中古・リユース・リサイクルのフランチャイズを始めるのに必要な準備

最終更新日:2020年06月26日

859cd72f484f9669

消費者の節約志向の上昇やフリマサービス・アプリの浸透により年々拡大している中古・リユース・リサイクル市場。フランチャイズでも人気が高いビジネスで、年間300社以上が参入しているとも言われています。

そこで今回は、中古・リユース・リサイクルフランチャイズの費用や特徴、準備、本部選びのポイントなど、中古・リユース・リサイクルフランチャイズを始める前に知っておきたい情報をまとめました。おすすめのフランチャイズ情報もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの費用

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの特徴

中古・リユース・リサイクルフランチャイズを始めるときの準備

中古・リユース・リサイクルフランチャイズ本部選びのポイント

中古・リユース・リサイクルフランチャイズに挑戦した方の事例

おすすめのフランチャイズ

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの費用

ここでは、中古・リユース・リサイクルのフランチャイズでかかる開業資金(初期費用)と運営資金について解説していきます。
フランチャイズ本部や営業形態、店舗の規模などによって費用は異なります。

開業資金(初期費用)

中古・リユース・リサイクルフランチャイズを始めるために必要な開業資金(初期費用)は、約630万円です。

主な開業資金として、加盟金や店舗関連費(物件取得費・内装工事費・設備費など)、保証金、古物商の営業許可取得費、研修費が挙げられます。

加盟金はフランチャイズ本部によってさまざまですが、費用の目安は約250万円です。

店舗関連費は中古・リユース・リサイクルフランチャイズの営業形態やジャンルなどによって必要な広さや内装工事・設備導入の程度が異なるので、約100~1,000万円と費用の幅が大きいです。

保証金や研修費も加盟する本部によって異なり、保証金は約50万円、研修費は約30万円かかります。

その他、古物商の営業許可取得費として2万円程度の準備が必要です。

運営資金

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの運営資金は、1ヵ月で約710万円です。

主な運営資金として、人件費や賃貸料、水道光熱費、買取資金、広告宣伝費、ロイヤリティが挙げられます。

人件費は1ヵ月あたり売上の約0~7%、賃貸料は売上の約5%、水道光熱費は売上の約1~2%ですが、営業形態や店舗の規模によって変動します。

運営資金のなかで最も割合が大きいのが、中古・リユース・リサイクル品の買取資金です。取り扱うジャンルによって異なりますが、1ヵ月あたり売上の60~70%程度を占めます。

また、広告宣伝費やロイヤリティは加盟する本部によってさまざまで、広告宣伝費は1ヵ月あたり売上の約5~10%、ロイヤリティは売上の5%前後が費用の目安です。

こちらの記事でも中古・リユース・リサイクルフランチャイズの開業資金(初期費用)や運営資金について詳しく解説しています。

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの開業・運営に必要な資金について詳しく見る

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの特徴

ここでは中古・リユース・リサイクルフランチャイズの特徴として、サービス内容やメリット・デメリットについて解説していきます。

サービス内容

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの主なサービス内容は、中古・リユース・リサイクル品の買取・販売です。

営業形態によって多少違いもありますが、

  • 商品の仕入れ
  • 売上管理
  • 接客
  • 集客

が、オーナーの主な業務となります。

以下で、中古・リユース・リサイクルフランチャイズで取り扱いのある主なジャンルをご紹介します。

金・貴金属・ブランド品

金・貴金属・ブランド品など、高額な商品を取り扱う中古・リユース・リサイクル店です。
買取専門店や買取販売店など営業形態もさまざまで、特に買取専門店の場合は小スペースで始められるケースが多く、低資金での開業が可能です。
フランチャイズ本部もたくさんあるので探しやすいジャンルではありますが、それぞれの特徴やサポート体制などをしっかり確認したうえで選ぶ必要があるでしょう。

衣料・服飾品

洋服や靴下、帽子、時計、財布、バッグなど、衣料・服飾品を取り扱う中古・リユース・リサイクル店です。
安価で大量に仕入れたり、買い取った商品をインターネットで販売したりなど、独自のビジネスモデルによって売上や利益を確保しているフランチャイズ本部が多く見受けられます。

家具・家電

テーブルやイス、棚、テレビ、掃除機などの家具・家電を取り扱う中古・リユース・リサイクル店です。
家具・家電だけでなく、衣料・服飾品や日用品、雑貨なども取り扱っているフランチャイズ本部が多い傾向にあります。

本・DVD・ゲーム・おもちゃ

本やDVD、ゲーム、おもちゃなどを取り扱う中古・リユース・リサイクル店です。
このジャンルも、複数の商品を取り扱っているフランチャイズ本部が多いのが特徴として挙げられます。

パソコン・スマートフォン

パソコンやスマートフォンなどデジタル機器を取り扱う中古・リユース・リサイクル店です。
1坪程度の小スペースで開業できるフランチャイズ本部もあります。本部の所有する専用のセンターで初期化を行うなど、個人情報を取り扱ううえで重要な安全対策が徹底されているので安心です。

車・バイク・自転車

車やバイク、自転車などの車両を取り扱う中古・リユース・リサイクル店です。
加盟金が100万円以下のフランチャイズ本部が多いですが、営業形態や車両の種類によっては店舗関連費や初期在庫の買取資金が高額になるケースもあります。

これらのどのジャンルにも共通して言えるのが、フランチャイズ本部のサポートを受けながら開業・経営できること。初めての独立や未経験者の場合でも研修で知識や技術を身につけられるので、安心してチャレンジできます。

メリット

中古・リユース・リサイクルをフランチャイズで開業するメリットを3つご紹介します。

■本部の知名度を利用した集客が可能

中古・リユース・リサイクルをフランチャイズで開業する最大のメリットは、本部の知名度を利用した集客が可能であることです。

個人で一から開業してもなかなか信頼が得られず、思うように売れない、買い取りができないというケースも少なくありません。ですが、フランチャイズの場合はテレビCMやWeb広告への掲載、全国展開などによって知名度が高い本部も多いので、開業直後でも利用してもらいやすいです。

■在庫リスクが低い

在庫リスクが低いことも、中古・リユース・リサイクルをフランチャイズで開業するメリットの一つです。

買い取りや仕入れを行った商品がなかなか売れず、在庫を抱えてしまうリスクがあるビジネスですが、売れない商品は本部が買い取ったり、他店に引き取ってもらったりもできます。インターネットを活用して効率的に在庫を回転させるなどの対策をとっている本部もあるので、在庫リスクを抑えた経営が可能です。

■未経験者でも開業できる

中古・リユース・リサイクルビジネスでは、取り扱う商品の知識や査定技術などが必要です。

独学で習得するには限界がありますが、フランチャイズに加盟することで研修やサポートを受けることができるので、未経験者でも安心して開業できます。

デメリット

次に、中古・リユース・リサイクルフランチャイズのデメリットを2つご紹介します。

■競合が多め

フランチャイズでも人気が高い中古・リユース・リサイクルビジネスには、競合が多めであるというデメリットがあります。

同じような店舗が近くにある、開業した場合、消費者の奪い合いが発生してしまい、売上に大打撃を与えてしまう可能性も。

ほかの店舗にはない強みを持ち、差別化が図りやすいフランチャイズ本部を選ぶことで、競合に関する不安は軽減されるでしょう。

■ロイヤリティの支払いが負担になることも

中古・リユース・リサイクルフランチャイズでは、ロイヤリティの支払いが発生する本部がほとんどです。

1ヵ月あたり売上の5%前後と高額ではありませんが、定額制を採用している本部が多いので、売上によってはロイヤリティの支払いが負担になる可能性もあります。

赤字補填など費用面でのサポートを行っているケースもあるので、ロイヤリティの支払いに不安を持っている方は利用を検討してみると良いでしょう。

成功・失敗のポイント

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの成功・失敗のポイントを3つご紹介します。

■適正な価格設定ができるか

消費者のニーズが高まっている中古・リユース・リサイクルビジネスは、景気に左右されにくいので仕入れコストに比べて販売価格を高く設定できる、利益率の高さも魅力の一つです。

ですが、適正な価格設定ができなければ、なかなか買ってもらえない、売ってもらえないという状況に陥る危険性もあります。

フランチャイズであれば、開業前に研修を受けて知識や技術を身につけることができるので、消費者が納得できるだけでなく利益が残せる適正な価格設定ができるようになります。

■ニーズにあったジャンル選び

中古・リユース・リサイクルフランチャイズは、金・貴金属・衣料・家具・家電などジャンルが多いのが特徴です。

興味のあるジャンルを選ぶというのも一つの方法ですが、ターゲットとする消費者のニーズに合ったジャンルを取り扱うことも、中古・リユース・リサイクルフランチャイズを成功させるためには重要なポイントだと言えます。

幅広い顧客層を獲得しやすくするため、取り扱いのあるジャンル数が多い本部を選ぶのも有効です。

■収支計画の定期的な見直し

中古・リユース・リサイクルフランチャイズを始める際、開業資金や1ヵ月の売上・粗利益のシミュレーションなど収支計画を立てておく必要があります。

計画通りに進むことが理想ではありますが、思うように売上や利益が出せなかった場合は収支計画の見直しを行い、軌道修正を重ねていくことが大事です。

開業後も経営サポートを受けられるフランチャイズ本部もあるので、活用してみることをおすすめします。

中古・リユース・リサイクルフランチャイズを始めるときの準備

中古・リユース・リサイクルフランチャイズを始めるときの準備を、店舗、採用・教育、資格・免許の3つのポイントに絞ってご紹介します。

店舗

中古・リユース・リサイクルフランチャイズは、出張買取やインターネットでサービスを提供する無店舗型もありますが、店舗を構えて開業するケースのほうが多いです。

小スペースで開業できるフランチャイズ本部もあり、一般的な小売業や飲食業などより開業資金を抑えることができます。

買い取りと販売をどちらも行う場合、在庫を保管するためのスペースや商品の陳列スペースを確保しなければならないので、広めの店舗を探す必要があるでしょう。

なかには、直営店を引き継げるフランチャイズシステムを採用し、開業資金の負担を軽減している本部もあります。

採用・教育

中古・リユース・リサイクルフランチャイズはーナー1人でも始められるビジネスなので、従業員の採用・教育が不要なケースもあります。

ただし、専門性が必要な業務もあるので、開業前に研修を受けて知識や技術を習得する必要があります。

資格・免許

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの開業には専門的な資格は必要ありませんが、中古品の買取・販売を行うため「古物商の営業許可」を取得しなければいけません。

警察署で申請を行うことができ、手続きには住民票や身分証明書、誓約書、手数料などの提出が必要です。

取得できるまで1ヵ月程度かかるので、事前にしっかり確認し、早めに準備しておきましょう。

中古・リユース・リサイクルフランチャイズ本部選びのポイント

中古・リユース・リサイクルフランチャイズの本部選びで重要なポイントは、大きく以下の3つが挙げられます。

  • 知名度があるか
  • 差別化が図りやすいか
  • サポート体制が整っているか

一度使われたものを取り扱うため、品質や安全性などを気にする消費者が多いことから、知名度や信頼の高さは経営を成功させるうえで重要な要素になります。フランチャイズに加盟すれば、個人で一から始めるのと違い、最初から消費者の信頼を得ることが可能です。

また、競合が多い業界のため、差別化が図りやすい本部であるかも確認したいポイントです。
不用品回収や遺品・生前整理など、買取・販売以外のサービスを取り入れたり、誰でも利用しやすいような店舗デザインを採用したりなど、差別化のポイントも本部によって異なるので、より売上や利益につながりやすい強みを探してみると良いでしょう。

本部のサポート体制が整っているかも中古・リユース・リサイクルのフランチャイズ本部選びに欠かせないポイント。店舗運営ノウハウや査定技術などを習得する研修をはじめ、本部による在庫の買い取りや集客支援など、受けられるサポートも本部によってさまざまです。
自分にはどのようなサポートが必要なのかを明確にしたうえで検討すると、選びやすくなるでしょう。

中古・リユース・リサイクルフランチャイズに挑戦した方の事例

中古・リユース・リサイクルフランチャイズでの独立・開業を決断する前には、実際に挑戦した方の事例を参考にしてみるのもおすすめです。

毎日新しい商品との出会いがあり、刺激になることが魅力です!

中古・リユース・リサイクルフランチャイズ事例1

前職ではマネジメント・人事・人材関係に勤めていましたが、ゆくゆくは自分の力で何かをしたいという気持ちを持っていたんですよね。
そんなとき、独立・起業の特集をしていた情報誌で『おたからや』を見つけ、その収益性やビジネス構造に興味を持ちました。

やりがいを感じるのは、目標より高い営業利益を出すことができたときや、大口のお客様が決まったときです。

また、お客様と取り引きをしていくなかで、珍しいものが見られるのでとても楽しいです。
毎日新しい商品との出会いがあり、刺激になることが魅力だと思います。

全部読む

対応力の高いビジネスモデルであると確信しています!

中古・リユース・リサイクルフランチャイズ事例2

私はこれまでに、書店とレンタルビデオ店を経営してきました。
しかし、インターネットが普及していくにつれて、本やレンタルビデオは斜陽産業となったため、今後の軸となる新規事業を探していました。そんなときに、FTCの展開する『かんてい局』のお話を伺いました。

私自身、ブランド品を扱ったことがなかったので、最初は不安でしたが、FTCの充実した研修を受けることで、「ブランドの知識」や「査定の技術」を身につけることができて、不安が自信へと変わりました。

全部読む

おすすめのフランチャイズ

買取専門ビジネス「おたからや」

中古・リユース・リサイクルフランチャイズ_買取専門ビジネス「おたからや」

買取専門ビジネス「おたからや」は、金・貴金属・ダイヤ・ブランド品などを取り扱うフランチャイズ本部です。

全国に700店舗以上展開しており、テレビCMや芸能人のイメージキャラクター設定など、大規模な広告PRによる高い認知度を強みとしています。

開業前の研修で中古・リユース・リサイクルの基本知識はもちろん、商品の特性を専門的に学ぶことができ、本部の代理査定などサポート体制も万全なので、未経験者でも安心して開業することが可能です。

買取専門ビジネス「おたからや」について詳しく見る

買取専門ビジネス「おたからや」の資料をもらう

質屋かんてい局

中古・リユース・リサイクルフランチャイズ_質屋かんてい局

質屋かんてい局は、バッグ・時計・財布・ジュエリー・家具・家電など幅広い商品を取り扱っているフランチャイズ本部です。

買い取りした商品を販売するだけでなく、商品を預かり利息収入を得るという、ほかの中古・リユース・リサイクルフランチャイズにはないビジネスモデルを確立しています。

利息収入と販売収入、換金収入の3つの収入源により、安定した経営が実現可能。
開業後も勉強会やオーナーセミナー会、資格取得研修などサポート体制が整っているので安心です。

質屋かんてい局について詳しく見る

質屋かんてい局の資料をもらう

駿河屋

中古・リユース・リサイクルフランチャイズ_駿河屋

駿河屋は、ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュアなどを取り扱っているフランチャイズ本部です。

半年間の出品料・手数料無料でインターネットショップ「駿河屋マーケット・プレイス」への出品が可能で、店舗で売れにくい商品の販売や販路の拡大に役立てることができます。

また、「サポーテッド駿河屋」を利用すれば駿河屋のホームページに広告が掲載でき、各種POP使用や備品購入などのサポートを受けることが可能です。

駿河屋について詳しく見る

駿河屋の資料をもらう

公開日:2019年10月04日