買取のフランチャイズを始めるのに必要な準備

最終更新日:2020年03月23日

D33c9cadc59269d3

断捨離ブームやエコ意識の高まりなどによって、年々ニーズが高まっている買取ビジネス。
低リスクで参入しやすいビジネスとして、フランチャイズでも人気を集めています。

そこで今回は、買取フランチャイズの費用や特徴、準備、本部選びのポイントなど、買取フランチャイズを始める前に知っておきたい情報をまとめました。実際に挑戦した方の事例やおすすめのフランチャイズ本部もぜひ参考にしてみてください。

目次

買取フランチャイズの費用

 開業資金(初期費用)

 運営資金

買取フランチャイズの特徴

 サービス内容

 メリット

 デメリット

 成功・失敗のポイント

買取のフランチャイズを始めるときの準備

 店舗

 採用・教育

 条件・資格・免許

買取フランチャイズ本部選びのポイント

買取フランチャイズに挑戦した方の事例

おすすめのフランチャイズ

買取フランチャイズの費用

ここでは、買取のフランチャイズでかかる開業資金(初期費用)と運転資金について解説していきます。
取り扱う商品もさまざまで、費用もフランチャイズ本部によって特徴があります。
よりご自身に合う本部選びの参考にしてみてください。

開業資金(初期費用)

買取フランチャイズを始めるために必要な開業資金(初期費用)は、約1,900万円です。

本部に支払う加盟金のほか、物件取得費や内装工事費などの店舗関連費、営業許可取得費、研修費などなどが必要です。

買取と一言で言ってもそのジャンルは多岐にわたり、貴金属や時計、ジュエリーやブランド品をはじめ、着物やカメラ、パソコンなどの家電製品や家具、楽器など、多品目を扱うフランチャイズも少なくありません。
フランチャイズ本部が取り扱っているジャンルや規模などによっても費用が大きく変わるので、事前にしっかり確認することが大事です。

運営資金

買取フランチャイズの運営資金は、3ヵ月分で算出すると約1,400万円です。

買取のフランチャイズの場合、オーナー1人でも営業できるので、他の業種と比べて人件費の負担が少なく済みます。

また、ロイヤリティに関しては、月額固定制が採用されていることが多いです。月々10~30万円の支払いが発生しますが、どれだけ売上を上げても変動しないので、オーナーの頑張り次第でより多くの利益を出すことができます。

買取後の品物をすぐに現金化することができる本部も多いので、大量の在庫を抱えたり、資金繰りに苦戦したりといったリスクも少ないです。

こちらの記事でも買取フランチャイズの開業資金(初期費用)や運営資金について詳しく解説しています。

買取フランチャイズの開業・運営に必要な資金について詳しく見る

買取フランチャイズの特徴

ここでは買取フランチャイズの特徴として、サービス内容やメリット・デメリットについて解説していきます。

サービス内容

買取フランチャイズの主なサービスは買取査定ですが、ほかにも

  • 買取品の換金
  • 広告関係の事務作業
  • 台帳記入
  • 買取品の保管

など、細かな業務があります。

1日の来店客数は平均が5~10名ほどとそれほど多くないので、無理のない運営ができることも特徴です。

メリット

買取フランチャイズで開業する場合のメリットを3つご紹介します。

■ 在庫リスクが少ない

買い取った品物を自分の店舗で販売しなければいけないとなると、在庫リスクが伴います。

ですが、買取フランチャイズの場合、多くが本部が買い取ってくれるので、ほかの業種と比べて在庫リスクが少ないです。

■ 開業資金(初期費用)が抑えられる

開業資金(初期費用)が抑えられるという点も、買取フランチャイズのメリットの一つ。

在庫を抱える必要がない買取フランチャイズは、5坪前後の小スペースで開業できるので、物件取得費や内装工事費などを最小限にできます。

本部への売却以外にも、委託販売や海外輸出、ネット販売などのルートもあるので、店舗販売を行う場合でも、比較的小規模の店舗で開業することが可能です。

オーナー1人でもスタートできるので、採用・教育費も抑えることができます。

■ 未経験者でも始めやすい

買取というと査定ノウハウがないと難しいと思われがちですが、買取フランチャイズの場合はフォローやサポート体制が整っている本部が多いので、未経験者でも始めやすいというメリットがあります。

マニュアルや研修で学び、実際の現場では商品名やコードからの相場検索や本部による照会サポート、代理査定などもあります。

デメリット

次に、買取フランチャイズのデメリットを2つご紹介します。

■ 競合が多い

フランチャイズでも人気の買取ビジネスは、競合が多く競争が激しいというデメリットがあります。

その中で売上を出し続けるには他店舗との差別化が重要ですが、買取金額以外で違いを出すというのはなかなか難しいのが現実です。

フランチャイズであれば、ほかにはない強みを持った本部もありますし、店舗づくりに関する悩みを相談することもできるので、安心して開業できるでしょう。

■ ロイヤリティが負担になることも

買取フランチャイズでは、ロイヤリティの支払いが負担になってしまうこともあります。

月額固定で設定している本部も多く、売上によってはロイヤリティの支払いで赤字になってしまうというケースも少なくありません。

一方で、赤字補填をしてくれる本部もあるので、費用面でのサポートもしっかりしているところに加盟すると安心でしょう。

成功・失敗のポイント

買取フランチャイズの成功・失敗のポイントを3つご紹介します。

■本部の手厚いサポート

買取フランチャイズでの成功は、本部の手厚いサポートが受けられるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

利用者の信頼を得るためにも、査定ノウハウのサポートが充実しているかをよく確認しましょう。
簡単なマニュアル程度しかなく、あとはオーナー任せという本部の場合、査定の結果次第では利用者が不満を感じ、リピートしてくれなくなるだけでなく、ネットなどでの口コミ評価も下げてしまう可能性があります。

未経験でなくても、相場に基づく査定ができるためのフォローシステムやサポート体制が整っている本部を選ぶようにしましょう。

■買取のジャンルや品目数

また、どんなジャンルの買取販売するのか、取り扱う品目数などもよく確認しておきましょう。

消費者のニーズに合ったジャンルかどうかという点はもちろんのこと、ずっと続けていくことを考えれば興味のあるジャンルにチャレンジしたほうが良いです。

ジャンルや品目が限定的でも、メーカーやブランドは多数ありますので、それぞれの特徴を掴む必要があります。
それぞれのアイテムの査定ノウハウを、品目数の分だけ覚えなくてはなりません。

一方で、品目数が多ければさまざまなニーズに対応できるので、より多くの利用者を獲得できるというメリットがあります。
何を優先させていくのか、十分な検討が必要でしょう。

■ロイヤリティ制度

買取フランチャイズ本部が定めているロイヤリティ制度についても、しっかり確認することが大事です。

固定制の場合、どんなに売上が上がってもわずかで済むメリットがありますが、逆に売上がない場合や少ない場合でも、一定額の支払いが発生します。
思ったような売上が出なければ、ロイヤリティの支払いだけで赤字になってしまう可能性もあり、中には資金繰りがうまくいかずに廃業してしまうという失敗も珍しくありません。

ロイヤリティ制度をしっかり把握したうえで、十分なシミュレーションを行ってから開業に踏み切ることをおすすめします。

買取フランチャイズを始めるときの準備

買取フランチャイズを始めるときの準備は、比較的負担少なく始めることが可能です。
といっても、最小限の店舗や査定に関する研修、ツールの導入など、準備すべきものはあります。
それぞれ詳しく説明します。

店舗

比較的準備の負担は少ないものの、店舗の準備は必要です。

サービス内容によって、探すべき店舗が異なります。
買取のみを行う場合は2、3坪のわずかなスペースがあれば始められるので、店舗にかかる費用は最小限で済みます。
一方、店舗での販売も行う場合は在庫のためのスペースが必要になるので、その分だけ費用もかかります。

採用・教育

買取フランチャイズはオーナー1人でも始められるビジネスなので、必ずしも従業員を雇用する必要はありません。

雇った場合でも少人数での運営が可能なので、採用・教育にかかる手間やコストは少ないと言えます。

ただし、専門性が必要な業務もあるので、開業前の研修や査定ツールは必須です。

資格・免許

買取ビジネスには専門的な資格は必要ありませんが、「古物商の営業許可」が必要です。

警察署に、許可申請書と添付書類の提出を行うことで取得できます。
取得手数料として19,000円が必要になりますが、住民票などの公的書類取得のための費用も合わせると、20,000円程度かかります。

許可が出れば店舗に古物商プレートを掲示でき、買取ビジネスが開始できるようになります。

買取フランチャイズ本部選びのポイント

買取フランチャイズの本部選びで重要なポイントは、大きく以下の3つが挙げられます。

  • 知名度
  • 本部のサポート
  • 買取後の販売ルート

買取フランチャイズ本部を選ぶ際、本部の知名度はとても重要なポイントになります。

買取サービスの利用者は、貴金属やブランド品などの高価品を査定してもらって売るわけですから、全国展開していて誰もが知っているようなお店が信頼性も高く、利用しやすいはずです。中古品を購入する側にとっても同じです。

そのため、知名度が高い本部であれば、オーナーの査定実績が少なくても、開業直後からある程度の集客が見込めます。

また、本部サポートが充実しているかも買取ビジネスには大事なポイント。
査定ノウハウの丁寧な研修はもちろん、相場を調べるシステムや代理査定など、サポート内容も本部によってさまざまです。自分にとって必要なサポートが受けられるかを十分に確認しておきましょう。

本部サポートとあわせて、買取後の販売ルートについても確認しておくと安心です。
買取後の商品を全て自分のお店で販売する場合、在庫を抱えるリスクがあります。サポートが充実しているフランチャイズでは、本部による買取や海外輸出のアシストなどもしてくれるので、リスクを大幅に減らせます。

買取フランチャイズに挑戦した方の事例

買取フランチャイズでの独立・開業を決断する前には、実際に挑戦した方の事例を参考にしてみるのもおすすめです。

自身の頑張りがダイレクトに跳ね返ってくる仕事です!

買取フランチャイズ事例1

開業前は会社員として勤務。貴金属の買取ビジネスが利益を上げていることを知り、一念発起で開業しました。

まずはインターネットで資料を請求しました。その後間もなく説明会に参加。開業の決意は固まっていたので、説明会の2ヵ月後にはオープンというスピード感のあるスケジュールで進んでいきました。

多方面のスキルアップに絶え間ない努力が必要ですが、自身で頑張った分がダイレクトに跳ね返ってくることが体感できる仕事というのも実際には少ないと思うので、この仕事はとても魅力的だと思います。

全部読む

圧倒的な知名度と手厚いサポートで、安心して独立することができました!

買取フランチャイズ事例2

独立する前は、大手の自動車販売店で新車の営業をしていました。その一方で、将来や生活に対しての不安もありました。そんな時に交通事故に遭い、足に軽い障害が残り今までと同じ仕事をするのが難しくなってしまったことがきっかけで独立を検討。

もともとブランドが好きで興味のあった買取ビジネスに挑戦することにしました。本部の決め手は、圧倒的な知名度と丁寧な説明でした。

家族の説得や知識の習得などやることたくさんあり大変でしたが、開業前の研修も充実していたので問題なく開業できました。開業後のサポートも非常に手厚く、安心して経営できています。

全部読む

おすすめのフランチャイズ

おたからや

おたからや買取フランチャイズ

おたからやは、買取専門店の加盟店出店数No.1のフランチャイズ本部です。
5坪~の小スペース、1人で始められるので、200万円~の低資金で開業可能。運用ニーズに合わせて、加盟プランを選ぶこともできます。

また、認知度を活かした開業初日からの大規模PRも強みの一つ。チラシの印刷や販促ツールも格安で利用できます。

素人でもプロの鑑定力を身につけることができるノウハウやサポート体制もしっかりしており、電話相談や本部での代理査定も行ってくれるので安心です。

おたからやについて詳しく見る

おたからやの資料をもらう

大吉

大吉買取フランチャイズ

大吉は、全国に288店舗展開している買取専門店のフランチャイズ本部です。
SV常駐や赤字補填、収入保障など本部の手厚いサポートにより、店舗継続率93.2%を誇っています。

2坪~の小スペース開業によって、物件取得費用や内装工事費用を抑えることが可能。即日~1週間で現金化できる在庫リスクのないビジネスなので、買い取れば買い取るほど売上が上がる仕組みになっています。

体力を使う業務ではなく、年齢や性別の条件もないので、女性オーナーも活躍できます!

大吉について詳しく見る

大吉の資料をもらう

大黒屋

大黒屋買取フランチャイズ

大黒屋は、創業35年のブランド力とノウハウが強みのフランチャイズ本部です。
加盟金、内外装・物件取得費、3ヵ月分のロイヤリティ全てが無料という、加盟者の負担を最小限に抑えるプランが魅力です。

低リスクかつ高収益の買取ビジネスなので、オーナーの88%が年収1,000万以上を達成。実際に本部で働いていた社員がオーナーとして独立したくなるくらいの魅力が、大黒屋にはあります。

開業前には1ヵ月間しっかり研修受けることができるので、買取ビジネスが初めての方でも安心です。

大黒屋について詳しく見る

大黒屋の資料をもらう

公開日:2019年10月25日