フランチャイズで人気!「カフェ」経営について知ろう!

公開日:2016年02月20日
D21cc52304ddd2b3

フランチャイズの中でも人気の業種、カフェ。資金はどのくらいかかるのか?どうすれば成功するのか?他の業種に比べるとどんな部分が良いのか?などフランチャイズカフェ経営の基本となる情報をご紹介します。

カフェと言ってもフランチャイズにはさまざまな形態があります。自分に合ったカフェ経営が出来るよう、どのような形態があるのかも知っておきましょう。

カフェ経営に憧れている、フランチャイズで飲食店を始めたいと考えている方は是非チェックしてみてください。

目次

1. カフェのフランチャイズとは?

 1-1. カフェフランチャイズの開業資金について

 1-2. フランチャイズ店舗運営・集客ノウハウについて

2. 他業種との比較

 2-1. カフェのフランチャイズとコンビニの比較

 2-2. カフェのフランチャイズとサービス業の比較

 2-3. カフェのフランチャイズと他の飲食業の比較

3. カフェのフランチャイズの種類

 3-1. 単価、回転率の違い

 3-2. その他のカフェのフランチャイズの種類

4. カフェのフランチャイズのまとめ

「フランチャイズ制度を使うとどんなカフェのオーナーになれるのか知りたい!」という方は、こちらをご覧ください。
カフェフランチャイズ一覧はこちら

1 カフェのフランチャイズとは?

カフェのフランチャイズではどんな資金が必要なのか、成功するための店舗運営方法や集客ノウハウについてもご紹介します。

1-1 カフェフランチャイズの開業資金について

カフェに限らず、飲食店では店舗・厨房設備の費用がかかります。調理器具やコーヒーメーカーなど、最低限必要なものを揃えると、1,000万円以上の資金が必要です。食器や家具などにこだわれば、その分開業資金は増えるでしょう。

しかし、フランチャイズは個人経営とは違い、より安く設備機器がリースできたり、仕入れることが可能です。

また、居抜きと呼ばれる、以前飲食店を行っていた店舗を利用することが出来れば、費用を大きく抑えられます。しかしその場合でも、500〜1,000万円程度の資金が必要だと考えておきましょう。設備などの資金のほかに、経営をしていくために必要な食材、人件費、内装管理費などのランニングコストも必要です。

「飲食業に興味はあるが、開業資金が高いのはやっぱり不安……」という方は、無店舗ではじめられる【移動販売】型の飲食ビジネスを検討してみるのはいかがでしょうか。
移動販売型フランチャイズ一覧を見たい方はこちら

1-2 フランチャイズ店舗運営・集客ノウハウについて

より多くの顧客を集めるためには、立地・顧客ターゲットに即したブランド選びがポイントとなります。その地域ではどんな顧客がカフェに訪れるのか?どういった趣向のカフェにすればより多くの人に来店してもらえるのか?このような点を考えて、加盟するフランチャイズカフェのブランドを決めましょう。

また、常連客を獲得するには、居心地の良い空間づくりが大切です。清掃や、心のこもった接客をすることで、リピーターを増やすよう心がけましょう。リピーターが増えればその分売り上げ増につながります。口コミやネットの評価によって、新しい顧客を増やしていくことも重要です。

2 カフェのフランチャイズと他業種の比較

カフェフランチャイズは飲食店の中でも何故人気が高いのか。他の業種と比べるとどういった点が優れているのか、逆にデメリットとなる点がないかなど、代表的なフランチャイズの業種とカフェを比べてみました。

2-1 カフェのフランチャイズとコンビニの比較

コンビニの多くは2名の専業者が必要となります。そのため、夫婦や兄弟など家族経営を行う人がほとんどです。それに比べて、カフェは1人でも開業が可能です。独身の方はもちろん、配偶者が会社員として働いている場合も開業しやすいというメリットがあります。

また、コンビニのような24時間営業の店舗の場合、従業員の状況により、深夜に店舗に立たなくてはならない場合があります。

それに対してカフェは、24時間営業でない場合がほとんどで、加盟するフランチャイズによっては、立地に応じて営業時間を設定できます。より自由に自分の好きな時間に働くことが出来ます。

コンビニビジネスについて詳しく知りたい方はこちら
コンビニフランチャイズ一覧

2-2 カフェのフランチャイズとサービス業の比較

フランチャイズの代表的なサービス業と言えば、介護や塾など。

介護や福祉に関わるビジネスでは、国の保険を扱うため知識も必要ですし、経営においてさまざまな規制がかかることがあります。このようなビジネスに比べるとカフェは規制が少なく、自由度が高いと言えます。

一方デメリットは、学習塾などに比べると設備投資が多くかかるという点です。しかし、飲食店はどの形態でもサービス業と比べると設備投資が多くなります。カフェだけが多くの資金を必要とするというわけではありません。

どんなサービス業がフランチャイズ制度を取り入れているかを知りたい方はこちら
サービス業フランチャイズ一覧

2-3 カフェのフランチャイズと他の飲食業の比較

ラーメン店やレストランなどの料理が主体の商品となる飲食店と比べると、カフェは飲み物や軽食がメインとなるため、調理にかかる手間やオペレーションがシンプルになります。簡単な作業でOKなので、学生アルバイトも即戦力になれます。

カフェだけでなくすべての飲食業に言えることですが、有名チェーン店であればアルバイトやパートの募集をした際も応募が増え、人材採用がしやすいというメリットがあります。
同時に、有名チェーン店なら顧客を多く獲得することも可能です。

他の飲食フランチャイズ情報はこちらをご覧ください
飲食フランチャイズ一覧

3 カフェのフランチャイズの種類

カフェフランチャイズにも、いろいろな業態があります。業態によって営業方針や商品の単価などさまざまな違いがあるので、どんなものがあるか知っておきましょう。

3-1 単価、回転率の違い

同じカフェでも、単価・回転率の違いで立地や経営方針が違ってきます。

カフェを仕事の空き時間など、短時間で利用する人が多いオフィス街や繁華街では、より安い商品が人気となります。こういった立地には「低単価・高回転率」モデルのカフェが適しています。

安くて質のいい商品をできるだけスピーディーに提供することで回転率を上げ、売り上げをアップさせていきます。

反対に、カフェに長時間滞在する人が多い郊外では「高単価・低回転率」モデルのお店がいいでしょう。顧客の総数は低単価のお店と違い少なくなりますが、商品の単価を上げることで売り上げを確保します。

この場合は、内装や接客も快適な時間を過ごしてもらえるように、「居心地の良さ」をより重視したお店づくりが重要となります。

3-2その他のカフェのフランチャイズの種類

単価や回転率の違いだけでなく、他にもカフェにはさまざまな業態があります。

メニューの自由度が高いカフェフランチャイズでは、自分の好きな商品を厳選して提供したり、オリジナルの商品を販売することもできます。このような自由度の高いカフェは個人経営に近い形になります。

複合カフェという、漫画喫茶やインターネットなど、飲み物や軽食以外のサービスを提供するカフェもあります。

4 カフェのフランチャイズのまとめ

カフェ経営は、他の飲食店に比べると経営に負担がかからず、他の業種と比べても営業時間や経営形態にさまざまな種類があります。

より自分に合った経営方法を選ぶことができるため、個人経営ではなくフランチャイズでも理想のカフェづくりが出来るでしょう。

しかし、自分がやりたいと思うお店づくりにこだわりすぎれば、経営は難しくなります。立地やその地域のニーズに合わせた業態選びをすることも大切です。

カフェのフランチャイズ一覧はこちら

この記事を読んだアナタにおすすめ

フランチャイズで実現できる「パン屋」開業についてご紹介します

地域のインフラ!人気のコンビニエンスストアでフランチャイズ経営!

市場規模4兆円!飲食フランチャイズについて知る!

フランチャイズのロイヤリティーとは何か?適切なパーセンテージとは?