定年後のフランチャイズ経営を考える。体力と難易度が決め手

公開日:2015年03月26日

20150331121801

フランチャイズには定年がない!?

フランチャイズ事業は、自身が自らオーナーとして経営側に立つので、当然一般的な会社のような定年退職がありません。

「自分たちが定年する頃、十分な年金がもらえるのか不安」、「定年以降もまだまだ働きたい」といった将来への悩みを抱えている方にとって、フランチャイズ開業は一つの選択肢として十分な可能性を秘めているのです。

一般的な会社のような守られた雇用形態ではありません。開業するからには一定のリスクを背負わなければいけませんが、一生を通して働くことができるライフプランを設計していくことができます。

定年後も続けるなら技術職

定年後もバリバリ第一線で活躍したい!そんな方におすすめなのが技術系の職種です。技術職が扱う商品はもちろん自らの「技術」です。技術というのは経験年数によって練度が上がっていくため、年齢に関係なく前線で活躍することが可能です。

逆に、技術が十分でない開業初期のリスクも見落とさいないように注意しましょう。技術職である以上、自らが技術を習得しなければ仕事をすることはできません。フランチャイズであることのメリットを生かし、ノウハウと教育体制がしっかりとしている会社選びをすることが大切ですね。

定年後の起業リスク

本業を定年後に起業を考えている方も少なくないと思いますが、定年後の起業リスクについてもしっかりと知っておくことが大事です。

定年後ですと、まず選択できる業種が少ないということ。体力系の仕事はもちろん難しですし、高度な技術職ですと、定年後に一から仕事を覚えるのは難易度が高すぎます。

とくに男性の方ですと、ハイリスクハイリターンの仕事をチョイスする傾向にあるようでうですが、老後の自身のライフスタイルを十分に考慮し、なるべるローリスクのものを選ぶことをおすすめします。