フランチャイズで人気!「カフェ」経営について知ろう!

最終更新日:2019年07月24日

D21cc52304ddd2b3

フランチャイズの中でも人気の業種、カフェ。「資金はどのくらいかかるのか?」「どうすれば成功するのか?」などフランチャイズカフェ経営の基本となる情報や特徴をご紹介します。

カフェと言ってもフランチャイズにはさまざまな形態があります。自分に合ったカフェ経営ができるよう、どのような形態があるのかも知っておきましょう。

カフェ経営に憧れている、フランチャイズで飲食店を始めたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

FC制度を利用して開業できるカフェを探す

カフェ・喫茶店のFCブランド一覧

目次

1. カフェのフランチャイズとは?

 1-1. カフェフランチャイズの開業資金について

 1-2. フランチャイズ店舗運営・集客ノウハウについて

2. カフェのフランチャイズの特徴

 2-1. 運営に必要なスタッフの採用、教育、管理

 2-2. メニューと仕入れ

 2-3. 必要な免許等

3. カフェのフランチャイズの種類

 3-1. 単価、回転率の違い

 3-2. その他のカフェのフランチャイズの種類

4. おすすめのカフェのフランチャイズ

5. カフェのフランチャイズのまとめ

1 カフェのフランチャイズとは?

カフェのフランチャイズではどんな資金が必要なのか、成功するための店舗運営方法や集客ノウハウについてもご紹介します。

1-1 カフェフランチャイズの開業資金について

カフェに限らず、飲食店では店舗・厨房設備の費用がかかります。調理器具やコーヒーメーカーなど、最低限必要なものを揃えると、1,000万円以上の資金が必要です。食器や家具などにこだわれば、その分開業資金は増えるでしょう。

しかし、フランチャイズは個人経営とは違い、より安く設備機器がリースできたり、仕入れることが可能です。

また、居抜きと呼ばれる、以前飲食店を行っていた店舗を利用することができれば、費用を大きく抑えられます。しかしその場合でも、500〜1,000万円程度の資金が必要だと考えておきましょう。設備などの資金のほかに、経営をしていくために必要な食材、人件費、内装管理費などのランニングコストも必要です。

1-2 フランチャイズ店舗運営・集客ノウハウについて

より多くの顧客を集めるためには、立地・顧客ターゲットに即したブランド選びがポイントとなります。その地域ではどんな顧客がカフェに訪れるのか?どういった趣向のカフェにすればより多くの人に来店してもらえるのか?このような点を考えて、加盟するフランチャイズカフェのブランドを決めましょう。

また、常連客を獲得するには、居心地の良い空間づくりが大切です。清掃や、心のこもった接客をすることで、リピーターを増やすよう心がけましょう。リピーターが増えればその分売り上げ増加につながります。口コミやネットの評価によって、新しい顧客を増やしていくことも重要です。

2 カフェのフランチャイズの特徴

飲食業のフランチャイズのなかでも人気のあるカフェのフランチャイズ。その特徴をご紹介します。

2-1 運営に必要なスタッフの採用、教育、管理

カフェのフランチャイズは1人でも開業が可能なフランチャイズです。独身の方はもちろん、配偶者が会社員として働いている場合も開業しやすいというメリットがあります。

加盟するフランチャイズによっては、立地に応じて営業時間を設定できます。より自由に自分の好きな時間に働くことができます。

またラーメン店やレストランなどの料理が主体の商品となる飲食店と比べると、カフェは飲み物や軽食がメインとなるため、調理にかかる手間やオペレーションがシンプルになります。簡単な作業でOKなので、学生アルバイトも即戦力になれます。

カフェだけでなくすべての飲食業に言えることですが、有名チェーン店であればアルバイトやパートの募集をした際も応募が増え、人材採用がしやすいというメリットがあります。
同時に、有名チェーン店なら顧客を多く獲得することも可能です。

さらに本部が店長、スタッフに対する教育体制の確率までサポートしてくれることも多いため、管理コストも本部のノウハウを活かすことができます。

2-2 メニューと仕入れ

飲食店の開業において、メニューの考案・作成は時間がかかる作業なうえ、魅力的かつ適切な価格設定をしなければ失敗に繋がることになります。

その点、フランチャイズであればメニューは本部が支援、あるいは完全にすでに展開されているものを利用することが可能なため、大きな時間短縮になります。
さらに有名チェーンであれば人気メニューのブランド力もそのまま活かすことが可能になります。

また、仕入れに関しては本部がすでに確立したルートを活用でき、本部によってはオンラインでの発注や365日の納品体制を持っている本部もあり、仕入れの不安は少ないです。

2-3 必要な免許等

フランチャイズに関わらず、カフェの開業に必要な免許や資格を把握しておくことが重要です。

最低限必要な資格は「食品衛生責任者」と「防火管理者」の2つになります。

食品衛生責任者
カフェのみではなく、飲食店を開く際には必須な資格になります。
飲食店の店舗に必ず1人は配置しなければならない職務で、食品衛生面を統括する役目と責任を負います。

資格取得の難易度は低く、各地域で定期開催される1日講習会に参加修了することで資格取得することが可能です。
費用は地域によって異なりますが、10,000円前後になります。

防火管理者
店舗の規模によっては「防火管理者」の資格も必須になります。
防火面を統括する役目と責任を負います。

こちらの資格の難易度も低く、店舗規模によって1日または2日の講習会に参加修了することで資格取得することが可能です。
費用は約5,000円前後になります。

3 カフェのフランチャイズの種類

カフェフランチャイズにも、いろいろな業態があります。業態によって営業方針や商品の単価などさまざまな違いがあるので、どんなものがあるか知っておきましょう。

3-1 単価、回転率の違い

同じカフェでも、単価・回転率の違いで立地や経営方針が違ってきます。

カフェを仕事の空き時間など、短時間で利用する人が多いオフィス街や繁華街では、より安い商品が人気となります。こういった立地には「低単価・高回転率」モデルのカフェが適しています。

安くて質のいい商品をできるだけスピーディーに提供することで回転率を上げ、売り上げをアップさせていきます。

反対に、カフェに長時間滞在する人が多い郊外では「高単価・低回転率」モデルのお店がいいでしょう。顧客の総数は低単価のお店と違い少なくなりますが、商品の単価を上げることで売り上げを確保します。

この場合は、内装や接客も快適な時間を過ごしてもらえるように、「居心地の良さ」をより重視したお店づくりが重要となります。

3-2その他のカフェのフランチャイズの種類

単価や回転率の違いだけでなく、他にもカフェにはさまざまな業態があります。

メニューの自由度が高いカフェフランチャイズでは、自分の好きな商品を厳選して提供したり、オリジナルの商品を販売することもできます。このような自由度の高いカフェは個人経営に近い形になります。

複合カフェという、漫画喫茶やインターネットなど、飲み物や軽食以外のサービスを提供するカフェもあります。

4 おすすめのカフェのフランチャイズ

珈琲所コメダ珈琲店
喫茶文化の根強い名古屋を中心に全国830店舗以上を展開する老舗の喫茶店。 「くつろぐ、いちばんいいところ」を提供することにこだわって半世紀。 将来コメダ珈琲店の店長として独立したいという熱意を持った個人の方を歓迎!サポートします!

郊外型喫茶店 「さかい珈琲」
郊外型喫茶店として、2007年に1号店を開業した「さかい珈琲」。以来、東海・関東地方を中心として、着実に店舗数を増やして来ました。「さかい珈琲」の他店との違う点は「地域に密着したお店づくり」です。調理師不要&少人数で運営可能です。

nagomi-NATULURE
オリジナルハーブティーで大人気!香料などを使用せず、自然な原材料にこだわったオリジナルオーガニックハーブティーで人気の『なごみナチュルア』。物件探しから運営アドバイスまで、開業前後の本部サポートが充実しているので、飲食店の経営が未経験の方でも安心して開業できます。

5 カフェのフランチャイズのまとめ

カフェ経営は、他の飲食店に比べると経営に負担がかからず、他の業種と比べても営業時間や経営形態にさまざまな種類があります。

より自分に合った経営方法を選ぶことができるため、個人経営ではなくフランチャイズでも理想のカフェづくりができるでしょう。

しかし、自分がやりたいと思うお店づくりにこだわりすぎれば、経営は難しくなります。立地やその地域のニーズに合わせた業態選びをすることも大切です。

カフェ・喫茶店のFCブランドを探す

カフェ・喫茶店のFCブランド一覧

この記事を読んだアナタにおすすめ

フランチャイズで実現できる「パン屋」開業についてご紹介します

地域のインフラ!人気のコンビニエンスストアでフランチャイズ経営!

市場規模4兆円!飲食フランチャイズについて知る!

フランチャイズのロイヤリティーとは何か?適切なパーセンテージとは?

公開日:2016年02月20日