買取フランチャイズの開業・運営に必要な資金とは

最終更新日:2020年05月11日

88dc16a2a1232cce

買取フランチャイズは、他業種と比較しても少ない費用で開業できる人気のビジネスです。
買取と一言で言ってもそのジャンルはブランド品や家電製品など様々あり、開業・運営に必要な資金も本部によって大きく異なります。

そこで今回は、フランチャイズで買取ビジネスを始める際に必要な開業資金(初期費用)や運営資金について詳しく解説していきます。

目次

買取フランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安

買取フランチャイズ開業に必要な資金(初期費用)

買取フランチャイズに必要な運営資金

買取フランチャイズのキャッシュフローシミュレーション

買取フランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安

買取フランチャイズの開業に必要な資金の目安は、約1,800万円です。
この費用は、開業資金(初期費用)と運営資金3ヵ月分を合算した金額で、あくまで目安の一つです。
加盟金やロイヤリティが発生しないフランチャイズ本部もあり、店舗の規模や雇用の有無によっても費用は大きく変わります。

<開業資金(初期費用)の目安>

項目 金額
加盟金 240万円
店舗関連費
(物件取得費・内装工事費・設備費など)
200万円
保証金 0万円
資格取得 約2万円
研修費 50万円
合計 492万円

<運営資金の目安 ※3ヵ月分用意した場合>

項目 金額
人件費 45万円
賃貸料 60万円
買取資金 1200万円
ロイヤリティ 60万円
合計 1,365万円

※売上が月間700万円ほどの店舗と仮定し、各項目を計算しています。

以下で一つずつ項目を解説していきます。

買取フランチャイズ開業に必要な資金(初期費用)

買取フランチャイズ開業に必要な資金(初期費用)には、加盟金や店舗関連費、保証金、資格取得費、研修費などが挙げられます。

なかでも大きな差がでるのが、物件関連費です。
店舗の規模やフランチャイズ本部によって異なるので、十分な確認が必要です。

加盟金

加盟金が0円というフランチャイズ本部もありますが、100~300万円で設定されていることが多いです。

加盟金には本部のブランド使用料のほかに、買取ビジネスのノウハウやサポート提供に対する料金も含まれています。加盟金に対して十分な支援が受けられるのかも、事前に確認しておくと安心でしょう。

店舗関連費(物件取得費・内装工事費・設備費など)

買取フランチャイズの店舗関連費用は、2、3坪の小スペースで開業する場合には少ない費用で済みますが、在庫の保管が必要な場合にはある程度のスペースを確保しなければいけないので、その分費用も高くなります。

100万円程度の出費で済む場合もあれば、1,000万円近くかかることもあります。

また、既存店を引き継ぐことができる本部もあるので、可能な限り店舗関連費を抑えたいという方は活用してみると良いでしょう、

保証金

買取フランチャイズの場合、20~60万円程度の保証金を設定している本部もありますが、保証金0円の本部のほうが多いです。

なかには、開業のハードルを下げるために保証金を0円としているところもあり、その代わりにほかの費用が高いというケースもあるので、十分な確認が必要です。

資格取得

買取フランチャイズを開業する場合、専門的な資格の取得は必要ありません。

ただし、中古品の買取・販売を行う場合は「古物商の営業許可」という公的な許可証が必要です。

古物商の営業許可は、店舗を管轄する警察署に申請します。
常勤する管理者を決定し、本人と営業所の管理者の分の住民票や身分証明書などの提出が必要で、申請手数料19,000円がかかります。

住民票などの発行手数料も考慮して、20,000円ほど準備しておくと良いでしょう。

研修費

買取フランチャイズでは、開業前に査定の知識やスキルを身につけるための研修が実施されます。
費用は30~100万円と、本部によって大きな差があります。

オーナー1人で始める場合には従業員の研修費が不要になるので、費用を最小限に抑えられるでしょう。

買取フランチャイズに必要な運営資金

買取フランチャイズに必要な運営資金は、主に以下の4つです。

  • 人件費
  • 賃貸料
  • 買取資金
  • ロイヤリティ

買取ビジネス特有の資金もありますので、しっかり確認しておきましょう。

人件費

買取ビジネスは多くの従業員は必要としません。

1日の来客も5名程度のことが多く、オーナー1人でも営業が可能です。従業員を雇用した場合でも、1ヵ月40~50万程度の人件費で済みます。

ほとんどのビジネスにおいて人件費は経営の負担になってしまいがちなので、その点も大きなメリットだと言えるでしょう。

賃貸料

賃貸料はおよそ10~30万円が相場となります。

もちろん、地域によって多少の金額に違いはありますが、そこまで大きなスペースが必要ないので、運営資金のなかでも割合は少なめです。

買取資金

買取ビジネスでは、人件費や賃貸料、ロイヤリティのほかに、買取のための資金が必要になります。

扱うジャンルや品目数、店舗の規模などによっても異なりますが、1ヵ月で300~600万円ほど準備している店舗が多いようです。

運営資金のなかでも大きな割合を占める部分で、売上にも大きく影響するので、できるだけ多めに準備できると安心でしょう。

ロイヤリティ

フランチャイズの多くは売上や利益に応じてロイヤリティが発生するケースが多いですが、買取ビジネスの場合はロイヤリティを月額固定としてしている本部が多い傾向にあります。

費用の目安は10~30万円と、こちらも本部によって異なります。また、売上に対して変動するロイヤリティの場合は、売上の5~10%程度で設定されていることが多いです。

買取フランチャイズのキャッシュフローシミュレーション

大手「おたからや」の場合の、キャッシュフローシミュレーションは以下の通りです。
(必ずしも当てはまるわけではないので参考程度にしておいてください。)

  • 総粗利益高
    153万円
    =業者への売却額481万円(売上高)-298万円(買取金額)-30万円(ロイヤリティ月額固定)

  • 店利益
    94万円
    =153万円-59万円(家賃や水光熱費・広告費など)

このように、買取フランチャイズは低資金で始められるだけでなく、利益が出やすいビジネスでもあります。
ロイヤリティが固定であれば、売上に左右されないので頑張り次第でどんどん利益を伸ばしていくことも可能です。

また、本部を選ぶ際にはサポート体制が万全かどうかも重要な要素となります。費用面だけでなく、サポート面もしっかり確認したうえで、最適なフランチャイズ本部を選んでください。

買取フランチャイズの関連記事

公開日:2020年03月17日