2,000~2,999万円で独立・開業できるフランチャイズとは?

公開日:2020年08月18日

4f8f1af2c10d532b

2,000~2,999万円の予算のフランチャイズでは、どのような特徴のある業種を選択できるでしょうか。

今回は、2,000~2,999万円で始められるフランチャイズの割合や業種一覧、業種別の特徴など、独立・開業前に知っておきたい情報をまとめました。おすすめのフランチャイズ情報もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

2,000~2,999万円のフランチャイズとは

2,000~2,999万円で始められる業種一覧

2,000~2,999万円で始められるおすすめのフランチャイズ

予算別フランチャイズ一覧

2,000~2,999万円のフランチャイズとは

2,000~2,999万円で始められるフランチャイズとは何なのか、フランチャイズ比較ネットで取り扱いのある案件全体の中での割合や、業種の特徴などを紹介します。

案件全体の中の割合

案件全体の中の割合

2,000~2,999万円のフランチャイズは、全体の約15.4%を占めています。
0~2,999万円の案件のなかで1番割合が高い価格帯です。

2,000~2,999万円で始められる業種の特徴

2,000~2,999万円で始められる業種の売上規模は、1ヵ月あたり85~3,172万円程度です。

小売やサービス、飲食が主な業種となり、店舗を構えるケースがほとんどです。
初期費用は主に加盟金、保証金、物件取得費、内外装費、研修費、広告費などが挙げられます。特に物件取得費については、開業する立地や店舗の大きさによりかかる初期費用が大きく変わるので、事前によく確認することが必要です。

どの本部でも、開業前の物件選びや立地調査、事前研修、集客支援など充実したサポートが整っているので安心してチャレンジできます。

2,000~2,999万円で始められる業種一覧

2,000~2,999万円で始められる業種は、以下の通りです。

カテゴリー 業種名
小売 買取・リサイクルショップ・古着屋
サービス 介護・デイサービス・訪問看護
コインランドリー
フィットネス・ジム・スポーツ
海外FC サービス
飲食 焼肉
パン・スイーツ
海外FC 飲食

特にサービスと飲食の業種が多く、飲食では上記以外に唐揚げや牛カツ専門店、焼き鳥のフランチャイズ本部があります。また、サービス、飲食ともに海外のフランチャイズ本部もあります。

買取・リサイクルショップ・古着屋

買取・リサイクルショップ・古着屋ビジネスは、消費者の節約志向や環境問題への意識の高まりなどによって年々需要が拡大しており、フランチャイズでも人気があります。
金・貴金属・ブランド品や家具・家電、衣料・服飾品などジャンルもさまざまですが、専門的な資格を持っていなくても始めることができるビジネスです。

メリット・デメリット

買取・リサイクルショップ・古着屋フランチャイズは、本部の知名度を活用できるだけでなく、小売業の多くが悩みを抱える在庫リスクを抑えられることがメリットとして挙げられます。売れない商品を本部が買い取ったり、インターネットを活用して在庫の回転率を上げたりなどの対策をとっている本部も多いので、在庫リスクの低い経営が可能です。

一方で、フランチャイズでも人気の高いビジネスのため競合が多く、近くに同じような店舗ができてしまうケースも珍しくありません。

2,000~2,999万円の費用の内訳

2,000~2,999万円の費用の内訳_買取・リサイクルショップ・古着屋

2,000~2,999万円で始められる買取・リサイクルショップ・古着屋フランチャイズの『質屋かんてい局』を例に挙げると、費用の内訳は加開業支援、本部教育料、店舗工事、宣伝広告代、備品代、防犯カメラ費用、商品代などとなっています。
物件により初期費用は異なりますので事前によく確認しましょう。

買取・リサイクルショップ・古着屋で独立・開業できるフランチャイズはこちら

介護・デイサービス・訪問看護

高齢化社会の日本になくてはならない、介護・デイサービス・訪問看護ビジネス。
医療に関する専門知識を必要とするため、ノウハウやサポートの提供が受けられるフランチャイズで開業を検討する方も多いです。

メリット・デメリット

介護・デイサービス・訪問看護フランチャイズの最大のメリットは、開業のハードルが個人で始めるより低いということです。専門的な知識やノウハウやサポートを受けながら独立を目指すことができるので、未経験者でもチャレンジしやすいです。
また、介護保険や医療保険の対象となるサービスの場合、保険団体から報酬が入金されるので、未回収が起きにくいというメリットもあります。

一方、医療従事者の人手不足が深刻化しているため人材確保が難しいことや、有資格者の雇用により人件費が高くなる傾向にあることが、介護・デイサービス・訪問看護フランチャイズのデメリットとして挙げられます。

2,000~2,999万円の費用の内訳

2,000~2,999万円で始められる介護・デイサービス・訪問看護フランチャイズの『はぐくみ弁当』を例に挙げると、費用の内訳は加盟金、設備投資費などとなっています。
物件により初期費用は異なりますので事前によく確認しましょう。

介護・デイサービス・訪問看護で独立・開業できるフランチャイズはこちら

コインランドリー

コインランドリーは、ライフスタイルの変化とともに利用者が年々増加傾向にあります。最近では清潔感のある明るい雰囲気のコインランドリーが増え、女性客や外国人にも気軽に利用されるようになってきました。
土地の有効活用のためにコインランドリー経営を検討する人も増えていて、ノウハウやサポートを提供してもらえるフランチャイズを検討される方も多いです。

メリット・デメリット

コインランドリーフランチャイズのメリットは、本部の知名度を活かして開業時から安定した集客ができることです。
また、コインランドリーは基本的に常駐する必要のない無人店舗が多いため、時間を有効に使えるため副業に適しています。清掃や問い合わせ対応、集金などは必要ですが、これらの対応もフランチャイズに加盟することで軽減できる場合があります。

デメリットとしては、設備機器の導入に高額な費用がかかるため、初期費用が高くなります。また、本部のルールに従う必要があるため、オーナー独自の店舗づくりは難しいことが挙げられます。

2,000~2,999万円の費用の内訳

2,000~2,999万円の費用の内訳_コインランドリー

2,000~2,999万円で始められるコインランドリーランチャイズの『ふんわりキレイランドリーフルーフィー』を例に挙げると、費用の内訳は加盟金、設備機器、工事費、販促費などとなっています。
物件により初期費用は異なりますので事前によく確認しましょう。

コインランドリーで独立・開業できるフランチャイズはこちら

焼肉

焼肉はファミリー層からお一人様まで幅広い客層に人気のある飲食業です。日本では多くのブームにより年々需要が増加しています。
また、客単価も高く、一度気に入るとリピートされることも多いため、安定した経営が見込めます。本部サポートを受けながら開業できるフランチャイズなら、初心者でもチャレンジしやすいです。

メリット・デメリット

焼肉ランチャイズのメリットは、すでに本部が蓄積している店舗運営のノウハウやサポートを受けられることです。焼肉の調理技術などに不安のある初心者でも、効率的な研修で店舗の開業までに安心して技術を取得することができます。また、開業する店舗の立地や設備の選定、集客も本部のサポートでスムーズに開業できます。

一方、デメリットとしては、加盟金やロイヤリティの支払いが生じることです。また、本部のルールに従う必要があるため、自由な経営が難しくなることが挙げられます。

2,000~2,999万円の費用の内訳

2,000~2,999万円の費用の内訳_焼肉

2,000~2,999万円で始められる焼肉フフランチャイズの『牛繁』を例に挙げると、費用の内訳は加盟金、保証金、設備投資、開業費などとなっています。
別途物件取得費などかかるため、初期費用については事前によく確認しましょう。

焼肉で独立・開業できるフランチャイズはこちら

パン・スイーツ

高級食パンやパンケーキ、タピオカドリンクをはじめ、勢いが止まることがないパン・スイーツブーム。
スイーツ男子の増加など、まだまだ潜在的なニーズが隠れている市場のため、今後も成長が期待できます。

メリット・デメリット

子どもから大人まで年齢や性別を問わず人気のパン・スイーツは、幅広い層の集客により安定した経営が実現しやすいです。
また、フランチャイズに加盟することによって本部の知名度を活かした集客が可能なので、開業直後でも一定の集客が見込めます。手厚いサポートが受けられることから、未経験者でも安心して開業できるという点もメリットの一つです。

本部の知名度が活かせる一方で、本部や他の加盟店が万が一不祥事を起こした場合、悪い影響を受けやすいというデメリットもあります。また、競合が多いことや、流行の移り変わりが速く常にトレンドを把握しておく必要があるという点も十分に理解しておきたいところです。

2,000~2,999万円の費用の内訳

2,000~2,999万円の費用の内訳_パン・スイーツ

2,000~2,999万円で始められるパン・スイーツフフランチャイズの『JACK IN THE DONUTS』を例に挙げると、費用の内訳は加盟金、保証金、研修費、サポート費、内装工事費、厨房設備費などとなっています。
物件により初期費用は異なりますので事前によく確認しましょう。

パン・スイーツで独立・開業できるフランチャイズはこちら

海外フランチャイズ サービス・飲食

日本の食文化を海外へ発信するため、海外展開する日本のフランチャイズ事業は増えています。反対に、日本へ発信される海外のフランチャイズ事業も多くあります。

海外のフランチャイズは、日本初上陸の場合注目を集めることも多く、特に海外フランチャイズの飲食はメディアに取り上げられやすい傾向があり、開店時から多くの集客が見込まれます。

メリット・デメリット

海外フランチャイズの共通するメリットは、世界各国での成功事例をもとに経営できることです。すでに各国で展開された技術、ノウハウ、サポート体制が整っているので安心して開業することができます。

デメリットとして挙げられることは、海外フランチャイズに限りませんが本部や世界各国の加盟店などで万が一不祥事が起きた場合に影響を受けやすい点が挙げられます。

2,000~2,999万円の費用の内訳

2,000~2,999万円で始められる海外フランチャイズでは費用の内訳が公表されていません。詳細は、フランチャイズ本部の資料を請求するまたは、直接問い合わせるなどして確認しましょう。

海外FC サービスで独立・開業できるフランチャイズはこちら

海外FC 飲食で独立・開業できるフランチャイズはこちら

2,000~2,999万円で始められるおすすめのフランチャイズ

質屋かんてい局

質屋かんてい局

『質屋かんてい局』は買取・販売のほかに質屋として質預かりによる利息収入を得られるフランチャイズ本部です。開業支援金、本部教育料、店舗工事、宣伝広告代、備品代、防犯カメラ費用、商品代500万など含めて約2,930万円の初期費用で開業できます。法人を対象としたフランチャイズ加盟店を募集しています。

質預かりとは、品物を預けてもらう代わりにお金を融資することで、金利が高く、貸し倒れのリスクもないため、一定の利息収入を得られ安定した経営を目指せます。

『かんてい局』ではリユースビジネスのノウハウがつまった高品質の研修とマニュアルが用意されているので競合との差別化もしやすいです。

質屋かんてい局について詳しく見る

質屋かんてい局の資料をもらう

はぐくみ弁当

はぐくみ弁当

『はぐくみ弁当』は宅配弁当と障碍者雇用を組み合わせたビジネスモデルを展開するフランチャイズ本部です。加盟金、設備投資費など含めて約2,000万円の初期費用で開業できます。

『はぐくみ弁当』のフランチャイズ本部では、もともと全国で企業向けに宅配弁当を展開していたのでノウハウとしっかりとしたサポート体制が整っています。お弁当の利益に加えて、障害者雇用により国から支給される給付金によって売上・利益を上げ続けていくストック型ビジネスのため、安定した経営が可能です。また、地域で雇用を生むことができるので、経営しながら社会に貢献できます。

はぐくみ弁当について詳しく見る

はぐくみ弁当の資料をもらう

ふんわりキレイランドリーフルーフィー

ふんわりキレイランドリーフルーフィー

『ふんわりキレイランドリーフルーフィー』は安定成長中のマーケットであるコインランドリーのフランチャイズ本部です。加盟金、設備機器、工事費、販促費など含めて約2,500万円の初期費用で開業できます。

『ふんわりキレイランドリーフルーフィー』では、コインランドリーの成功要因ともいえる出店場所について、本部の独自ノウハウにより最適な物件を提案が可能です。開業までの店舗準備、販促活動からオープン後の店舗運営まで本部が代行してくれるため、未経験でも安心して開業できます。

ふんわりキレイランドリーフルーフィーについて詳しく見る

ふんわりキレイランドリーフルーフィーの資料をもらう

牛繁

牛繁

『牛繁』は、カジュアル焼肉として炭にこだわった炭火焼肉のフランチャイズ本部です。加盟金、保証金、設備投資、開業費など含めて約2,100万円の初期費用で開業できます。物件取得費は別途かかりますので事前によく確認しましょう。

『牛繁』では、これまでに蓄積された運営ノウハウにより、競合と差別化した店舗経営が可能です。ファミリーレストランや居酒屋の需要を取り入れ、さまざまな客層に指示されています。また、マニュアル化されたオペレーションと充実した教育研修システムが整っているので、調理技術のない未経験者からの独立でも安心です。

牛繁について詳しく見る

牛繁の資料をもらう

予算別フランチャイズ一覧