カフェのフランチャイズを始めるのに必要な準備

最終更新日:2020年05月15日

415deec4765b2292

目次

1. カフェフランチャイズの開業資金について    

2. カフェフランチャイズの特徴        

3. カフェフランチャイズ開業に必要な準備      

4. カフェフランチャイズ本部選びのポイント

5. おすすめのカフェフランチャイズ

カフェフランチャイズの開業資金について

カフェのフランチャイズではどんな資金が必要なのか、成功するための店舗運営方法や集客ノウハウについてもご紹介します。

開業資金(初期費用)

カフェに限らず、飲食店では店舗・厨房設備の費用がかかります。調理器具やコーヒーメーカーなど、最低限必要なものを揃えると、1,000万円以上の資金が必要です。食器や家具などにこだわれば、その分開業資金は増えるでしょう。

しかし、フランチャイズは個人経営とは違い、より安く設備機器がリースできたり、仕入れることが可能です。

また、居抜きと呼ばれる、以前飲食店を行っていた店舗を利用することができれば、費用を大きく抑えられます。しかしその場合でも、500〜1,000万円程度の資金が必要だと考えておきましょう。設備などの資金のほかに、経営をしていくために必要な食材、人件費、内装管理費などのランニングコストも必要です。

運営資金

最初の運営資金の目安としては半年から1年分程度のランニングコストとして100~200万円の用意があるとよいでしょう。
飲食業は売上に対して家賃や人件費・材料費などの比率が高くなりがちなので、開業資金(初期費用)と同時に余裕を持って資金を用意しておきましょう。

カフェの開業資金についてもっと見る

カフェフランチャイズの特徴

カフェフランチャイズにも、いろいろな業態があります。業態によって営業方針や商品の単価などさまざまな違いがあるので、どんなものがあるか知っておきましょう。

カフェフランチャイズのメリット

■経験がなくても自分のお店を開業できる

フランチャイズでカフェを開業する最大のメリットは経営や店舗運営のノウハウが本部から提供してもらえる点です。

既にパッケージ化された、本部による研修制度や業務マニュアル化によって、業界での経験や経営の知識、下積みがなくてもすぐに自分のお店を持つことができます。

■オープンまでの時間を短縮できる

個人でカフェを開業する場合、オープンするまでにかなりの準備期間が必要です。

  • 資金調達
  • 開業手続き
  • 仕入先の選定
  • 物件取得や内外装工事
  • メニュー考案
  • スタッフの採用 など

上記のような開業準備を全て一人で行うため、お店のオープンまでに1年ほどかかると言われています。

その点フランチャイズで開業する場合、上記の「資金調達」「開業手続き」以外はパッケージ化されている場合が多いので、オーナー自らが準備する必要はほとんどないでしょう。

そのため個人開業より開店までの期間を大幅に短縮できます。

■知名度があり、告知をあまりしなくても集客が見込め

チェーン展開しているカフェであれば知名度があるため信頼度が高く、最小の告知で開店時から多くの集客が見込めます。

また、チラシの制作やメディアなどへの広告戦略は、ほとんどの本部でノウハウがあるためオーナーが集客施策について考える必要ありません。

これはフランチャイズならではのネームバリューやノウハウによって受けられる恩恵なのです。

他にも、資金の融資が受けやすく、スーパーバイザーによる定期訪問など様々な面で有利になることが多くなります。

カフェフランチャイズのデメリット

■メニュー開発や内装など店舗運営面で自由度が低い

カフェフランチャイズでは、商品や店舗デザインなどが本部によって決められている場合が多く、コーヒーやドリンクデザートなど、自分のアイデアを形にしたくても勝手に商品を作ることはできません。

フランチャイズである以上、提供する商品の均一化が重要なので、自分のこだわりをお店に反映することはなかなか難しいでしょう。

■他の加盟店で不祥事などがあった場合に影響を受けやすい

チェーン飲食店のアルバイトによるSNSの動画投稿などで話題になりましたが、自分の店がいくら気をつけていても同じチェーン店である他店が異物混入などの不祥事を起こした場合、全ての店舗について信用をなくしてしまう可能性もあります。

来店数や売上の減少など、店舗経営に影響を及ぼすこともあります。

■毎月ロイヤリティの支払いがある

他にも、フランチャイズには加盟金のほかにロイヤリティの支払いが発生します。カフェの場合、売上の3%~5%が相場ですが、月額固定の本部もあります。

たとえその月に売上がなかったとしてもロイヤリティは毎月支払わなければなりませんので、フランチャイズ契約の前に条件をしっかり確認し、ロイヤリティの支払いも踏まえた事業計画を事前に立てておくことが大切です。

サービス内容

カフェと一言で言っても様々な業態があります。

たとえば、オープンから閉店までカフェメニューの提供のみを行うものや、時間帯によってバータイムに切り変わるようなものまで。

大まかなサービス内容で言うとコーヒーや軽食の提供・レジ打ちがメインです。運営スタイルのセルフサービスやフルサービスと様々です。

また、カフェは回転率が重視されることも多く、レジ打ちからドリンクの提供までの目安は30秒程度となっています。

このスピードが実現できるような仕組み作りはカフェオーナーにとって重要なポイントです。

成功・失敗のポイント

カフェのフランチャイズで成功するためにはどのようなポイントを抑えておけば良いでしょうか。また失敗の原因になるようなことは何かまとめました。

<成功のポイント>

■フランチャイズ本部選び

基本的にはネームバリューがあるフランチャイズ本部がおすすめです。店舗名を聞けばだいたいの人が「カフェ」と認識するぐらいのチェーン店であれば、まず集客に苦労することなく開店時からある程度安定した収益が期待できるでしょう。

■本部のサポート体制

本部からどのようなサポートが受けられるかもしっかり確認しましょう。

商品開発、販売促進、スタッフ採用サポートやSVによる定期訪問など、カフェを経営する上で、自分に必要なサポート体制が整っているかどうかは非常に重要です。

■スタッフのマネージメント・本部とのコミュニケーション

調理や接客のマニュアルが充実しているフランチャイズですが、実際に働くスタッフを管理し、動かすのはオーナーの仕事です。

スタッフとのコミュニケーションをうまく取りながら長く勤務してもらい、即戦力へと育成することもカフェ経営の成功につながると言えるでしょう。

また、フランチャイズ本部との信頼関係の構築も成功のポイントです。

<失敗のポイント>

■資金不足

カフェフランチャイズの失敗としていちばん大きいポイントは「資金不足」でしょう。カフェを含め、飲食店フランチャイズは開業資金が高いため、自己資金のほかに借入が必要になる場合が大半です。

資金計画を疎かにしてしまい、毎月ロイヤリティなどの固定費の支払いと借入の返済で経営が圧迫されてしまうこともあります。

助成金や補助金を活用できる場合もあるので、加盟前にしっかりとした資金調達のプランを見積もることが重要です。

■本部や加盟店の状況などの情報不足

加盟する本部についての情報が少ないまま契約してしまうことも失敗の原因として挙げられます。

他のオーナーや資料の情報だけで加盟を決め、後々必要なサポートが受けられなかったり、利益が上がらない立地で物件を紹介されたりなど、失敗談は多くあります。

加盟を検討している本部を選定したら、まずは情報収集を怠らないようにしましょう。

加盟店はそれぐらいあるのか、立地はどのようなところに開業しているのか、他の加盟店の経営状況はどうかなど、時間があれば実際に近くの店舗へ足を運んで現場を見てみるのもいいでしょう。

フランチャイズで失敗しないためにどんな対策が必要か、下記の記事も参考にしてみてください。

カフェフランチャイズ開業に必要な準備

カフェフランチャイズを始めるときには店舗や人材採用などの準備が不可欠です。

これらは必ず準備しなくてはならないものであり、大きく売上を左右することもあります。しっかり確認をしておきましょう。

店舗

カフェのフランチャイズの場合自分で候補物件を所有している場合を除き、基本的にはフランチャイズ本部が店舗の用意をしてくれます。

本部が候補となる物件を調査した上で、売上見込みなどを含め紹介してくれます。

候補物件は1から店舗を作っていく場合やもともと飲食店だったところを使う居抜きである場合などがあります。
内装はもちろん、実際にオペレーションが行いやすい動線かどうかも確認しましょう。

採用・教育

カフェだけでなくすべての飲食業に言えることですが、有名チェーン店であればアルバイトやパートの募集をした際も応募が増え、人材採用がしやすいというメリットがあります。

またラーメン店やレストランなどの料理が主体の商品となる飲食店と比べると、カフェは飲み物や軽食がメインとなるため、調理にかかる手間やオペレーションがシンプルになります。簡単な作業でOKなので、学生アルバイトも即戦力になれます。

さらに本部が店長、スタッフに対する教育体制の確率までサポートしてくれることも多いため、管理コストも本部のノウハウを活かすことができます。

資格・免許

フランチャイズに関わらず、カフェの開業に必要な免許や資格を把握しておくことが重要です。

最低限必要な資格は「食品衛生責任者」と「防火管理者」の2つになります。

食品衛生責任者
カフェのみではなく、飲食店を開く際には必須な資格になります。

飲食店の店舗に必ず1人は配置しなければならない職務で、食品衛生面を統括する役目と責任を負います。

資格取得の難易度は低く、各地域で定期開催される1日講習会に参加修了することで資格取得することが可能です。

費用は地域によって異なりますが、10,000円前後になります。

防火管理者
店舗の規模によっては「防火管理者」の資格も必須になります。
防火面を統括する役目と責任を負います。

こちらの資格の難易度も低く、店舗規模によって1日または2日の講習会に参加修了することで資格取得することが可能です。

費用は約5,000円前後になります。

カフェフランチャイズ本部選びのポイント

カフェフランチャイズ本部選びの最大のポイントは、フランチャイズ本部の加盟店に対するサポート体制がしっかりと整っているかどうかが重要です。

開業前のサポートはもちろん、開業後にもオーナーが運営に対して悩んだり、行き詰ったときにアドバイスやフィードバックをもらえるようなフランチャイズ本部だとオーナーは安心してカフェ経営に専念することができます。

また、出店する地域にマッチした雰囲気や経営を圧迫しない原価率かどうかは、フランチャイズ本部を選ぶ大きな要素となります。

もちろん、前提として、オーナー自身が愛着を持てる業態かどうかも重要です。

おすすめのカフェフランチャイズ

ヴァンサン

ヴァンサンは、ファミリーからカップルまで気軽に利用できるお店なので、幅広い客層が見込めます。

開業前はもちろん、開業後までスーパーバイザーによる手厚いサポートを行っています。
月4回のモニター調査の結果から店舗の問題点を洗い出すといった効率的な指導を実施。

また、アルバイトの教育においても本部が担当してくれるため、オーナー自身も飲食業の経験がなくても安心して開業できます。

ヴァンサンについて詳しく見る

ヴァンサンの資料をもらう

nagomi-NATULURE

nagomi-NATULUREは原材料にこだわったハーブティーなど商品力に強みがあるカフェで、固定ファンを掴みやすいことが特徴。
マシンの導入負担が少なくノウハウを商品の一部としているため、低資金での開業が可能です。

また、フランチャイズには珍しく店舗オリジナルメニューの開発と提供ができるといった自由度の高さも魅力の一つです。

nagomi-NATULUREについて詳しく見る

nagomi-NATULUREの資料をもらう

公開日:2016年02月20日