沖縄でおすすめのフランチャイズ5選

最終更新日:2019年12月02日

28aac024e2889642

沖縄の主な産業といえば、観光客相手の観光業となっています。
一方で近年は沖縄に魅力を感じて移住者も増え、那覇エリアなどを中心に人口も増えてきました。

沖縄でお店を持つなど独立開業したいなら、観光で訪れる国内外からの多くの旅行者や移住してのどかに暮らすシニア世代、観光業で働く忙しい人たちに向けたサービスがおすすめです。
沖縄にてフランチャイズで独立開業を目指す場合にフランチャイズで開業するメリットとデメリット、おすすすめのフランチャイズをご紹介します。

目次

沖縄でフランチャイズ開業するメリット・デメリットは?

 沖縄でフランチャイズ開業するメリット

 沖縄でフランチャイズ開業するデメリット

沖縄でおすすめのビジネス

沖縄で開業できるおすすめのフランチャイズ5選

 TOSEI コインランドリー

 大黒屋

 産地直送居酒家『浜焼太郎』

 トータルリペア

 ガッツレンタカー

まとめ

沖縄でフランチャイズ開業するメリット・デメリットは?

沖縄にて個人でお店を開く場合や法人などを設立して事業を始めるより、フランチャイズに加盟して開業する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。
気になるデメリットも併せてご紹介します。

沖縄でフランチャイズ開業するメリット

沖縄は観光産業が盛んで、国内外から訪れる多くの旅行者や修学旅行生などがターゲットです。
近年では沖縄に魅力を感じて移住してくる人も増大しています。

那覇の中心部や那覇モノレールの沿線を中心に大型マンションやリゾートマンションが増え、若い世代からファミリー層、早期リタイアした人や定年退職して移住してくる人などが居住する新たな住宅街なども形成されてきました。

観光で訪れる国内外から旅行者や移住してのどかに暮らすシニア世代、移住してきて本土では当たり前だった都会的なサービスを求める人向けに全国展開しているフランチャイズは需要が期待できます。

また、駐留米軍基地があることから、地域によっては米軍向けのビジネスや日本滞在中のアメリカ人ファミリーのニーズを満たすビジネスやお店も豊富です。
沖縄はエリアにもよりますが、年間を通じて多くの旅行者などが訪れるため、独立開業したいならタイミングを逃さず、開業までの準備期間は短くしたいものです。

特に沖縄に憧れて移住したものの収入となる仕事がないといった方は、短期間で開業が可能なフランチャイズにメリットがあります。

沖縄は未出店のフランチャイズも多いため、本部によっては沖縄にどうしても1店舗は出したいと狙っているケースもあるため、手厚い起業支援が受けられるケースがあるのもメリットの1つです。

沖縄でフランチャイズ開業するデメリット

沖縄は年間を通じて温暖で、季節を問わず美しい海や琉球文化などを楽しめるため、基本的に観光客の閑散期はあまり心配はいりません。
もっとも、夏の海水浴シーズンに特に人が多いエリアなどに出店するという場合には、冬場などの利用客が減る時期のことも考えた出店計画や収益計画が必要です。

沖縄は台風が多い地域として知られていますが、実際の被害は本土に比べて大きくはありません。
ただし、飛行機の欠航や台風が近づいたという情報で旅行をキャンセルする人がいるのは事実です。
観光客向けのビジネスを行う場合には、年に数日程度はキャンセルに伴う損失リスクをあらかじめ念頭に置いた上で収益計画を立てましょう。

また、利用客のターゲットを観光客や移住者など新しい住民に置くのか、地域に土着の住民に置くのかでも、選ぶべきフランチャイズや戦略に違いが出ます。
沖縄に根差した住民はライフスタイルがのんびり志向で、かつ、食生活はアメリカンナイズなど生活習慣や食文化に違いがあるためです。

観光エリアでは沖縄の郷土料理などに人気が集まり、全国どこでも利用できる飲食フランチャイズはあまり需要が見込めないこともあります。
一方、地域の方向けに出店するなら、沖縄にはこれまでなかった珍しいフランチャイズが注目を集めることが少なくありません。

沖縄でおすすめのビジネス

沖縄は観光客や移住者など地域外からくる人が多いため、ビジネスのターゲット客をどう定めて、どのエリアに出店するかで選ぶべきフランチャイズが異なってきます。
地域を問わず安定経営が望みやすい飲食業のフランチャイズですが、沖縄の場合は多少状況が異なります。

観光客は沖縄料理や琉球料理、アメリカンスタイルの食事などを楽しみたいと思っているため、本土でも展開されているお店に入りたいとはあまり思いません。
一方、琉球大学など学生街や新たに形成された新興住宅街などであれば、本土で親しんでいた味が恋しくなるためメジャーな飲食フランチャイズでも成功できる期待が持てます。

観光客向けのフランチャイズを選ぶなら、レジャーやエンターテインメント関連、観光をサポートするレンタカーやレンタサイクルをはじめ、各種のレンタルサービスなどが向いています。
一方、本土から進学や就職、転勤などでやってくる学生さんや転勤族、沖縄でしばしのロングバケーションを楽しむ長期滞在者向けにコインランドリーなどの生活利便サービスもおすすめです。

沖縄で生まれ育った方など土着の住民も含めた層をターゲットにしたいなら、沖縄にはまだないお店やサービス、まだ出店数が少ないフランチャイズも適しています。
沖縄初出店となれば話題性もあって、オープン初日から多くの地域の人が集まってくる期待も持てます。

フランチャイズ本部としても、地域初出店となれば、特に力を入れてサポートしてくれるので安心の起業や運営ができるのもメリットです。

沖縄で開業可能なフランチャイズ5選

では、具体的にはどのようなフランチャイズを選べばいいのでしょうか。
沖縄で開業可能で、かつ、観光客や移住者、地域土着の方のニーズに合うおすすめのフランチャイズ5選をご紹介します。

TOSEI コインランドリー

洗濯機なんてどの家でもあるからニーズがないように思えますが、最近は全国的にコインランドリーへの需要が増しています。
布団など大きなものも洗える、雨の日や梅雨時期でも乾燥までしてくれるのが便利だからです。

TOSEI コインランドリーは、最先端の業務用洗濯乾燥機の導入で、短時間で利用ができると、利用客の心を掴んでいるフランチャイズです。

コインランドリーは店舗に人が常駐する必要もなく、無人で経営ができるので開いている土地や建物の有効活用にもなります。
観光業だけでは収入が足りない方の副業、定年退職後の移住者の年金補填にも有効です。
コインランドリービジネスの売上は地域や風土によっても異なるため、本部が成功実績をもとに出店場所や出店形態に見合った店舗構成や収支計画を提案してくれるのもメリットです。

「TOSEI コインランドリー」の詳細を確認する!

「TOSEI コインランドリー」の詳細ページはこちら

大黒屋

大黒屋は、全国展開して知名度も高い買取ビジネスのフランチャイズです。
ブランド品や金券など出店エリアなどに合わせた買取ニーズに対応できます。
沖縄に移住してきた新たな住民からのブランド品や高級品などの買取ニーズが期待できるほか、中国や韓国から来た旅行者のブランド品の買取や購入ニーズも期待できます。

沖縄とアジア圏は近いため、購買意欲も旺盛な中国人の観光客が多いです。
そのため、買取だけでなく、買い取った品を店頭販売で捌きやすく収入の柱にできるのも魅力です。
また、旅行客やビジネス出張客などが予定変更で航空券の買取や購入を希望して訪れる需要も見込めます。

「大黒屋」の詳細を確認する!

「大黒屋」の詳細ページはこちら

産地直送居酒家『浜焼太郎』

飲食業に興味があるけれど、食べることは好きでも調理のスキルがないといった方やスタッフを集められるかが不安という方におすすめのフランチャイズです。

お店が用意した新鮮な食材を来店客が自ら調理して食べるセルフクックの新しいスタイルの居酒屋なので、観光向けの沖縄飲食店ではないものの、珍しさもあって地域の方も含めた集客が期待できます。

産地直送居酒家『浜焼太郎』はセルフクックなので調理の専門技術も必要もなく、厨房スタッフも少人数で済みます。
ホールとオペレーションを兼ねることもできるので、人手不足の時代にも安心の運営ができます。
人手不足は全国的な問題ですが、沖縄も例外ではありません。

「産地直送居酒家『浜焼太郎』」の詳細を確認する!

「産地直送居酒家『浜焼太郎』」の詳細ページはこちら

トータルリペア

トータルリペアはさまざまなリペア技術を身に付け、手に職をつけた職人として独立できるフランチャイズです。
出張サービスが基本なので店舗を持つ必要もなく、低コスト運営ができ、スタッフを雇わず、1人で運営できるのも魅力です。
沖縄に移住して1人で何か始めたいといった方にも向いています。

習得可能な技術はホイールリペア・インテリアリペア・住宅&サッシリペア・ デントリペア・マニキュアコートの大きく5種類です。
個人客や一般家庭だけでなく、ディーラーなどの業者やホテルや店舗などの事業者もターゲット客になるため、上手に営業をかけることで幅広い需要を取り込めます。

「トータルリペア」の詳細を確認する!

「トータルリペア」の詳細ページはこちら

ガッツレンタカー

ガッツレンタカーは中古車を活用した格安レンタカーとして、利用客から人気を集めています。
一般的なレンタカーが数時間から数日程度の短時間、短期間利用をターゲットにしているのに対し、24時間の格安プランを筆頭に3日〜1年未満の中長期のニーズを狙ったフランチャイズです。

沖縄は生活はもちろん、観光にも車が必須の地域です。
しかも、飛行機でわざわざやってくるので、最低でも3日程度、多くの人が5日から10日のバカンスを楽しむ方や夏休み1ヶ月間のロングステイや期間を定めない一時滞在などをする方も少なくありません。
つまり、ガッツレンタカーのターゲット客が多い地域なので、同じレンタカービジネスでもおすすめのフランチャイズになります。

「ガッツレンタカー」の詳細を確認する!

「ガッツレンタカー」の詳細ページはこちら

まとめ

沖縄は主な産業が観光であり、年間を通じて国内外から多くの旅行者が訪れます。
また、沖縄に魅力を感じて移住者が増え、ロングステイを楽しむ方も少なくありません。
こうした地域的な環境を踏まえて、フランチャイズを選ぶのがおすすめです。

フランチャイズでの開業は個人で一から開業するよりも、最初から知名度が高く、すぐに集客が望める上、経営ノウハウが丸ごと手に入るのがメリットです。

経営が初めてという方も成功確率が高まり、開業までの準備期間も短期間で済みます。
出店したい地域のニーズを見誤る場合や競合店との競争というデメリットがあるものの、フランチャイズ本部のサポートが充実していれば、成功の道が開けます。

沖縄で開業できるフランチャイズを探す

沖縄で開業できるフランチャイズ一覧

公開日:2019年11月13日