数だが多店舗展開したいという場合に向いていますし、人件費効率も高い運営ができます。

料理は仕込みを徹底したり、ピザを焼く可動式オーブンを利用しての焼き物など、多彩かつ素早い料理の提供を可能にしています。こうした仕組みで、店長一人で1000万円以上の売り上げも可能となっており、安定収益の実現に結び付けています。