在宅の副業で人気な「データ入力」ってどんな仕事?未経験でも稼げる?

最終更新日:2022年07月27日

Header pc 6b2f56aa723876e8 1658906780

在宅で手軽に稼ぎたい人にとって気になるのが「データ入力」の仕事ではないでしょうか。データ入力の仕事とはどのような仕事で、いくらくらい稼げるのか知りたいところです。また、未経験者でも行えるかについても気になります。

この記事ではデータ入力の仕事について概要や難易度、平均報酬額、始め方などを解説していきます。

副業で稼げるフランチャイズを探す

目次

データ入力の仕事とは

在宅でできるデータ入力の副業で稼げる目安

データ入力の副業に必要なスキル

在宅でデータ入力の副業を始めるメリット

在宅でデータ入力の副業を始めるための準備

在宅でできる副業「データ入力」についてまとめ

データ入力の仕事とは

データ入力の仕事とは

データ入力は、指定された通りに文章や数字をパソコンで入力する仕事です。本業でWordやExcelを使って作業をしたことがある人であれば、決して難しい仕事ではありません。さまざまな副業案件と比べても難易度は低めです。

入力する内容としては製品の売上伝票の記録、紙で取り交わされた契約書、情報や名刺、手書きのアンケートの回答などがよくあるようです。
仕事の発注者から元の書類やメモの画像、音声などが送られてくるので、それを見ながら正確に入力していきます。

在宅でできるデータ入力の副業で稼げる目安

在宅でできるデータ入力の副業で稼げる目安

データ入力の副業は文字数または件数によって収入が決まります。単純に文字を入力していくだけのものは文字単価で計算され、判断が必要なものは1件いくらで計算されることが多いようです。データ入力の収入の目安は以下のようになっています。

  • 文字単価 1文字0.1円~1円
  • 件数での計算 1件10~50円

収入を増やすにはできるだけ多くの文字数を入力する必要がありますが、ミスが多い場合には戻されて入力し直さなければならなかったり、二度と仕事の依頼がこなかったりするので注意してください。

データ入力の副業に必要なスキル

キーボードで入力するタイピングのスキルがあれば問題ありません。ただし、早く打てるほうがより多く稼げるようになります。キーボードを見ずに打てるブラインドタッチができるとなお良いでしょう。

文章や数字を正確に素早く読み取る力や、予測変換を活用しながら要領よく入力できると、仕事が早くなります。

在宅でデータ入力の副業を始めるメリット

データ入力の仕事を在宅ですることには、さまざまなメリットがあります。さまざまな種類がある副業の中から、データ入力を選ぶ良さについて見ていきましょう。

未経験でも始められる

データ入力の仕事は、高度なスキルや知識、資格を必要としないため、未経験から誰でも始められるというメリットがあります。特別なスキルがない人が副業をしようとすると、どうしても外で働くイメージがありますが、データ入力であれば、未経験者でも在宅で働くことが可能です。

プログラミングやWebデザイナーなども在宅の副業案件が多く見つかる仕事ですが、ある程度の経験や経歴、知識を必要とします。しかし、データ入力は誰でもできるうえ、すぐに作業に慣れることから、未経験でも可とする案件が豊富にあります。

あらためて勉強をする必要もなく、思い立ったらすぐに始められるというのがデータ入力の魅力です。

時間や場所に囚われずに働ける

データ入力の仕事はパソコンさえあればできるので、時間や場所を選ばずに働けます。締め切りさえ守れば1日に働く時間の制約がないため、本業の空いている時間を有効活用できます。

深く考えずにさくさくと作業が進められる仕事が多いため、だらだらと長時間働くことなく、作業の終わり時間を読みやすいという魅力もあります。「〇時から出かけたい」というときにも、それに合わせて働けます。

場所についてもノートパソコンを使用していれば、自宅や外出先のどんな場所でも作業ができます。ただし、社外秘のデータや個人情報を扱う場合もあるため、パソコンを家から持ち出す際には情報の流出に十分な注意が必要です。

業務量を調節しやすい

自分の都合やライフスタイルに合わせて業務量を調整できるのも魅力です。

データ入力は単発の仕事も多いため、月の予定を考えて「時間に余裕がありそうだ」という日に仕事を入れられます。週1日~、1日4時間~でOKという求人も多く、短時間のみで働くことも可能です。

慣れないうちは練習のつもりで、少しの量だけ引き受け、慣れてタイピングのスピードがあがってきたら業務量を増やしていくのも良いでしょう。

週払い可としているところもあるので「今月は家計費がピンチ」というときや、夏休み前に旅行代を稼ぎたいときなどに、多く引き受けるという手もあります。

人間関係のストレスがない

在宅でデータ入力の副業をする場合、基本的に1人で在宅勤務することになるので、人間関係のストレスを避けられます。

上司や顧客に気を使うこともなく、仕事中にほかの人に気を取られることや、余計な仕事を頼まれることもありません。集中がとぎれないため、自分のペースで効率良く仕事を進められます。

仕事の発注者とのやりとりも、大抵はメールかチャットシステム、ZOOMなどでの、必要最低限のやりとりで済むので、感情的にぶつかることもほぼありません。

疲れたと思ったら自分のタイミングで、飲み物を用意したり、買い物に出たりすることもできます。

とくに、本業で人間関係に気を遣う職場に勤めている人におすすめの仕事です。

## 在宅でデータ入力の副業を始めるデメリット
ほかの仕事と同様にデータ入力の仕事にもデメリットがあります。始めてから「こんなはずじゃなかった」とならないように、あらかじめデメリットも知った上で取り掛かるようにしましょう。

単価が低いので稼ぎにくい

データ入力の仕事は一般的に、単価が高くありません。たとえば名刺情報を入力する仕事の場合、1枚10円程度ですが、1枚に1分かけたとすると1時間で600円です。現在、アルバイトの最低賃金は低い県でも821円(2022年7月22日現在)のため、アルバイトに出たほうが稼げるということになります。

「家計費を少しでも余裕をもたせたい」「月に1回くらいはちょっとぜい沢な食事をしたい」「貯金をしたい」など副業をしたい理由はさまざまですが、達成できないとモチベーションの低下につながります。まずはいくら稼ぎたいのか目標を立て、達成が可能かどうか計算してみてください。
### 肩こりや疲れ目になる恐れがある
パソコンに長時間向き合うと、同じ姿勢が続くことから肩こりや腰痛を起こすことがよくあります。ひどくなると頭痛がしてくる場合もあります。

またパソコンに向かって常に目のピントを合わせようとしていると、目の周りの筋肉を酷使して疲れ目になりやすいと言われています。パソコンの光により目が乾いたり、ちらつきを感じたりする人もいます。

集中をしてしまうと何時間も作業をしてしまうときがありますが、仕事の途中で適度に休憩をはさみ、軽い運動や、遠くを見るといったことをする必要があります。ストレッチやセルフマッサージで体をほぐすのもおすすめです。

単純作業が苦手だと退屈に感じる

長時間繰り返しの作業になるため、単純作業が苦手な人だと退屈に感じるかもしれません。データ入力の多くは似たような書類を何枚分も打ち込むことになります。途中で飽きたり、眠くなってしまったりすることはよくあることです。集中力も途切れやすくなり、ミスが発生する可能性もあります。

長時間、家のなかにこもるため、外に出るのが好きな人の場合は、ストレスが溜まる可能性があります。

締め切りに支障がない程度に、散歩や運動などで気分転換するのが、長時間の作業をするコツです。

また、次の書類は〇分以内に終わらせる、〇分〇秒ぴったりに入力し終えるなど、目標を立て、ゲーム感覚で作業をしてみるのも良いかもしれません。

スキルアップには繋がりにくい

スキルアップを望むのであれば、データ入力はむいていません。キーボードの入力は早くなりますが、多くが単純作業のため転職に役立つような仕事上の知識やスキルは身に付きにくいと考えられます。

データ入力の仕事は、あくまでも空いた時間の有効活用程度の気持ちでいたほうが良いでしょう。

ただし、コールセンターや事務系のアルバイトでもキーボードが打てる人を歓迎としている求人もあるので、やっておいて損ということはありません。もしスキルアップを望のであれば、データ入力でWordやExcelなどのMicrosoft Officeのソフトに慣れながら、パソコンを扱うスキルを証明できるマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)などの資格を取得しても良いかもしれません。

在宅でデータ入力の副業を始めるための準備

在宅ワークとしてデータ入力の仕事をするためには、何を用意する必要があるのでしょうか。また、どのようにして仕事を獲得すれば良いのでしょうか。

実際にデータ入力の副業をするための手順について紹介します。

パソコンとネット環境を整える

まず、パソコンとネット環境が必要になります。

文字入力だけならばパソコンのスペックはさほど良くなくても大丈夫です。10万円以下のノートパソコンでも十分に作業ができます。ただし、性能が悪いとファイルを開いたり保存したりする速度が遅くてイライラすることがあります。また、発注者とやりとりをするチャットツールなどが、快適に利用できない場合があるので、購入の際にお店のスタッフに相談してみると良いでしょう。

ネット環境は発注者から指示を受ける際や、入力したデータを納品するのに必要です。プロバイダと契約し、ルーターなどを手に入れ、ネットにつなげられるようにしてください。

必要なツールをインストールする

パソコンにはデータ入力するために必要なツールをインストールします。手順に従って行えば簡単にできるものがほとんどです。

WordやExcelを使って作業をする場合も多くあるため、手持ちのパソコンに入っているか確認してください。なければ、必要に応じて購入してインストールしましょう。購入が難しい場合、互換性のある無料のソフトでも使えるケースがありますが、文字列が崩れてしまう可能性があります。発注者にまずは相談するようにしてみてください。

ウイルスチェックなどができるセキュリティソフトをインストールするのも忘れないようにしましょう。

求人サイトやクラウドソーシングで仕事に応募する

仕事を探す方法はいくつかありますが、未経験者であれば求人サイトやクラウドソーシングで探すのが近道です。

求人サイトは正社員やアルバイト、パート、契約社員などの求人を掲載しているサイトですが、在宅ワークの案件も扱っています。サイトを開いて「データ入力 在宅」「データ入力 副業」などと入力すると見つけられます。
主な求人サイトには以下があります。

スタンバイ

仕事探しのサイトです。在宅ワーク求人、内職求人などのキーワードからデータ入力の仕事を探せます。

ママワークス

主婦が空き時間にやりやすい仕事を紹介しています。データ入力の仕事に関する募集案件も豊富です。

タウンワーク

アルバイト・パートの求人案件が豊富なサイトです。データ入力の仕事も多く見つけられます。

クラウドソーシングは企業がインターネット上で不特定多数に対して仕事を発注し、条件に合った人が受託をするというシステムです。登録したうえで気に入った条件のものがあれば応募をします。条件がいい仕事は応募者が多いため、経験が浅いうちはなかなか受注にいたりませんが、あきらめずに挑戦してみてください。

主なクラウドソーシングには以下があります。

クラウドワークス

大手のクラウドソーシングで登録ワーカー数は450万人以上です。データ入力の仕事は未経験者向けから上級者向けまでバラエティ豊富にあります。

ランサーズ

フリーランスや小規模団体に対して仕事を紹介しているクラウドソーシングです。データ入力で検索すると2万件以上の募集がヒットします。

求人サイトもクラウドソーシングも応募に際して注意しなければならないのが勤務時間です。「在宅」「時間自由」とあっても、詳しく読むと週に何日かは出社しなくてはいけなかったり、平日の昼間にオンラインで面談やミーティングが必要になったりする場合があります。本業があり平日の昼間には動けない場合には、あらかじめ伝えておくようにしましょう。

在宅でできる副業「データ入力」についてまとめ

パソコンにデータや文章を打ち込むデータ入力の仕事は、在宅で行いやすく副業に適しています。ただし、1文字1円以下の案件も多く、数をこなさないと報酬が上がりません。誰でもできる簡単な仕事ですが、タッチタイピングに慣れ、入力スピードを上げることで報酬を増やしていくようにしましょう。データ入力の仕事を探すには求人サイトやクラウドソーシングを活用すると簡単に見つけられます。

公開日:2022年07月28日

よくある質問

Q データ入力の副業をしたことが会社にバレることはありますか? 回答を見る
Q 仕事の発注者が詐欺ではないか見極める方法はありますか? 回答を見る

関連するタグ