マツエクサロンの開業に必要な準備とは?資格や資金の目安・成功のコツなどをご紹介

最終更新日:2023年07月10日

独立開業を計画している方にとって、市場規模が拡大しているマツエクサロン開業の人気が高まっています。現在、エクステやまつ毛パーマなど目元の施術を行うアイリストとして働いているという方はもちろん、アイリストとしての経験がない方でもマツエクサロンの開業に興味があるという方は少なくありません。

そこでこちらの記事では、マツエクサロンを開業する際に必要な資格や届出などの準備、初期費用や開業を成功させるコツなどについて解説します。

理美容・整体・リラクゼーションで独立・開業できるフランチャイズを探してみる

目次

マツエクサロン開業の将来性は?市場規模と廃業率

マツエクサロン開業は儲かる?利益率や年収の目安

マツエクサロンの開業に必要な条件(資格・届出)

マツエクサロンの開業に必要な準備(物件・設備・資金)

マツエクサロン開業までの流れ

マツエクサロンの開業で成功するコツ

マツエクサロンの開業はフランチャイズがおすすめ

マツエクサロン開業についてまとめ

マツエクサロン開業の将来性は?市場規模と廃業率

マツエクサロンを開業するためのリサーチとして、最初に抑えておくべきマツエク業界の市場や将来性、サロン経営の状況について説明します。

マツエクサロンの市場規模は拡大している

マツエクサロンのマーケットは拡大を続けているため、マツエクサロンの開業は将来性が期待できると言えます。

背景にあるのは、まつ毛エクステンションの一般化。マツエクで毎日のメイクにかかる時間を大幅にカットできるほか、ノーメイクでも華やかな印象を与え、化粧崩れの心配もないため利用する女性が増加傾向にあるからです。そのため、最近では若い世代だけでなく、中高年女性が対象の美容雑誌でも取り上げられるようになりました。このような理由により、今後も安定した経営を実現しやすいでしょう。

 マツエクサロン開業後1年目の廃業率は60%

年代を問わず利用者が増えているマツエクサロンですが、出退店の動きは激しいのが現状です。マツエクサロンを含む美容系のサロン業界の廃業率は、開業から1年以内で60%、3年以内で90%、10年以内で95%と言われています。

美容系のサロンは個人経営の小規模サロンが多く、大手やフランチャイズチェーン店などと比較すると経営スキル不足や資金力の弱さが目立つ点も廃業率の高さに影響しています。

また、個人サロンには大手やフランチャイズが持つブランド力が欠けるため、集客が難しいことも課題の一つと言えるでしょう。

しかし、マツエクサロンの顧客1人当たりの利用金額は増加傾向にあると言われています。その理由としては、ナチュラルメイクの流行に伴い、マツエクも以前のようにボリューム中心ではなく、自然な印象を演出できる高品質な毛質の種類が増えたことが関係していると考えられます。このような状況から、マツエクの種類やメニュー、技術力など経営努力次第で成功が期待できるでしょう。

理美容・整体・リラクゼーションで独立・開業できるフランチャイズを探してみる

マツエクサロン開業は儲かる?利益率や年収の目安

マツエクサロンは原価が低く、利益率の高さは美容業界のなかでは群を抜いているため、儲かりやすいビジネスだと言えます。

施術に使用するエクステやグルー(専用の接着剤)にランク差はありますが、顧客1人の施術にかかる原価の目安は100〜300円程度です。1回の施術料金が5,000円程度と仮定した場合、顧客1人の施術で4,700~4,900円程度の利益が出ます。

マツエクサロン開業の年収は、サロンの規模や運営スタイル、家賃や従業員数などにより大きく変わりますが、一般的にはおよそ200〜430万円が目安です。人気サロンになるための経営努力を続ければ、より多く稼ぐことも夢ではありません。

マツエクサロンの開業に必要な条件(資格・届出)

マツエクサロンの開業に必要な資格や届出について解説します。

美容師免許取得

マツエクサロンを開業し、顧客に施術を行うためには国家資格の美容師免許が必要です。ただし、これは自分で施術を行う場合であり、経営者としてマツエクサロンを開業するだけであれば取得する必要はありません。

また、サロン内に目元の施術を行うアイリストが2人以上いる場合、少なくとも1人は管理美容師免許の資格を取得している必要があります。マツエクサロンを開業し、施術を行うアイリストは自分1人というケースでは管理美容師免許の取得は必要なく、美容師免許だけで十分です。

美容所開設届出書の提出

マツエクサロンの開業には美容所開設届出書の提出が必須です。美容所開設届書はサロンの所在地を管轄する保健所に提出し、環境衛生監視員から施設検査を受けます。施設検査では構造設備基準に適合しているかの確認が行われ、クリアすると施設の確認済書が交付されます。

基準は各都道府県により違いがあり、たとえば作業室の床面積も東京都では13平方メートル以上となっていますが埼玉県では9.9平方メートル以上です。検査基準や届出書提出時に必要となる書類については、予め管轄の保健所に問い合わせましょう。

なお、美容師法で届出をせずに営業することは法律違反と定められており、30万円以下の罰金に処されるので注意が必要です。

開業届の提出

マツエクサロンの開業により新しく事業を始めるときは開業届を提出します。提出先は納税地を所轄する税務署長です。提出時期は事業を開始してから1ヵ月以内ですが、開業当初は多忙になることが予想されるため、早めの提出を心がけましょう。

開業届を提出せずに営業を続けても罰則はありませんが、確定申告で青色申告の承認を受ける際には開業届の提出が必要です。開業届を提出することで特別控除を受けられるなどのメリットがあります。

理美容・整体・リラクゼーションで独立・開業できるフランチャイズを探してみる

マツエクサロンの開業に必要な準備(物件・設備・資金)

マツエクサロンの開業に必要な準備(物件・設備・資金)

マツエクサロンの開業で必要な物件や設備・資金の目安について説明します。

物件

マツエクサロンを開業するための物件探しを行います。物件は空き店舗を借りる以外にも自宅の一角を利用したり、レンタルサロンを活用したりする方法もあります。立地・家賃・広さなどの条件が希望に沿う物件を探しましょう。

設備

マツエクサロンの開業に必要な備品や、美容所開設の際に検査対象となる道具や設備を揃えます。それぞれの項目と用途は下記の通りです。

項目 用途
ベッド 施術用のベッド
スツール 施術作業用のイス
ワゴン 道具類を収納する設備
スタンドライト 作業用の照明 (照度の規定に合うもの)
タオルウォーマー おしぼりやフェイスタオルを適温に保つ
UVクリーンシステム 紫外線消毒の設備
その他小物・消毒液など 蓋つきのゴミ箱・メスシリンダー・マツエク用ツールなど

開業する自治体の構造施設基準をチェックし、漏れのないように設備を整えましょう。

開業資金の目安と助成金

マツエクサロンの開業に必要となる資金は、サロンの規模や店舗用物件、出店場所などにより大きく変わります。以下の表で費用の内訳と金額の目安を紹介します。

費用 金額の目安
物件取得費 50~200万円(自宅の場合は不要)
内装 及び 外装工事費 20~100万円
家具(施術用ベッド・スツール・照明器具など) 30~50万円
道具(エクステ・グルー・ツイーザーなど) 5~10万円
広告宣伝費 5~30万円

また、マツエクサロンを開業する際に利用できる可能性がある助成金や補助金があるので、ぜひ活用してみてください。

助成金・補助金の種類 概要
キャリアアップ助成金 従業員のキャリアアップ促進のための助成金で、派遣社員を正規雇用に切り替える場合などに使える
地域雇用開発助成金 各地域においての雇用拡大を目的とした助成金で、1年後ごとに最大3回まで受けられる
小規模事業者持続化補助金 チラシの作成や店舗改装費用など、販路開拓などに取り組む費用などに使用可能な補助金
IT導入補助金 ITツールを導入する際に使える補助金で、会計ソフトや受発注ソフト、POSレジの導入などに使用できる

参考:雇用・労働 キャリアアップ助成金|厚生労働省
参考:地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)|厚生労働省
参考:小規模事業者持続化補助金|全国商工会連合会
参考:IT導入補助金|一般社団法人 サービスデザイン推進協議会

マツエクサロン開業までの流れ

マツエクサロン開業までの流れ

マツエクサロン開業のステップを説明します。

開業コンセプト・計画の立案

マツエクサロンを開業するにあたって、サロンのコンセプト作りや計画の立案は重要なポイントです。コンセプトはサロンが提供する価値や運営の方向性を示し、計画の立案は売上や利益・目標達成までの道筋を立てることを示します。

また、計画の立案と合わせて目標を達成するために必要な客数やリピート率を上げるための施策なども考えておくことが大切です。

物件の選定

マツエクサロンの開業は立地によって集客が左右されるため、物件選びも重要なポイントの一つです。

周辺に競合はあるか、アクセスがしやすいか、見つけやすい場所にあるかなど十分な調査を行いましょう。立地の状況によって賃貸料は変わるため、選ぶポイントを押さえつつ予算に合った物件を選びます。

資金の調達

マツエクサロンの開業にかかる費用の目安は事業計画書の内容によってさまざまです。自己資金のみで資金を用意できれば理想的ですが、資金が足りない場合は金融機関から融資を受けたり、利用可能な助成金や補助金の申請をしたりなどして資金を用意する方法があります。

融資を受ける方法の一つとして日本政策金融公庫の利用が挙げられます。民間の金融機関よりも金利が低めなので検討してみると良いでしょう。

資金の集め方について詳しくは下記の記事も参考にしてください。

開業資金集めを支援してほしい!資金調達方法や支援サービスを紹介

内装・外装工事

マツエクサロンを開業する店舗物件の内装、及び外装工事を行います。居抜き物件を選んだ場合は工事や設備の費用を大幅に抑えることが可能です。

また、内装・外装工事のスケジュールに合わせて、必要な器具や設備の購入や搬入手続きを済ませましょう。電気やガス、水道などの契約も必要です。

スタッフの採用

マツエクサロン開業の日程に合わせてスタッフを採用します。研修に必要な期間を考慮し、オープンの1ヵ月ほど前に決定するのが理想的です。

各種届出の提出

マツエクサロンの開業に必要な美容所開設届書や開業届を提出します。美容所開設届書はオープンの約1〜2週間前までに、開業届は開業後1ヵ月以内に提出しましょう。

広告・宣伝の開始

マツエクサロンの開業を知ってもらうために、チラシやSNS、地域情報誌などのメディアを利用し、顧客ターゲット層に合わせた広告・宣伝活動を行います。また、サロンのファンやリピーターを増やすためのキャンペーンやサービスなども考案しましょう。

マツエクサロンの開業で成功するコツ

ここでは、マツエクサロン開業を成功に導くポイントを説明します。

サロンのコンセプトを明確にする

マツエクサロンの開業・運営において大切なのはコンセプトの明確化です。どのようなサロンにしたいのかをはっきりさせることで、経営の方向性が決まり運営の統一化が図れます。サロンの雰囲気作りや顧客へのサービス提供のベースにもなるため、コンセプトの決定は非常に重要なプロセスです。

リピーターの獲得に力を入れる

マツエクサロン開業を成功させるには、集客だけでなくリピーターの獲得も重要です。一般的に約3〜4週間のサイクルでリペア、もしくは、オフして新しく装着し直します。
顧客はマツエクサロンに継続して定期的に通うことになるため、リピート率を高く保つことが収益アップにつながります。施術の満足度や接客力を向上させるなど、顧客の再来店を促す努力が重要です。

技術力に加え接客力や経営力を取得する

マツエクサロン開業を成功させるには、施術スキルの高さが不可欠です。しかし、施術の技術が優れていても、コミュニケーション能力や経営スキルが不足していると成功からは遠ざかります。心のこもった接客力や経営者としてのマネジメント能力を磨くことも必要です。

集客方法を工夫する

集客はマツエクサロン開業を成功させるカギです。メインとなるターゲット層は20〜30代の若い世代であるため、SNSやWEB媒体を活用しての集客は不可欠と言えるでしょう。集客につながる広告宣伝には、積極的な投資が必要です。

マツエクサロンの開業はフランチャイズがおすすめ

マツエクサロンの開業方法には自力で開業する以外にも、フランチャイズで開業する選択肢があります。そこで、フランチャイズで開業するメリットやおすすめのフランチャイズ本部の紹介をします。

フランチャイズがおすすめな理由

フランチャイズでマツエクサロンを開業すると本部のブランド力を活用できます。オープン当初から既に店の名前が広く知られているため集客に有利です。パッケージ化された運営ノウハウを本部から伝授してもらえるため、業界未経験で美容師免許がなくても経営者として無理なく開業を目指せます。

また、本部がスタッフの教育をしてくれたり、商材を割引価格で卸してもらえたりすることもあるため、資金面で恩恵が受けられます。

フランチャイズにおすすめのマツエクサロン

フランチャイズでマツエクサロンを開業するなら、『Eyelash Salon Blanc』がおすすめです。

日常的な店舗運営は本部スーパーバイザーやスタッフが行うため、オーナーは技術を習得する必要がなく、月1日のみの業務で経営できるビジネスモデルを提供しています。副業として始めることも可能です。投資額の平均は運営資金込みで1,000〜1,500万円程度となっています。

こちらの美容系フランチャイズもおすすめ!

   

マツエクサロン開業についてまとめ

マツエクサロンの開業は個人経営だと難しい一面がある一方、市場は拡大傾向にあります。また、原価が低いため運営が軌道に乗れば大きな利益を見込めると言えるでしょう。

マツエクサロンの開業にはフランチャイズという方法もあります。フランチャイズで開業すると本部のブランド力を活用でき、手厚いサポートが受けられるため業界未経験でもサロン開業が可能です。

マツエクサロンの開業を目指している方は、フランチャイズでの開業も検討してみてはいかがでしょうか。

理美容・整体・リラクゼーションで独立・開業できるフランチャイズを探してみる

公開日:2023年03月23日

よくある質問

Q マツエクサロンを開業するためには美容師免許を取得しなければなりませんか。 回答を見る
Q マツエクサロンの開業は廃業率が高いと聞いたのですが成功できるでしょうか。 回答を見る

関連するタグ