介護事業のフランチャイズ展開。その業務内容は?

公開日:2015年03月26日
20150331122436

介護のフランチャイズ展開の中身は?

フランチャイズ展開している介護事業サービスでは、どのようなことが行われているのでしょうか。業務の内容としては、デイサービスや訪問介護、サービス付高齢者向け住宅への食事のサービスや見守りと緊急時対応、などがあります。未経験者でも加盟は可能で、しっかりと研修もあるので安心です。

本部のサポートですが、介護職員の教育研修、販促活動、情報提供、業務指導など多岐にわたりサポートしてくれます。

介護のフランチャイズの今後は?

介護業界のフランチャイズは今後ますます必要とされると言われています。高齢者はどんどん増えていて、介護支援が必要な人は、年々増加傾向にあります。自宅で見てあげることができればそれが一番ですが、家族が介護をするには限界があります。

サービスが適正な価格で適正な内容で行われることはとても重要です。信頼性の高いところで加盟すれば、名前も知れ渡っていて集客も見込めると思います。

介護事業のフランチャイズ展開「㈱ワールドステイ」の場合

介護の分野のサービスは高齢化に伴い益々必要とされています。例えばワールドステイでは、2つのタイプのシステムが選べるようになっています。

スタンダード型FCとコネクト型FCで、スタンダード型は新規に加盟していくかたちコネクト型は現在ある施設を引き継ぐ形になっています。ロイヤリティはどちらも同額ですが、加盟金が変わってきます。効率よく施設を運営したければコネクト型が良いとされているようです。