理容院・美容院のフランチャイズ開業・運営に必要な資金とは

最終更新日:2020年05月11日

324b3858e02ce8d1

理容院・美容院は、小さな子供から高齢者まで幅広い層に求められる業界です。
現在、店舗スタッフとして経験を積みながら、将来的には独立をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

理容院・美容院の開業を考える上で、まず知っておかなければいけないのが開業や運営に必要な費用です。
カット専門店やトータルビューティーなど、理容院や美容院の形は多様化しており、どういった種類のサービスを展開するのかによって開業や運営に関わる費用は変わります。

今回は、フランチャイズで理容院・美容院を始める時の費用について解説していきます。

目次

理容院・美容院フランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安

理容院・美容院フランチャイズ開業に必要な資金(初期費用)

理容院・美容院フランチャイズに必要な運営資金

理容院・美容院フランチャイズのキャッシュフローシミュレーション

理容院・美容院フランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安

理容院・美容院のフランチャイズ開業には、約1,000~3,100万円の資金が必要となります。
この費用は、開業資金(初期費用)と運営資金3ヵ月分を合算した金額で、あくまで目安として考えてください。

またカット専門店やスパ・マッサージ込みなど、理容院・美容院の運営は提供するサービスの内容によって金額が大きく変わるのが特徴です。

<初期費用の目安>

項目 金額
加盟金 100~250万円
店舗関連費
(内外装費・店舗取得費・店舗設計デザイン費など)
500~2,000万円
保証金 100~200万円
研修費 30~60万円
合計 2,510万円

※上記項目はフランチャイズ本部によって大きな差があるため、最大値で計算を行っています。

<運営資金の目安 ※3ヵ月分用意した場合>

項目 金額
人件費 250~370万円
賃貸料 30~120万円
薬剤・備品仕入れ費 11~90万円
ロイヤリティ 15~30万円
合計 610万円

※売上は月間200万円と仮定しています。
※上記項目はフランチャイズ本部によって大きな差があるため、最大値で計算を行っています。

理容院・美容院フランチャイズ開業に必要な資金(初期費用)

フランチャイズの理容院・美容院の初期費用は、加盟する本部の契約内容や、提供するサービスの内容によって大きく異なります。

それぞれのフランチャイズを比較検討するのはもちろん、自身がどういったサービスを提供したいのかをよく考え、その理想を予算内で実現できる本部を選ぶようにしましょう。

ここでは、初期費用を考える上で重要な「加盟金」「店舗関連費」「保証金」「研修費」について解説します。

加盟金

フランチャイズへ加盟するためには、まずは本部へ加盟金を支払わなければいけません。
この加盟金を支払うことで、オーナーは本部から運営のアドバイスをもらったり、大規模な広告を出したりといった恩恵を受けることができます。

稀に加盟金の支払いがない本部もありますが、ほとんどの場合で100~300万円程度の支払いが必要なことを覚えておきましょう。

この加盟金のなかには「研修費」や「店舗工事費」が含まれていることがあり、加盟金の内訳は本部によって様々です。
一見すると加盟金が高い本部でも、そのなかに別の費用が含まれていることもあるので、内容をしっかりと確認することが大切です。

店舗関連費(物件取得費・内装工事費・設備費など)

フランチャイズの店舗関連費は、500~2,000万円くらいが目安です。
ただしこれはあくまでも目安の金額で、物件の取得費用はそれぞれの店舗によって異なることに留意してください。

たとえばカットを専門的に行なう店舗では、大型の機器を店内に置く必要がないため、物件のスペースはそこまで広くある必要がありません。
一方でパーマやスパ・マッサージなど、施術メニューが豊富で大型の機器を置く必要がある店舗では、ある程度広いスペースの物件を用意する必要があるでしょう。

また外装・内装の工事費用は、オーナーが全額負担なのか、それとも本社が何割か負担してくれるのかなど、本部との契約内容によって大きく変わります。

保証金

保証金とは、オーナーによるロイヤリティや仕入れ金などの支払いが滞った時に、本部で相殺される費用のことです。
そのため支払いが滞ることなく契約を満了した際には、保証金は全額オーナーに返金されることになります。

理容院・美容院の保証金は100~200万円くらいに設定されていることが多いですが、加盟金と同様、本部によって金額が異なるのが特徴です。
加盟金が高く保証金が低い本部もあれば、その逆に加盟金が低く保証金が高い本部もあります。

研修費

フランチャイズへ加盟をすると、本部の元で研修を受けることができます。
店舗経営や人材育成など、あらゆる面でサポートを受けられるのが、個人店にはないフランチャイズの魅力だと言えるでしょう。

また本部によっては、美容業界未経験者でもオーナーになることができるのがポイント。
美容業界未経験者には技術教育や接客指導をゼロから教えるなど、手厚い研修制度が用意されている本部もあります。
さらにオーナーだけでなく、店舗スタッフ向けの研修が用意されているのもフランチャイズの特徴でしょう。

研修費用は受講日数や人数によって異なりますが、30~60万円程度の設定されていることが大半です。
美容業界未経験の方であれば、こういった研修制度の整っている本部を選ぶことを推奨します。

理容院・美容院フランチャイズに必要な運営資金

実際に事業をスタートするとさまざまな運営資金がかかってきます。
その主なものは以下の4つです。

  • 人件費
  • 賃貸料
  • 薬剤・備品料
  • ロイヤリティ

1つずつ解説していきます。

人件費

一般的に、人件費は理容院・美容院の運営において大きな割合を占めます。
目安としては、売上の30~60%は人件費として引かれると考えて良いでしょう。

理容院や美容院の接客をオーナー1人で対応することは難しく、たとえ規模の小さな店舗であってもスタイリストやアシスタントを2~3人は雇うことが多いです。

今まで理容院や美容院を経営した経験がない方にとっては、店舗スタッフがどのくらいの人数必要となるのか想像するのは難しいかもしれません。
店舗スタッフの採用については本部がサポートをしてくれるため、アドバイスを聞きながら適切な人数の人員を確保するようにしましょう。

賃貸料

毎月の家賃は、出店するエリアや物件の大きさによっても異なります。
たとえば地方で小さな理容室を開業する場合と、都心で大きなサロンを開業する場合では、毎月の家賃が数十万円単位で変わるでしょう。

またショッピングセンターや駅の中に店舗を構える場合など、物件の契約形態はそれぞれのフランチャイズによって様々です。

家賃に加えて、光熱費や水道代の支払いも忘れてはいけません。
特に理容院・美容院ではガスや電気、水道を使う機会が多く、月ごとに金額が変動するのが特徴です。
こういった変動費については、あらかじめ多めに金額を見積もっておくことを推奨します。

薬剤・備品料

カラーリング剤やパーマ液、シャンプー・トリートメントなど、理容院・美容院では消耗品が多く発生します。
これらの薬剤や洗髪料は、本部が一括で仕入れてから、オーナーが必要な分だけで買い取るのが一般的な方式です。
客数や需要を考えながら、無駄のないように入手するようにしましょう。

また薬剤や洗髪料だけでなく、待ち時間の暇つぶしに読んでもらう雑誌や、長時間の施術中に渡すドリンク・お菓子類など、細々とした費用についても計算に入れておく必要があります。

さらに店舗で使う機材をリースする場合は、機材のリース代が毎月発生することも念頭に置くかなければいけません。
薬剤や備品類に無駄な経費を使いすぎないよう、開業前に入念なシミュレーションをしておくことが重要です。

ロイヤリティ

ロイヤリティとは、本部に毎月支払うライセンス料のこと。
このロイヤリティを支払うことで、本部から経営や集客に関わるサポートを受けることができます。

フランチャイズの理容院・美容院におけるロイヤリティは5~10万円程度に設定されていることが多く、契約で定められた金額を毎月本部へ支払わなければいけません。
この支払いが滞った場合は保証金から相殺されることになり、未払いが続けば契約破棄に繋がることがあります。

そのため本部と契約を結ぶ際には「本当にこのロイヤリティを毎月支払うことができるか」をよく考えるようにしましょう。
特に毎月のロイヤリティ金額が定価で固定されている場合は、売上が下がった際にロイヤリティが負担になることがあるため要注意です。

理容院・美容院フランチャイズのキャッシュフローシミュレーション 150

理容院・美容院における一般的なキャッシュフローシミュレーションは以下の通りです。
(必ずしも当てはまるわけではないので参考程度にしておいてください。)

以下のシミュレーションは、「店舗スタッフを4人雇用・賃貸物件(家賃の支払いあり)」を想定しています。平均客単価は1万円、月の営業日数は25日と仮定し、1ヵ月の売り上げを算出します。

  • 売上(月) 
    200万円
    =1万円×8人×25日

  • 支出(月) 
    135万円
    =10万円(ロイヤリティ)+125万円(人件費売上の40%、材料費売上の10%、賃貸料20万円、その他諸経費5万円)

  • 利益(月)
    65万円
    =200万円(売上)-135万円(支出)

上記の金額は、カラーやパーマなど幅広いメニューを提供する美容院を例として算出しています。
高級サロンのような客単価が高く客数が少ない店舗や、1,000円カット専門店のような客単価が低く回転数の多い店舗など、それぞれの店舗の営業スタイルによって売上や経費は変動することに留意してください。

また、成人式や卒業式のスタイリングに注力している店舗であれば、イベントシーズンの売上は通常よりも上がることが予想されます。
理容院・美容院の売上げを伸ばすには、成人式や卒業式、結婚式などのイベント向けメニューを豊富に用意するのも1つの手でしょう。

理容院・美容院はリピーターを抱えていることが多く、開業直後はなかなか客足が増えないことがあります。
顧客が増えない期間が長ければ、経営に不安に感じることもあるかもしれません。
リピーターが定着するまでの期間を耐え抜くためにも、半年から1年程度の潤沢な運営資金を用意しておくことが大切です。
また十分な運営資金を用意するのと同時に、SNSを使って宣伝をするなど集客面に力をいれるようにしましょう。

理容院・美容院フランチャイズの関連記事

公開日:2020年04月24日