東京でおすすめのフランチャイズ5選

最終更新日:2019年12月02日

2369d6814a6f67b1

フランチャイズの開業で成功の大きな要素となるのは、その場所選びです。
東京には様々なメリットがあり、東京でのフランチャイズ開業を考えている人も多いと思います。

しかし、自分で事業の開始をするのであればやはり慎重に行きたいところ。
そこで今回は、東京でフランチャイズ開業するメリット・デメリットと合わせて東京でおすすめのフランチャイズを5つ紹介します。
これらの内容は、フランチャイズ事業を成功させるために参考にしていただきたいことです。わかりやすくまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

知っておきたい知識を解説していきます。

目次

東京でフランチャイズ開業するメリット・デメリットは?

 東京でフランチャイズ開業するメリット
 
 東京でフランチャイズ開業するデメリット

東京でおすすめのビジネス

東京で開業できるおすすめのフランチャイズ5選

 買取専門ビジネス「おたからや」

 おそうじ本舗
 
 ほっともっと
 
 ドクターネイル・爪革命
 
 TOEベビーパーク

まとめ

東京でフランチャイズ開業するメリット・デメリットは?

ここでは、東京で開業するメリット・デメリットについて解説していきます。
東京ならではの特徴や、他の地域と比べて有利な点をしっかり確認してフランチャイズ開業を成功に導きたいところです。ひとつずつ説明していきます。

東京でフランチャイズ開業するメリット

東京でフランチャイズ開業するメリットは、大きく分けて3つあります。

・商圏が広いので集客がしやすい
・人材の確保がしやすい
・情報量が多い

くわしく解説します。

【商圏が広いので集客がしやすい】
東京は非常に商圏が広いことが特徴です。
交通の利便性が非常に高く、大きな街から大きな街まで移動するのにもそれほど時間はかかりません。この交通の利便性によって非常に広い範囲から顧客を呼ぶことも可能なのです。
また、お出かけスポットがあるようなところに出店すれば、さらに集客はしやすくなります。

【人材の確保がしやすい】
日本全体で考えても東京の人口は非常に多くなっています。
人口が多いということは、そのぶん優秀な人材も揃っているということ。
先ほど説明したように交通の利便性が良いことから、アルバイトや正社員であっても多方面からの人材の確保がしやすい地域です。

【情報量が多い】
起業や副業を行う際に重要となっているのは、いかにいい情報を多く取り入れるかです。東京は人口の多さに加えて、他の地域と比べ経済も発展しています。
そうなると、地方で開業するよりも比べ物にならないほど大きな情報が入ってくるもの。ビジネスはもちろん、経済関係やトレンドといった素早く情報を入手し、事業に活かすことも可能です。

東京でフランチャイズ開業するデメリット

いいことずくめのような東京でのフランチャイズ開業も、やはりデメリットはあります。
主なデメリットは以下の通り。

・家賃や人件費が高い
・競合が多い
・環境の変化が激しい

くわしく解説します。

【家賃や人件費が高い】
東京は地方と比べて家賃や人件費が高いことが特徴です。
東京のコストの高さは世界でもトップレベルで、それを原因に撤退する事業も多くなっています。
レンタルオフィスや居抜き店舗などの利用といったように、賃料を抑えるための工夫が必要です。とはいえ、そのような工夫をしても地方で授業を行うよりもコストは割高になってしましまいます。
やはり、十分な資金は事前に蓄えておくことが必要です。

【競合が多い】
先ほど説明したようなメリットは、やはり同業他社も感じているところです。
そうなると、必然的に同業他社との競争は激しくなってしまい、その競争に勝ち抜く覚悟や取り組みが必要となるでしょう。事業がヒットすればそれなりの地位は築けますが、ライバルの多さは認識しておくべきです。

【環境の変化が激しい】
ライバルが多ければ多いほど環境の変化は激しくなります。
同業他社も事業を継続させるために様々な研究開発を行っているもの。

そうなると、やはり変化は激しくなり、長期的な展望ははっきりと見えづらくなるケースも。日々環境の変化に対応していく大変さは覚悟が必要かもしれません。
その点では、東京よりも地方の方が見通しがよく仕事が軌道に乗せやすくなります。

東京でおすすめのビジネス

東京でビジネスを行っていくには、上記のようなメリットとデメリットを踏まえる必要があります。
具体的には、家賃や人件費を抑え情報量を活かしつつも、集客を行っていくことです。
例えば、広いスペースを必要としないまたは無店舗で開業できるような、極力家賃を抑えた事業も検討しましょう。

家賃という固定費は金額も多く、売上の発生に関係なくかかってくるものです。
つまり、なるべく家賃を抑え売り上げを最大化できるような事業選ぶとベターです。

さらに、固定費と同様に変動費である人件費も抑えなくてはいけません。
自分を含めスタッフをそこまで必要としなかったり、自分一人で開業ができたりするような事業の検討も必要です。
東京は人材の確保をしやすいので、アルバイトの雇用に力を入れたり繁忙期のみに人材を投入したり、といった工夫も必要です。
とはいえ、やはりビジネスの基本は顧客のニーズに応え売り上げを最大化すること。東京にはフランチャイズ本部も多く様々なチャンスがある反面、どのようなビジネスを始めればいいか迷ってしまうものです。
そこで次からは、東京の顧客ニーズがあるおすすめのフランチャイズ事業を紹介していきます。

東京で開業できるおすすめのフランチャイズ5選

ここからは厳選した東京で開業可能なおすすめのフランチャイズを5つ紹介します。

買取専門ビジネス「おたからや」

買取ビジネスは「いらなくなったものは売る」といった顧客ニーズに応えた事業のひとつです。近年の環境問題への意識の高まりから注目を集めています。

ブランド品や貴金属の買取販売は高値で取引されることも多く、なんと市場規模は15兆円を超えているのです。
また「買取専門」のため在庫リスクがなく、家賃が高い東京では小スペースで開業できることで固定費を抑えることができるので、利益が出やすく、粗利益は40%以上を実現することも可能なビジネスです。

買取ビジネスのフランチャイズの中でも「おたからや」は加盟出店数が業界No.1の実績があり、知名度が高いです。

開業資金は200万円からと他社と比べても、低資金で開業ができます。
買い取った商品は、店頭販売の他に即日換金や本部の買取などの販売手段があるので開業後の在庫リスクも抑えられます。

買取専門ビジネス「おたからや」の詳細を確認する!

買取専門ビジネス「おたからや」の詳細ページはこちら

おそうじ本舗

ハウスクリーニングサービスは、生活における悩みを解決する仕事。
「体力が落ちた」「仕事が忙しい」といった高齢者や共働き世帯の強い味方として近年需要が増している仕事です。
高齢化や女性の社会進出はこれからさらに増えていくでしょうし、同時にハウスクリーニングに対する需要も増えていきます。つまり将来性のある事業のひとつです。

また、都内は人件費が高いため「1人で開業できるビジネス」は利益が出やすくおすすめです。

ハウスクリーニング事業の大手フランチャイズである「おそうじ本舗」は無店舗で1人でも開業。仕入れが発生しないため営業利益70%という高利益率を実現しています。

「おそうじ本舗」の詳細を確認する!

「おそうじ本舗」の詳細ページはこちら

ほっともっと

高齢化や女性の社会進出の活発化に伴い、中食業の市場規模が拡大傾向にあります。
とはいえ、個人で飲食店の経営はなかなか難しいもの。
個人で始めるとなると、店舗のコンセプト・メニュー・人材確保といった部分に時間と費用をかける必要があります。
しかし、フランチャイズならノウハウとビジネスモデルが最初からありますし、都内で開業すれば集客や人材確保も地方で開業するよりはスムーズでしょう。

「ほっともっと」では、既に売上実績のある既存店を引継いで開業できるプランがあり、リスクを最小限に開業できることで人気のフランチャイズです。
さらに多店舗経営の支援制度などサポート体制も充実しているので、そういった本部が設けている支援制度をうまく活用することでも安定した経営が可能になります。

「ほっともっと」の詳細を確認する!

「ほっともっと」の詳細ページはこちら

ドクターネイル・爪革命

東京商圏は人が集まりやすく集客に困らない反面、どの業種においても競合が多い激戦区とも言えます。

そこで、ビジネスの戦略として「需要はあるが、まだ参入企業が少ないフランチャイズ」に注目すると一気に市場を独占できる可能性があります。

例えば、「ドクターネイル・爪革命」は高齢者の足爪のトラブルに注目し、日本では数少ないフットケアに特化したサービスを展開。
シニア層以外の幅広い年齢層でリピート率80%以上と、需要独占を可能にしています。
開業方法も店舗型、無店舗型が選択できるため、自分のプランに合わせて独立開業ができます。

「ドクターネイル・爪革命」の詳細を確認する!

「ドクターネイル・爪革命」の詳細ページはこちら

TOEベビーパーク

近年では教育ビジネス特に幼児教育のニーズが高まってきています。その背景には、2020年からスタートする小学校での英語プログラミングの必修化があります。
言うまでもなく、東京都でも深刻な問題となっている待機児童問題もフランチャイズとしての保育園ニーズへの後押しになっています。

「TOEベビーパーク」は6年間で全国に150教室スピード展開し、勢いに乗っている幼児教育施設ですが、注目すべき点はその独自のフランチャイズシステムにあります。

人材育成や教室運営にかかわる全ての業務を本部が完全代行する画期的なフランチャイズシステムにより、オーナーは教育業界未経験でも開業可能な上、副業としても取り組める点が他のフランチャイズとの違いです。

フランチャイズであれば知名度や信頼性が高い状態から始められるので、安定した経営も見込めます。大きな商品の仕入れや設備投資が不要であることも多く、高い利益率が見込めるビジネスでもあるのです。

「TOEベビーパーク」の詳細を確認する!

「TOEベビーパーク」の詳細ページはこちら

まとめ

今回は、東京でフランチャイズを開業するメリットとデメリット・おすすめのフランチャイズを紹介しました。フランチャイズのノウハウや運営のサポートといった部分に加え、東京ならではの物価の高さや競合の多さといったデメリットもあります。

東京でフランチャイズを成功させるには、それらの部分を踏まえてなるべく固定費や人件費を抑える必要があります。この記事を参考に東京で勝てるフランチャイズ事業を始めてみてはいかがでしょうか。

東京で開業できるフランチャイズを探す

東京で開業できるフランチャイズ一覧

公開日:2019年11月08日