来月から独立だ!すぐに始めたくなる、一人で独立開業する5つのメリット

公開日:2015年03月24日

20150414142955

独立開業したいけど、仲間がいない。でもやっぱり独立したい!そんな気持ちを貫き、一人で独立開業する人が増えています。コンサルタント・講師の他にも、ライター業、webサイト運営、ネット通販、営業代行など、さまざまな業種があります。現行の会社法では、一人で株式会社を作ることもできるのです。

同じ独立開業でも、一人と複数人の組織では、様子は大きく異なります。ここでは、一人独立のメリットを見てみましょう。

1.金銭的な負担が減る

一人の起業では、複数での独立とは異なり、自分と家族の食いぶちさえ確保できれば良い、という状態からスタートすることができます。給料や役員報酬のことを考えなくてもいいのです。

2.時間に縛られない働き方

複数での開業や会社員時代とは違い、決められた時間に会社にいなくてはいけない、などという制約は一切ありません。休みの日をいつにするかも、あなた次第です。

3.労務管理、人間関係から開放される

一人で独立開業するということは、今までいた上司も、部下も、同僚もすべていないということです。自分の意思がすべてなので、気ままに仕事をするもよし、根詰めてやるもよし、すべてが自由になります。

4.定年退職はなし!

もう会社員ではないのですから、定年退職はありません。通常の会社員の定年を超えたあとも、思う存分、自分のペースで仕事を続けることができます。

5.報酬を独り占めできる

独立開業後、数年間は、創業メンバーによる報酬の奪い合いが発生するといいます。一人で独立すれば、そんなトラブルとは無縁です。事業で得た利益は、自分の懐以外に行くところがありません。