クチベタ経営者にこそ見てほしい! 今日から使える" 5つの営業心理テクニック "

公開日:2015年03月24日

20150409114408

「営業=人間力」というカン違い

「話し上手でなければ営業はできない」

販売、接客をはじめ、営業活動には
【人間力】が不可欠と思いこんでいませんか。

答えは「ノー」。

お客様は、単に話し上手なだけでは購入にいたりません。
そこには売るための「テクニック」があるのです。

どんな商売でも応用可能!「買わせる心理テクニック」を使おう

購入の動機はさまざまですが、伝えることはただ一つ。
「商品の良さを」知ってもらうことです。

その魅力を伝えるに有効な" 心理テクニック "があります。

【今日から使える!5つの心理テクニック】

その1:プレゼント

人は他者から報酬・メリットを受けると、何かを返さなければという心理が働きます。
「相手のために何かをする」これが、お客様からの購買促進に繋がるのです。

その2:用意するべき選択肢は" 3つ "

「松竹梅」という言葉があるように、人は複数の選択肢を用意された時には
" 真ん中 "を選ぶ傾向があります。この心理を逆手に取り、売りたい商品を見せるテクニックです。

その3:試してもらう

「自分の所有物には価値がある。だから手放したくない」
この【保有効果】を応用し、試供いただくことで自分のものと思わせます。
単純なようにみえますが、効果の高いテクニックです。

その4:信頼を構築する

商品によっては検討期間を要するものもあります。
そのためには、無償で何度も悩みをきくこともひとつの技。
時間を重なるうちに、営業マンの時間を「もったいない」と感じ、
購入にいたるケースもあります。

その5:あえて厳しい条件を提示する

相手に譲歩することで、相手もこちら側に譲ってくれる。
この「返報性の原理」を活かした営業手法です。