知ってて当たり前!?40代 独立予備軍の必修ワード5選

公開日:2015年03月24日
20150406194612

ベテランビジネスマンとしての知識・教養が求められる40代。とはいえ、自分の業務外のことだと「そんなことも知らなかったの?」と言われるぐらい、常識すら危ういことも。独立予備軍とも言える40代が最低限覚えておくべきビジネスワードを集めました。

損益計算書

いわゆる「ピー・エル」と呼ばれている財務諸表の一つ。「P/L」と書くと、見覚えのある方も多いのでは?費用や売上、利益を示していて表していて、株主などに経営状態を伝える役目があります。

貸借対照表

こちらも財務諸表の一つ。バランスシートと呼ばれ、株式会社では作成が義務づけられています。資産や、負債、純資産の状態を示していて、決算書類を作る際の重要な資料として使われます。

のれん分け

同じ店名・屋号で起業することを許可すること。その店で長く働き、屋号を背負える実力がある人が、新たに独り立ちする際に使われる手法です。

フランチャイズ

商品開発力、流通網、ブランド力、経営ノウハウなどの提供を受け、代わりにロイヤリティという形で本部に売上の一部を支払う経営スタイルです。すでに成功例のあるビジネスモデルを活用できます。

有価証券報告書

いわゆる「株」のこと。資産や売上、利益などについて書かれており、ウソ偽りがあった場合は犯罪として罰せられます。