小売業のフランチャイズで独立開業!独自の流通ルートで低価格、安定供給

公開日:2015年03月26日
20150331131240

初心者でも安心!最初の選択肢は「小売業」

フランチャイズの中では、出店数も最も多く、ポピュラーなのが、「小売業」です。コンビニエンスストア、スーパー、飲食店など形態は様々ですが、契約主が持っている商品を「お客様に売る」というのがメインのお仕事です。

小売業の最大の特徴は、特殊な技能を必要とせず、誰であっても始められる、というところです。たとえ、業界の知識がまったくない初心者だったとしても、すぐに販売のプロとして始められるような教育環境が用意されています。

フランチャイズの旨みを最大限に知ること!

小売業をフランチャイズ形態としてやる強みは、契約した会社の商品の「ブランド力」をそのまま活かせるという点です。

扱う商品は、既に大衆に認知されているブランド力の高いものが多いため、商品や店舗の宣伝であったり、品質の問題に頭を悩ませる必要がありません。

また、そういった商品を「安定した量」、「安定した価格」で仕入れることができるため、在庫の管理や価格調整などが非常に効率よく行うことが可能です。

低リスク!フランチャイズならお金がなくても開業できる

フランチャイズとしての「小売業」のメリットは、なんといっても「費用を安く抑えることができる」という点です。小売業は特殊な技術や機材を必要としない場合が多いため、店舗出店時の初期費用が他と比べても格安で済ますことができます。また、契約会社独自の商品ルートで安定供給ができるため、店舗側から受け取るロイヤリティが低めに設定されていることがほとんどです。

初期費用も抑えられ、出店後のリスクも低いため「開業したいけどお金がない…」と一歩を踏み出せないでいる方にピッタリです。