その手があったか!仕事を辞めずにできる「ながら起業」とは?

公開日:2015年03月24日
20150406201253

その仕事なんで辞めるの?続けながら起業しちゃえば?

今の仕事の給料を続け、給料はそのままもらいながら起業してしまい、家の一部を事務所として使うパターンがあります。
事務所といっても、簡単なものでOK。このご時世、机とノートパソコンさえあれば、立派な事務所です。プリントはコンビニでも手軽にできます。

インターネットをフル活用

インターネットなどを使って、チャットやテレビ電話での有料相談などを行うのもよいでしょう。こういったビジネスの場合、ネットに接続する費用や、事務所として使用する家の賃貸の一部なども、経費として計上できます。起業さえしておくことで、多くのことが、経費として落とすことができるようになります。

でも、簿記とかわからないし。。

経理のことがわからなくても大丈夫。起業してから最初の2年間ほどは、税務署に行き、税理士さんを紹介してもらいましょう。ノートパソコンと、簡単な経理ソフトがあれば十分です。

赤字になったらどうしよう?

起業して間もない頃は、赤字になることもあるでしょう。いきなり黒字化できる方が珍しいくらいです。赤字になった分は、本来の仕事で得た所得の黒字部分から差し引く形になるので、全体でみると、税金が安く抑えられるというメリットも。

所得税・市民税に注意!

起業した後は、さらなる収益に向け、前進あるのみです。当然、収入が増えると、所得税・市民税などの各種税金の徴収額等も上がってくるので、経費の見直しや、所得控除の制度についてしっかり把握しておくように注意しましょう。