プレオープンてなんでやるの?

最終更新日:2019年11月21日

93fef736676dc18b

新しく店舗をオープンする時に行われる、プレオープン。
個人事業はもちろん、フランチャイズにおいてもプレオープンは非常に効果的です。

プレオープンを最大限にサポートしているフランチャイズ本部もあるくらいです。
また、プレオープンは、店舗ビジネスにおいて「経営の成功の鍵を握る」とまで言われています。

しかし、プレオープンにはどんな意味があるのかと疑問に思っている方も多いかもしれません。
そこで今回は、プレオープンの必要性やメリット・注意点などをひとつずつ解説していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

目次

プレオープンとは

プレオープンの必要性

プレオープンに呼ぶ顧客は

 集客面で影響力がある人

 多少の失敗をしても今後に影響がない人

 はっきりと意見を言ってもらえる人

プレオープンのメリット

 従業員が実践的なトレーニングを行える

 マニュアルやオペレーションの見直しができる

 設備の不具合の発見につながる

 宣伝やPRになる

プレオープンの注意点

 グランドオープンと同じ状態が再現できるとは限らない

 赤字にならないように注意する

 逆効果にならないように準備をする

プレオープンの効果を最大限にするためのポイント

 業者の手配をしておく

 アンケートを実施する

 終了後に改善点を洗い出す

まとめ

プレオープンとは

プレオープンの「プレ(Pre)」とは「その前に」という意味です。
つまり、店舗を本格的に新規・リニューアルオープンする前に店舗を試験的に営業すること。プレオープンは、店舗のオペレーションの重要さと複雑さに応じてプレオープンを行うかどうかを判断しており、飲食店を始め店舗ビジネスのほとんどで行われています。

簡単な流れとしては、開店準備を整えた後、数日間プレオープンを実施。そこで得たものを踏まえて正式な開店営業である、グランドオープンを迎えるという形です。

プレオープンの必要性

プレオープンは試験的な営業であるものの、それに向かって準備も必要です。その準備は不慣れな中行うため、時間や手間はもちろんかかってしまいます。
しかし、プレオープンは従業員のトレーニングとして非常に効果的です。

もちろん、店舗の形が整ってきた後はトレーニングをしていくでしょう。
しかし、練習と実際のオープンしてからの営業は異なるものです。

たとえば「来客の波」や「提供までのスピード感」においては、予想外のことも多くなるもの。描いているイメージと実際の流れとのギャップを埋めていく意味でも、プレオープンは行うべきなのです。

また、プレオープンの実施は、取引先や関係者に対して、開店を前に感謝の気持ちを伝える絶好のチャンスでもあります。さらに、関係者に感謝の気持ちを伝えると同時に、フランチャイズとしての看板を背負って運営していく覚悟をアピールすることにもなります。

プレオープンに呼ぶ顧客は

上記のようにプレオープンに呼ぶ顧客は取引先や関係者です。
しかし、考えている以上にプレオープンに呼ぶ顧客の選別は重要なもの。
実際に招待したいのは下のような方たちです。

・集客面で影響力がある人
・多少の失敗をしても今後に影響がない人
・はっきりと意見を言ってもらえる人

ひとつずつ解説していきます。

集客面で影響力がある人

プレオープンは、宣伝活動も目的の一つになります。
宣伝活動を目的にするのであれば、集客面で影響力がある人を呼びましょう。

たとえば、マスコミ関係者や想定した客層に影響力があるような人・近隣の住民などが該当します。しかし、これには注意点があって、次に説明する「多少の失敗をしても今後に影響がない人」が前提になります。

多少の失敗をしても今後に影響がない人

集客面で影響がある人を呼んだ方がいいものの、多少の失敗をしても今後に影響を及ぼさないほうがベストです。
というのも、プレオープンは営業の試運転を目的としているからです。

つまり、試運転と言うからには、失敗があったり問題が起こったりということが前提になります。
言い換えれば、そのような失敗は問題が起こった場合に、失礼にならない人や許容してくれる人を選んだ方が良いというわけです。

はっきりと意見を言ってもらえる人

上記を踏まえた上で、はっきりと意見を言ってもらえる人を選ぶこともポイントです。
手間と時間を使ってプレオープンを実施するからには、サービスの質や提供時間・接客面などにはっきりと意見を言ってもらう必要があります。

お互いに信頼関係があって、厳しめの意見がもらえるぐらいでちょうどいいのです。反対にお世辞をもらったとしても、グランドオープンの際にトラブルが出てしまってはプレオープンの意味がなくなってしまいます。

プレオープンのメリット

ここでは、プレオープンを実施するメリットについて解説します。
プレオープンを実施するメリットは、以下の通りです。

・従業員が実践的なトレーニングを行える
・マニュアルやオペレーションの見直しができる
・設備の不具合の発見につながる
・宣伝やPRになる

ひとつずつ解説していきます。

従業員が実践的なトレーニングを行える

プレオープン最大のメリットは、従業員が実践的なトレーニングを行うことです。
先ほどお伝えしたように、オープン前の練習と実際に顧客を相手にしたものとは大きく異なります。
飲食店であれば、従業員同士の連携や料理の提供スピードといった部分は、実際の営業を行ってみないと分からない部分も多いものです。

また、実際に営業を行ってみると突発的なトラブルが起こることも。そのような部分を日頃のトレーニング以外で体験できることが改善につながり、より良いグランドオープンを迎えることにもなるのです。

マニュアルやオペレーションの見直しができる

実践的なトレーニングを行うことで浮き彫りになる課題をもとに、マニュアルやオペレーションの見直しができることも大きなメリットです。

プレオープンの実施によって、トレーニングでは浮き彫りにならなかったことが発覚します。
その課題をもとに、作業工程のマニュアルや店舗毎に異なる導線に適したオペレーションを検討することもできるのです。
マニュアルやオペレーションの見直しを行うことで、グランドオープン後に起こりうるリスクを最小限に抑えることも可能になります。

設備の不具合の発見につながる

プレオープンを行うことで、設備の不具合の発見につながることもあります。
プレオープンは、グランドオープンとほぼ同じ条件で行うことが前提。
そうすることで、時間帯や使用時間・その頻度によっては万が一の不具合が起こることも考えられます。

たとえば、飲食店の場合、厨房設備や空調設備の不具合は死活問題です。
そこでトラブルが発生してしまえば、最悪の場合、営業自体が行えなくなることも考えられるのです。
もちろん、このリスクは100%防止できるものではありませんが、不具合や不具合が起こりそうなところ知っておくのと知っていないのでは大きな差があります。

宣伝やPRになる

先ほど、プレオープンに呼ぶ取引先や関係者によって宣伝やPRが期待できるとお伝えしました。
その部分に加えて、プレオープンの実施は通行人の目を惹きつけることにも繋がります。そうなるとオープン頃集客において大きなプラスになります。

また、関係者が店舗に対して好印象を抱いてくれた場合、口コミが広まっていくことも考えられます。
プレオープンの場合は、多少のミスがあっても悪い口コミにはなりにくいもの。顧客としても「まだ準備段階だから」と思ってくれることから即刻悪い口コミが広まりにくいのです。

とはいえ、プレオープンの準備に妥協は厳禁です。しっかり準備を行い、開店を楽しみにしてもらえるような接客サービスを行っていきましょう。結果的にそれが最大の宣伝やPRにもつながっていくものです。

プレオープンの注意点

プレオープンを実施する際の注意点は、以下のようなものがあります

・グランドオープンと同じ状態が再現できるとは限らない
・赤字にならないように注意する
・逆効果にならないように準備をする

上記のような注意点をしっかり確認し、プレオープンのメリットを十分に感じたいものです。
ひとつずつ解説していきます。

グランドオープンと同じ状態が再現できるとは限らない

プレオープンは、グランドオープンと同じような状態が再現できるとは限りません。
これはかなり注意をしたいところで、開業後の売上予測としては不十分な面が多いのです。というのも、プレオープンの顧客は取引先や関係者・知人などです。
つまり、通常の営業状態とは顧客の数や質が異なります。

また、実際にサービスを行うかどうかは別として、目新しさから来場者が増えやすいもの。
にもかかわらず、プレオープン時の来場者数を参考に売上予算や見込みを立ててしまうと、大きく外れてしまうケースもあります。
そうなると、フランチャイズのように本部からのサポートがある状態でも、最初から厳しい戦いを強いられてしまうことになってしまうでしょう。

赤字にならないように注意する

プレオープンでは、通常の価格よりも安くメニューを提供することがあります。
そうなると、注文数は多くなりますが、それにかかる費用の回収が難しくなるでしょう。

たとえば、食材原価や光熱費・人件費といった部分は単価の低い注文が入れば入るほど苦しくなってしまうもの。プレオープンにある程度の費用をかけることは必要ですが、かけすぎてしまうと開業資金の圧迫にもつながってしまいます。

逆効果にならないように準備をする

先ほどの口コミの話にもつながるのですが、プレオープンは逆効果にならないように準備をしなくてはいけません。
プレオープンで顧客を不快にしてしまっては逆効果なのです。

厳選した招待客のみを対象とする場合でも、店舗が気になった一般の方から直接問い合わせを受けることもあります。
そこで準備が行き届かなかったばかりに、一般のかたへの対応が悪くなってしまうとその方は二度と来なくなってしまうことも。
もし、一般の顧客も対象とする場合には料理やサービスの質接客などに細心の注意を払っていく必要があります。

プレオープンは顧客からの評価が寛大とはいえ、ひとつの悪い噂は一気に広まってしまうものです。

プレオープンの効果を最大限にするためのポイント

ここまで読んでいただいて、プレオープンの効果を最大限にするためのポイントは何となくイメージが湧いてきたのではないでしょうか。
しかし、プレオープンはより円滑にグランドオープンを迎えるためのもの。
そこには実際の営業以外にも行うべきポイントがあります。
たとえば、以下のようなものです

・業者の手配をしておく
・アンケートを実施する
・終了後に改善点を洗い出す

ひとつずつ解説していきます。

業者の手配をしておく

プレオープンは通常の営業想定しておくことが大切です。
それは実際の営業だけではなく、業者の手配まで含めて。
たとえば、設備トラブルが起こることを考え何かあればすぐに対応できるように業者に連絡を取っておくことも必要です。

また、材料の仕入れに関しても同様です。
特に、複数業者との取引がある場合は、配送時間も異なるため「どの業者が何時頃来る」といった部分を把握しておかなくてはいけません。

さらに、交通状況により配送が遅れることも考えられるので、その際の代替案も考えておく必要があります

アンケートを実施する

プレオープンでは、招待客から当事者の立場で気付かないような部分を指摘してもらうことも可能です。
必ずアンケート実施し、得た「生の声」をグランドオープンに生かす必要があります。
と言っても、ただ単にアンケート実施するのではなく、匿名や選択式にするなど答えやすいようなアンケート作成することも大切です。

終了後に改善点を洗い出す

プレオープンの効果を最大限にするためには、この終了後に改善点を洗い出すことが最も重要です。
プレオープンの営業が終わったら、必ず時間を取りミーティングを行いましょう。

そこでは、うまくいかなかったことやミスの原因アンケートの内容について、ひとつずつ改善点をあげていきます。
これを行うことで、グランドオープン前に従業員との問題点や改善点の共有が可能になり、プレオープンに意味を待たせることにもなるのです。

まとめ

このように、プレオープンは店舗経営を行うにあたって必ず実施しておきたいことのひとつです。洗い出した改善点を活かし、現時点でのベストな状態でグランドオープンを迎えるためにはフランチャイズ本部との連携もしっかり行うべきです。フランチャイズ本部には様々なノウハウが蓄積されており、プレオープンで明らかになった問題点の改善もスムーズに実施できます。
ぜひこの記事を参考にして、十分なプレオープンの準備を行い、満足のいくグランドオープンを実現してください。

公開日:2019年11月21日