フランチャイズで始める「たこ焼き屋」経営とは?低資金で自分のお店を持ちたい方におすすめです。

公開日:2016年02月23日
501a400d523e1b81

食い道楽の街、大阪で発祥し、今や全国的な人気料理となった、たこ焼き。

お祭りやイベント会場で見つけると、ついついその場で買って食べてしまいますが、
「どれくらい儲かるのか?」と、経営について考えたことがある方も多いと思います。

ここでは、たこ焼き屋のフランチャイズ開業に関するメリット、デメリット、開業資金などについてや、他の業種との比較から、たこ焼きフランチャイズの特徴を紹介します。

目次

1. フランチャイズで始めるたこ焼き屋経営とは?

 1-1. たこ焼き屋のフランチャイズのメリット・デメリット

 1-2. 開業資金・ランニングコストについて

 1-3. 本部のサポートについて

2. たこ焼き屋のフランチャイズと他の飲食業との比較

 2-1. たこ焼き屋のフランチャイズとラーメン屋の比較

 2-2. たこ焼き屋のフランチャイズとカフェの比較

3. たこ焼き屋のフランチャイズと他業種との比較

 3-1. たこ焼き屋のフランチャイズとマッサージの比較

 3-2. たこ焼き屋のフランチャイズとハウスクリーニングの比較

4. まとめ

1. フランチャイズで始めるたこ焼き屋経営とは?

フランチャイズでたこ焼き屋を始める場合のメリット・デメリットは何か?開業する際の魅力と問題点を解説。開業資金やランニングコストの特徴や、本部のサポートについてなど、たこ焼きフランチャイズについて幅広くご紹介します。

1-1. たこ焼き屋のフランチャイズのメリット・デメリット

たこ焼きフランチャイズのメリットは、小さなスペースで開業できるため、開業資金を抑えることができるという点。(100〜400万円程度)

ロードサイド、フードコート、イベント会場など、様々な形態で出店することができます。また、車を使った移動販売型での開業も可能です。

フランチャイズで始めることのデメリットとしては、契約によってFC本部から規制を受けることです。

例えば、より良い食材やメニューを見つけて、オリジナルアイテムで勝負したいと思っても、FC本部からの仕入れ・メニュー構成を守る必要がある場合があります。

しかし、ゼロから始める場合に比べて、フランチャイズ本部が確立した「売れる味」を、安定的にお客さんに提供できます。

開業初日から成功事例のある「売れる」味で勝負することができるのです。

1-2. 開業資金・ランニングコストについて

たこ焼きフランチャイズが選ばれる理由の一つが、開業資金とランニングコストが低い点です。

■店舗型の場合

店舗を立てた場合でも、少ない坪数で開業でき、調理器具等も比較的安価です。

テイクアウト専門店にすれば、たこ焼きを焼くスペースのみしか必要がないため、狭小な坪数でも開業できます。

■移動販売型の場合

調理器具を含めた移動販売車を購入すれば、その後の家賃等の維持費は最小限となります。
イベント出店や、駅前での販売もしやすくなり、地域特性に応じた自由度の高い運営ができます。

また、ランニングコスト(開業後に毎月必要になる費用)の面でも、低く抑えられるのが特徴です。

自分一人で開業するスタイルを取れば、人件費はゼロ。省スペースで開業できるので、家賃・高熱費などの固定費も、小さくなります。

原材料は、小麦粉を中心とした安価なものになるので、原価率は低く抑えられ、在庫購入にあたっての資金繰りもしやすい業態です。

実際にどれくらい低いのかというのかイメージしにくいかもしれません。
そんな場合は他の飲食店と比較してみてください。

一般的な飲食店ではどれくらいかかるのか比較してみる

1-3. 本部のサポートについて

フランチャイズに加盟する大きなメリットは、フランチャイズ本部からのサポートが受けられる点です。

開業前には、調理・接客のノウハウを習得できる研修が行われるので、未経験からでも、たこ焼き屋の経営に挑戦することができます。

また、開業後は、スーパーバイザー(店舗巡回指導員)による定期的な訪問があり、味や接客についてのアドバイスも受けられます。

開業後の集客の面でも、チラシ作成や、新商品の開発など、継続的な話題作りや品質向上の恩恵を受けられます。

ただし、フランチャイズ本部によって、開業前後のサポート体制は異なります。できるだけ複数のフランチャイズ本部の話を聞くことで、「自分の求めるサポートは何か?それが受けられそうか?」を、よく確認しましょう。

2. たこ焼き屋のフランチャイズと他の飲食業との比較

他の飲食業と比較することで、たこ焼きフランチャイズの特徴を更に深掘りしていきましょう。

「自分はどの視点でフランチャイズを選ぼうか?」「自分には合っているか?」といったことを考えるための参考にしてみてください。

ラーメン業態とカフェ業態を例に、たこ焼きフランチャイズを比較します。

2-1. たこ焼き屋のフランチャイズとラーメン屋の比較

駅前に出ると、必ずと言って良いぐらい見かけるラーメン屋。ラーメンが嫌いな日本人はいないと言われるほど、日本人に人気の国民食ですが、フランチャイズで開業できる業態としても、人気の高いビジネスです。

ラーメン屋のフランチャイズは、他のレストラン等の大型の店舗を持つ必要のある業態と比べ、物件・厨房設備を含めた開業資金は低く、メニューも比較的シンプルなので、人件費も少なく抑えられる業態です。

たこ焼き屋のフランチャイズは、ラーメン屋よりもさらに低コスト。メニューはたこ焼きのみのため、厨房設備・運営オペレーションは限りなくシンプルになり、人件費を含めたランニングコストも、最小限で運営できます。

リスクを抑え、低資金での独立開業が実現できるのが、たこ焼き屋のフランチャイズです。

ラーメン屋FCを見てみる

2-2. たこ焼き屋のフランチャイズとカフェの比較

同じ飲食業と言っても、たこ焼き屋とカフェには、お客さんの求めるものに大きな違いがります。

コーヒーを飲みながら、店内でくつろいだり、作業をしたりする時間を提供するカフェに対して、たこ焼き屋は、たこ焼きそのものの味や、手軽にお腹を満たすことができるという価値をお客さんに提供しています。

自分が作った商品がその場で直接消費され、お客さんの喜びの表情を感じることができるのが、たこ焼き屋の醍醐味ともいえるでしょう。

また、開業資金面でも大きな違いがあります。広い店舗と椅子・机などの備品が必要なカフェに比べて、省スペースで設備も最小限でOKのたこ焼き屋のフランチャイズは、カフェ開業に比べ低資金で開業することができます。

カフェFCを見てみる

3. たこ焼き屋のフランチャイズと他業種との比較

たこ焼きフランチャイズを他業種と比較してみることも重要です。ここでは業種がまったく異なるマッサージ店やハウスクリーニングと比較することで、それぞれの特徴について考えてみます。

3-1. たこ焼き屋のフランチャイズとマッサージの比較

マッサージのフランチャイズは、「一人でも」「省スペース」で開業できるという点で、たこ焼き屋のフランチャイズと似ている部分があります。

しかし、お客さんとの接し方の面で、大きな違いがあります。

マッサージの場合、一人あたりの長い接客時間の中で、いかにリピート(再来店)していただける信頼を作れるかが最も重要です。

それに対したこ焼き屋は、一回の接客の時間は短いものの、通りすがりや購入を迷っている方に対して、いかに興味を持ち購入してもらえるかが重要です。

自分の性格や、これまでの経験を振り返り、どのような接客スタイルの商売が向いているか、振り返ってみるのがおすすめです。

マッサージFCを見てみる

3-2. たこ焼き屋のフランチャイズとハウスクリーニングの比較

ハウスクリーニングは、掃除に関する幅広い技術、たこ焼き屋は、たこ焼きを焼く技術と、どちらも専門的な技術を身に付けられる「手に職」ビジネスです。

通常、自宅を事務所にするなど、「無店舗」で開業するハウスクリーニングに対して、たこ焼き屋は、店舗を構えて開業できます。

「自分のお店を持ちたい」そんな想いを持つ方には、低資金で自分の店舗をもてる、たこ焼き屋のフランチャイズが向いているといえます。

ハウスクリーニングFCを見てみる

4. まとめ

たこ焼き屋のフランチャイズについて、開業資金をはじめ、ランニングコストや接客などについて、ご紹介しました。

「自分のお店を持ちたい」「低資金で少ないリスクで開業したい」「手に職を付けたい」という方におすすめのビジネスです。

たこ焼き屋のフランチャイズ一覧はこちら

この記事を読んだアナタにおすすめ

ラーメンフランチャイズで開業するには?他業種と比較した資金、特徴とは

日本の国民食「カレー」のフランチャイズとは?

フランチャイズで実現できる「パン屋」開業についてご紹介します

低資金で独立開業できる!移動販売フランチャイズとは?

フランチャイズの意味を知る!本部と加盟店の役割りの違いとは?