コインランドリーのフランチャイズの開業・運営に必要な資金とは

最終更新日:2020年05月11日

36196800cdf5a057

サービスの多様化が進んでいるコインランドリー。
利便性が高く、日常生活と切っては切り離せないものとなっていますが、実はさまざまな企業がフランチャイズ展開を行っています。

ですが、その費用形態は他のフランチャイズ事業と比べてやや特殊な面があります。
そこで今回はフランチャイズでコインランドリー事業を始める際の費用について解説していきます。

目次

コインランドリーのフランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安

コインランドリーのフランチャイズ開業に必要な資金(初期費用)

コインランドリーに必要な運営資金

コインランドリーフランチャイズのキャッシュフローシミュレーション

コインランドリーのフランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安

コインランドリーをフランチャイズで開業するには2,500万円以上の資金が必要です。
この費用は開業資金(初期費用)と運営開始後の運営資金3ヵ月分を合算した数字ですが、こちらはあくまでも目安の一つであり、どのフランチャイズを選択するかによって費用は大きく変動します。

<開業資金(初期費用)の目安>

項目 金額
加盟金 100万円
機器購入費
※洗濯機・乾燥機等
1,300万円
内外装工事費 800万円
物件取得費 200万円
資格取得 0円
合計 2,400万円

<運営資金の目安 ※3ヵ月分用意した場合>

項目 金額
人件費 18万円
賃貸料 45万円
水道光熱費 60万円
ロイヤリティ 0円
合計 123万円

以下で一つずつ項目を解説していきますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

コインランドリーのフランチャイズ開業に必要な資金(初期費用)

コインランドリーは開業の手続きも比較的簡単で加盟金も不要のところが多く、人気のフランチャイズです。

しかし、重要な役割を持つ機器・内装費が高いという特徴もあります。
この辺りを含めて一つずつ解説していきます。

加盟金

コインランドリーのフランチャイズは、加盟金や保証金が無料の本部も多いです。
加盟金はあっても100~200万円程度と他のフランチャイズと比較しても安いことがほとんど。

これは、機器・内装費が高額なコインランドリーのフランチャイズにおいてオーナーにとって嬉しいポイントです。

機器(洗濯機・乾燥機等)購入費

洗濯機や乾燥機などの機器にかかる費用は、店舗の規模や機器の性能によって変わります。
もともとコインランドリーがあったところを利用してフランチャイズ展開するのであれば、費用を安く抑えることも可能ですが、機器購入費は500~2,000万円ほどと考えておきましょう。

例えばコインランドリー用機器のメーカー価格を見ると、洗濯乾燥機で1台あたり150~300万円ほど。洗濯機で140~190万円、乾燥機で70~130万円と差があるため、開業資金を見積もる際はそれぞれ何台設置するかも考慮しておく必要があります。
また、そのほかにスニーカーウォッシャーや両替機なども設置するため、さまざまなパターンを想定して検討しましょう。

内外装工事費

内外装の工事にかかる費用も、機器購入費と同じく店舗の規模によって変わってきます。
例えば住宅街にある小規模のコインランドリーなのか、広い駐車場のあるコインランドリーなのかでも変動しますが、工事費の目安は約700~1,000万円です。

工事には内装や外装を加盟のフランチャイズに合わせるだけでなく、給排水や電気回線、空調の整備なども含まれます。
また、必要に応じて防犯カメラや休憩スペースの設置も必要となるでしょう。

物件取得費

物件取得費は、コインランドリーを新たに建てるのか、賃貸なのかで大きく異なります。
フランチャイズの場合は、事務所や店舗を取得するための費用として70~300万円ほどで提示されていることが多いです。

資格取得

コインランドリーを開業するにあたっての特別な資格は不要ですが、保健所などの自治体が指定する機関に「コインオペレーションクリーニング営業施設開設届け」を提出しなくてはいけません。

書類は保健所でもらう、またはインターネット上でダウンロードが可能で、特に申請費等は発生しません。
提出の後日に保健職員が検査を行い、問題なければ「検査済証」の交付を受けられます。

コインランドリーのフランチャイズに必要な運営資金

開業資金は大きいものの、実際に事業をスタートするとコインランドリーの運営資金は他のフランチャイズと比べて少なくなります。

そのポイントになるものは以下の4つです。

  • 人件費
  • 賃貸料
  • 水道光熱費
  • ロイヤリティ

一つずつ解説していきます。

人件費

コインランドリーは基本的に無人でも可能な事業、人件費はかなり抑えることができます。

オーナーが経営から業務の全てを1人で行うのであれば人件費は不要ですが、経営に専念したいということであれば、店舗や機器の清掃などを行う人材を雇う必要があるでしょう。
しかしその場合でも、作業は多くないので時給1,100円としても月の人件費は6万円前後です。

賃貸料

テナントを見つけて賃貸する場合の賃貸料は10~30万円が目安です。
もちろんこの金額は地域によって大きく変わります。

一方、自分の土地を活用して開業するケースだと店舗の建設費用として500万円程度が目安です。

水道光熱費・雑費

コインランドリーは洗濯・乾燥がメイン事業であるため、当然ながら水道光熱費は他のフランチャイズ事業と比べてやや高めです。
機器の台数と1台あたりの回転数によって費用に幅がありますが、大体10~30万円程度が相場となります。

また機械の掃除用具や洗剤なども必要になり、そちらはおおよそ5万円程度となります。

ロイヤリティ

コインランドリーのフランチャイズはロイヤリティが無料のところも多数存在します。

定額制であっても5万円前後、歩合は5%ほどと他のフランチャイズ事業よりも比較的少なくなっています。

ただし、ロイヤリティが不要でも管理代行業務プランを利用することで月々約10万円ほどの支払いが発生するケースもあります。
代行することで清掃やコールセンター業務、ごみの回収などを依頼できるため、メリット・デメリットを考えて依頼するのもよいでしょう。

コインランドリーフランチャイズのキャッシュフローシミュレーション

売上高が月に70万円規模のコインランドリーであれば、キャッシュフローシミュレーションは以下の通りとなります。
(必ずしも当てはまるわけではないので、参考程度にしておいてください。)

  • 総粗利益高
    41万円
    =70万円(売上高)-29万円(水道光熱費・人件費・雑費・賃貸料)

  • 店利益
    36万円
    =41万円(総粗利益高)-5万円(ロイヤリティ:定額5万円)

1店舗あたりの月の利益は36万円となるため、年で計算すると400万円以上となります。
上記の計算は大まかなものですが、それでもコインランドリーは比較的費用の回収が早い事業です。
フランチャイズであれば故障時の素早い対応が可能なので機会損失の防止にもつながるでしょう。

コインランドリーのフランチャイズ本部を選ぶ際には、各社の費用感を確認して理想に近いものを選ぶようにすると安心です。

コインランドリーフランチャイズの関連記事

公開日:2020年03月05日