フランチャイズ開業に必要な準備とは? 独立後のイメージを明確に持つこと

公開日:2015年03月26日
20150331121814

フランチャイズ開業を考えよう

フランチャイズとして「開業」を考えた場合に、準備として最初にするべきことは業界のことをしっかりと調査することです。「○○が好きだから」とか「△△は儲かりそう」というような漠然としたイメージだけでその業界に飛び込むのは非常に危険です。

「市場規模はどのくらい?」「ニーズはあるのか?」「将来性は?」「リスクはあるか?」などその業種のことを徹底的に調べ、メリットやデメリットをしっかりと抑えた上で始めるようにしましょう!

十分な資金を準備しよう

フランチャイズであっても、もちろん開業するためには費用がかかります。十分な資金がないと選べる選択肢が少なくなったり、開業はできても途中で撤退せざるおえないという状況に追い込まれてしまうかもしれません。

また、初期費用を用意するだけではなく、その後の資金運用プランを考えておくことも大切です。開業をゴールにするのではなく、収益率はどのくらいで、見込み利益はどのくらいで、ロイヤリティはいくらかかって、どのくらいの期間で初期費用の回収ができるのか、といった開業後の収益モデルをしっかりと考慮しておくようにしましょう。

退職の準備もしておく

新しいことを始める際は、ついついそちらの準備にばかり意識が行ってしまいがちですが、現在勤めている会社を滞りなく退職できるようにしておくことも忘れないでおきましょう。

退職が円滑に進めば、人間関係や人脈をそのまま次の仕事に活かすことができるかもしれません。前職の職場の人間が、新しい事業の顧客になることも十分に考えられますし、事業主からサポートを受けることのできるフランチャイズ業態であっても、いざと言うときの手助けや、アドバイスがこれまでの人間関係によってもたらされるということもありえるのです。