中食の元祖持ち帰り寿司「小僧寿し」フランチャイズ開業のメリットとは

公開日:2015年07月29日
21ea50c689862165

「小僧寿し」フランチャイズオーナーの開業をチェック

株式会社小僧寿しが展開する店舗数は455(直営213店 FC242店)。同チェーンは1972年創業、当時高級品だった寿司を持ち帰りに特化して製造販売、外食でも内食でもない中食産業の先駆けとして発展し一大フランチャイズ店舗として認知されています。

日本食として知名度が高いお寿司を廉価で提供。外国人観光客にも好評です。フランチャイズ店舗の新規開業にも重点的に取り組んでいおり、オペレーションの標準化や一部に機械化を取り入れるなど初心者・未経験者の参入のハードルを低くする工夫をしています。

どこまで目指せるフランチャイズオーナー開業「小僧寿し」

近年、小僧寿しのFCプランは一新され、法人オーナー・個人オーナーどちらも安心して運営できるシステムとアシスト体制を整えています。

募集エリアは日本全国。現在も出店ペースを緩めず、エリアの中で最強のブランド力を持つメリットを活かした新しい店舗展開を図っています。新規開業店には円滑な店舗業務をすすめるために本部からの支援やサポート体制が提供されています。

夢の安定開業確保!!「小僧寿し」ならではの本部サポート

公式ホームページの説明では初期投資は500万円からが本部に支払う加盟金などの合計として必要です。店舗形態にも異なりますが、10坪のテナントでスタートする場合の開業資金としては概ね1700万円以上としています。(月々ロイヤリティ固定10万円別途)

専門知識や技術は必要ありません。決められた手順で顧客に提供できる商品を作る作業を研修で身に付けることで最良のサービスが提供できるオペレーションを整えられています。