フランチャイズ展開、オーナーの仕事って?大切なのはコミュニケーション

公開日:2015年03月26日

20150331122254

オーナーは一体どんな仕事をするのかご紹介します。

フランチャイズ加盟したオーナーの仕事は多岐にわたります。

どんな業界なのかによっても多少仕事は異なってきますが、まずはコンビニを例にしてみたいと思います。

コンビニの場合だと、一緒に働くメンバーを雇うための面接を行ったり、シフトを組んだりという仕事が発生してきます。また、商品管理もしなければなりません。売れる、売れないの分析をして、商品を入れ替えていくという仕事が発生してきます。システムがあるので、売上量がどのくらいかなどは分かりやすくなっています。あとは在庫を切らさない、廃棄が出ないようにコントロールする力が必要になります。

フランチャイズオーナーの責任

フランチャイズ店舗のオーナーであっても、本部が人事や採用をとりしきってくれるという業界もあります。さらに在庫を持たない業種であれば、商品管理も必要がありません。
これらは、塾のオーナーや便利屋のオーナーなどがあります。

こういった場合、オーナーは数字の管理が主な仕事となってきます。しかし、お客さんとのトラブルに関してはやなりオーナーが責任を取らなくてはいけないことが多いですので、日ごろからコミュニケーションをしっかり取ることが必要であると言えます。

仕事が少なくてもオーナーとなったからには大きな責任があるのです。

オーナーに必要な力って?

フランチャイズオーナーになれば、資金管理が必要になります。売上はどれだけだったのか、利益は何%あったのか、そして経費はどれだけだったのか、数字を見る力は必須です。

もともと自営業をしていたという人であれば、ある程度の計数感覚が身についているといえますが、サラリーマンなどでは数字に弱い人もまだまだ沢山います。フランチャイズ加盟を考えるのであれば、簿記3級程度の知識は頭に入れておく必要があります。